■山形県で新たに13人の感染者を確認(2021年1月30日)

山形県は2021年1月30日(土)、県内で新たに幼児から90代の男女13人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。県内累計感染者は500人に達しました。

《大江町》70〜90代の男女5人はクラスター(感染者集団)です。認知症対応型共同生活介護事業所「グループ大江」の入居者。入居者90代男性1人、同女性2人、同80代男性1人、70代女性1人(同所の感染者は14人に拡大)。ほかに集団感染が起きた山形商高の女子高校生1人の感染も確認されました。

《朝日町》男子小学生1人未就学男児1人は、29日に感染が公表された同居家族。

《南陽市》30代従業員男性1人。既に判明している川西町の30代男性と接触歴がありました。

《川西町》未就学女児1人は、感染が公表されている同町の別の女児と同じ保育施設に通っています。川西町の20代団体職員男性1人(JAやまがたおきたま)は感染経路を調査中。

《山形市》女子高校生1人60代従業員女性1人80代無職男性1人。女子高校生はこれまで感染が判明している生徒のクラスメイトで(同校関連の感染者数は11人となりました)。60代女性は28、29日に感染が公表された女性の知人で、18日に3人で会食をしました。80代男性は感染経路を調査中です。いずれも症状は重くありません。


《山形県市町村別新型コロナウイルス感染者(居住地)》2021年1月30日現在

【村山地区】《山形市》139人《天童市》36人《東根市》10人《寒河江市》5人《上山市》16人《村山市》4人《山辺町》4人《河北町》5人《朝日町》9人《大江町》11人《中山町》1人《西川町》1人

【最北地区】《新庄市》9人《尾花沢市》2人《金山町》2人《最上町》5人《大石田町》1人《大蔵村》13人[真室川]0人[鮭川村]0人[戸沢村]0人[舟形村]0人

【置賜地区】《米沢市》17人《南陽市》5人《長井市》1人《高畠町》7人《川西町》8人《白鷹町》2人《飯豊町》1人《小国町》1人

【庄内地区】《鶴岡市》46人《酒田市》57人《三川町》57人《庄内町》2人《遊佐町》2人

                         《31市町村・累計感染者数500人

《年齢別》

▷20代未満=22人▷20代=13人▷30代=7人▷40代=13人▷50代=11人▷60代=11人▷70代=12人▷80代=5人▷90代=6人


■山形県で新たに7人の感染者(2021年1月29日)

山形県は2021年1月29日(金)、県内で新たに小学生から70代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。内訳は山形市が2人、川西町が3人、上山市1人、朝日町1人。県内累計感染者数は487人となりました。44人が入院、重症者は2人です。

《山形市》70代無職女性と20代団体職員。70代女性は28日に感染が公表された80代女性の知人=18日に23人を含む5人で会食をした。20代女性は28日に感染が公表された30代女性の職場関係者。マスクを外してともに昼食をした。30代女性の濃厚接触者は職場関係者と同居家族計8人のうち、ほかの7人は陰性が確認された。

《川西町》川西町の30代男性会社員と女子小学生は28日に感染が公表された同町30代女性の同居家族。この男性とは別に同町の30代男性会社員も感染した。男性会社員2人は今月、首都圏から来た知人と一緒に飲酒を伴う会食をした。知人も県外で陽性が確認された。女子小学生が通う町内の小学校は28日から臨時休校になっている。

《朝日町》70代女性は、既に感染が公表されている60代女性のグループ活動仲間。

《上山市》40代公務員女性は、同じ村山地域の県立高に通う男子高校生の同居家族。


■山形県で新たに7人の感染者(2021年1月28日)

山形県は2021年1月28日(木)、県内で新たに幼児から80代の男女7人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。内訳は山形市3人、朝日町2人、川西町2人。県内累計感染者数は480人となりました。

《山形市》80代の無職女性と70代従業員男性、30代団体職員女性。80代と70代の男女は同居家族。70代男性は16日以降出勤していません。30代団体職員女性は、職場と同居家族の計8人が濃厚接触者。

《朝日町》40代女性と男子小学生。26日に感染が公表された60代女性の同居家族。男子児童は23日から学校を休んでおり、濃厚接触者は同居家族のみです。

《川西町》30代女性会社員と女児は同居家族。感染経路を調査中。女児が通う保育施設ついては必要に応じ幅広くPCR検査を行います。

※いずれも各地域医療機関に入院し、症状は重くありません。県内の入院患者は前日から2人増え40人で、うち重症者は2人です。▶一方、27日に感染が発表された上山市の男子高校生が通う村山地域の県立学校に関し、PCR検査を行った生徒や教職員計30人は全員陰性でした。


★冬季Xゲームで19歳の戸塚が初優勝(3度目の出場で「金」)

世界のトッププロが集結する賞金大会の冬季Xゲーム最終日は2021年01月31日(米国ロサンゼルス時間)、米コロラド州アスペンで行われた。スノーボードのハーフパイプ男子で19歳の戸塚優斗(ヨネックス)=写真上=が3度目の出場で初優勝を飾った。18歳の平野流佳(太成学院大)は初出場で3位入賞。昨年まで2対会連続で2位だった戸塚は、W杯(ワールドカップ)開幕戦に続いてスコット・ジェームズ(オーストラリア=2018平昌五輪銅メダル)に競り勝ち、ジェームズの大会3連覇を阻んだ。ビックエア男子は2019年大会覇者の大塚健(バートン)が5位、角野友基(STANCER)は6位だった。

▶接戦を制した戸塚は最高峰のプロ大会で悲願の初優勝で「初優勝なので今日だけは思い切り喜びたい」と語った。北京五輪を1年後に控え「戸塚時代」の幕開けを印象づけた。

《戸塚優斗選手が今回決めた技》

◎フロントサイドダブルコーク(FDC)1440=回転を軸に斜めにして4回転◎スイッチバックサイド1080

=右前足の構えから進行方向と逆に回り始めて3回転◎キャブダブルコーク1260=右足前の構えから回転軸を斜めにして3回転半◎FDC1260=回転軸を斜めにして3回転半◎バックサイドダブルコーク1260=進行方向と逆に回り始めて回転軸を斜めに3回転半

戸塚優斗(とつか・ゆうと)

スノーボード競技男子選手

 

□生年月日/2001年9月27日□出身地/神奈川県横浜市□出身校/光明学園相模原高校□身長/169㌢/体重/64㌔□スポンサー/ヨネックス、モンスターエナジーなど□種目/ハーフパイプ[冬季五輪]2018年平昌五輪日本代表男子ハーフパイプに出場し決勝で着地に失敗し途中棄権□両親の影響で2歳からスノーボードを始める。小学3年生からハーフパイプを始めヨネックスのジュニア育成プログラムに参加し練習に励む。高校生の時に2017年ワールドカップで初出場し初優勝の快挙を果たす。2017-18シーズンは優勝を含む1度の表彰台で安定した成績で年間総合優勝。2018-19シーズンは2季連続で年間総合優勝に輝く。2019年Xゲームに初出場で2位、世界選手権2位、USオープンで3位と好成績を収めている

★鬼塚は「銀メダル」

スノーボードのビックエア女子は、大会2連覇を狙った鬼塚雅(星野リゾート)が銀メダルを獲得した。鬼塚は逆スタンスから斜め軸に縦2回転、横3回転半のギャブ・ダブルコーク1260を女子では初めて実戦で決めた。着地後は両手を突き上げ、喜びを爆発させた。全選手で最高の47点をマークしたが、5回のうち得点が高い2回の合計点で2位となり、「技ができたのはうれしいけど、負けるとやっぱり悔しい。複雑ですね」と喜びも半減した。平昌五輪では表彰台に遠く及ばず「五輪はあまり好きじゃない」と苦手意識があるが、ライバルとの革新的な技の応酬に手応えを感じ「北京五輪も、もちろん目指していく」と新たな意欲を見せた。

★スノボの松本が銅メダル《XゲームHP女子》

世界のトッププロが集結する賞金大会の冬季Xゲームは2021年01月30日(米国ロサンゼルス時間)、米コロラド州アスペンで行われ、スノーボードのハーフバイプ(HP)女子は2018年平昌五輪代表の27歳の松本遥奈(クルーズ)=写真=が2大会連続の銅メダルを獲得した。松本は横3回転など多彩な回転技を高い完成度でつなげた。前回銀メダルの今井胡桃(プリオHD)は4位、冨田るき(チームJWSC)は6位だった。平昌五輪優勝のクロエ・キム(米国)かせ優勝した。鬼塚雅(星野リゾート)が2連覇を狙うビッグエア女子は悪天候のため最終日の31日に順延された。最終日はHP男子も行われる。

松本遥奈(まつもと・はるか)

プロスノーボーダー

 □所属/クルーズ(アミューズのマネジメント受ける)メインスポンサーはロキシー

□生年月日/1993年7月26日

□出身地/北海道札幌市□出身校/札幌市立簾舞中→青森山田高校通信課程札幌校卒□身長/157㌢/体重/48㌔□ワールドカップ戦歴/デビュー年2009-2010季・最高成績2位□獲得メダル/[2017]選手権シェラネバ女子ハーフパイプ「銀」[2018]Burton U.Sオープン2018アメリカ女子ハーフパイプ「銅」[2020]XGames Aspenアメリカ女子ハーフパイプ「銅」、Burton U.Sオープン2020アメリ女子ハーフパイプ「銀」[2018]平昌五輪女子ハーフパイプに出場し、決勝6位になり冨田せな(8位)とともに五輪初出場で上位入賞を果たした。

《スノーボード女子選手プロフィール》冨田せな鬼塚雅今井胡桃岩渕麗楽

■田中投手 楽天へ復帰決まる【プロ野球】

プロ野球の楽天は2021年1月28日(木)、米大リーグのヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていた田中将大投手(32)=写真=と2年契約で入団に基本合意したことを発表した。推定年俸は9億円プラス出来高払いで契約を更新。巨人の菅野智之投手の8億円を超えて日本球界最高の年俸になりました。8年ぶりの楽天復帰となり、背番号も以前の「18」に決まりました。新型コロナウイルス禍で米大リーグの移籍市場が停滞し、日本プロ野球のキャンプインを前に決断したようです。田中投手は、北海道・駒大苫小牧高から2007年に高校生ドラフト1巡目で楽天に入団。2013年に24勝0敗1セーブの圧倒的な成績で球団創設9年目で初のリーグ優勝と日本一に貢献。東日本大震災からの復興を目指す地元ファンに大きな勇気を与えました。《関連》平野佳寿投手がオリックス復帰

《楽天》は、田中将大投手の加入で、12球団屈指の先発ローテーションが形成されそうです。昨年、ロッテから移籍した涌井秀章投手は11勝で最多勝を獲得。岸孝之投手は腰の違和感で出遅れましたが、無傷の7勝を挙げました。則本昴大投手は2年連続の5勝からの復活を目指します。通算勝利数は田中投手が日米通算177勝、涌井投手が144勝、岸投手が132勝で4投手で通算538勝、通算100勝以上の投手が3人は12球団最多で他球団の大きな脅威となります。さらにドラフト1位で入団した左腕の早川隆久投手も開幕ローテーション入りが期待される投手です。昨年4勝の塩見貴洋、2勝の弓削隼人、2勝の滝中瞭太、1勝の辛島航なども投手も先発ローテーションを狙います。抑えには松井裕樹投手がおり、日本一になったソフトバンクを上回る投手陣が形成されました。

 

 ▶楽天のカギをにぎるのは!?

【捕手】楽天が優勝を狙う上で大きなカギになるのが捕手の存在。昨年のスタメンは太田光=写真=51試合出場が最多で、下妻貴寛が43試合、足立祐一が26試合出場と正捕手を固定できなかった。強肩が武器の太田はリーグトップの盗塁阻止率3割3分3厘をマークするなど潜在能力は高いが、リード面や確実性に欠く打撃などまだまだ磨くところは多い。

【監督】また、三木肇監督(現・楽天2軍監督)が昨年1年限りで退団し、その前の2019年もCS進出した平石洋介監督(現ソフトバンク1軍打撃コーチ)が1年限りでチームを去るなど、3年連続で監督が代わる状況はチームの方向性が定まっていないように思われる。

石井一久GM兼監督は、現場の指揮官としての能力は未知数だ。東日本大震災から10年目の節目となり、該当球団の注目が高まるだけに勝ち続けてほしいものだ。


■西山女流3冠 女性初の男性棋戦本戦進出逃す【将棋】

藤井聡太棋聖(18)=王位=への挑戦者を決める

「第92期棋聖戦2次予選決勝」の屋敷伸之九段(49)対西山朋佳女流三冠(27)戦が2021年1月27日(水)、東京都渋谷区の将棋会館で行われました。

後手の屋敷九段が勝利しました。

西山女流三冠は、女性初の公式戦(男性棋戦)本戦進出を逃しました。

西山女流三冠は「上がって来るまで運が良い内容が多く、ここまで来られたのは出来過ぎだったのかなと思います」と謙虚にコメントした。

現在、奨励会三段として女性初の四段(棋士)を目指しています。「後半の三段リーグに向け、いい経験をさせていただきました」と前向きに話していた。

西山朋佳(にしやま・ともか)=写真=

将棋女流三冠 □日本将棋連盟所属の奨励会員□師匠/伊藤博文七段門下□生年月日/1995年6月27日□出身地/大阪府大阪狭山市□出身校/大阪学芸高→慶応義塾大学(環境情報学部在学中)□囲碁棋士(関西棋院所属)の西山静佳は姉□キャッチフレーズ/「豪腕」□段位/三段□戦績/[タイトル獲得合計]7期(女王3期、女流王座2期、女流王将2期)□在位中タイトル/女流三冠(女王、女流王座、女流王将)□父と姉(3学年上)の影響で将棋を始め、5歳の時から将棋教室に通った。2009年全国中学生選抜将棋選手権女子の部1年生で優勝、中学2年の2010年に関西奨励会に入会(6級)。歳年少の20歳5カ月で二段に昇格。三段リーグ参加の同期に藤井聡太がいる□棋風/振飛車党。ゴキゲン中飛車と三間飛車が得意戦法で、軽いさばき、力強い攻めを特徴としている□室谷由紀(西山より3学年上)は同じ大阪狭山市の出身で、子どもの頃は同じ将棋教室に通っていたため、それ以来の仲で、室谷によると二人が通っていた将棋教室の師範は、西山の棋才を高く評価しているとのこと。

《サラリーマン川柳》▷第一生命保険は2021年1月27日、恒例の「サラリーマン川柳」入選作100句を発表しました。応募は62,542句。下記は主な入選作品。

▶コロナ禍が 程よく上司を ディスタンス

▶会社へは 来るなと上司 行けと妻

▶激論も パジャマ姿の 下半身

▶自粛中 見えた夫の 定年後

▶出勤が 運動だったと 気付く腹

▶我が部署は 次世代おらず 5爺(ファイブジイ)


■国体冬季スキー大会中止を打診【スポーツ】

2021年2月18日から秋田県鹿角市で開催予定の国民体育大会冬季スキー競技会について、新型コロナウイルス感染拡大への懸念から秋田県は、日本スポーツ協会とスポーツ庁に対して、開催を中止するよう打診しているようです。クロスカントリーなど全4種目が実施予定で選手、監督ら約1800人と大会役員などを迎えることになっています。

影響を受けた大会

■東北高校新人バスケットボール、バレーボールが中止に【スポーツ】

2012年2月に開催予定だったバスケットボールとバレーボールの東北高校新人選手権大会を新型コロナウイルス感染拡大の影響で、東北高校体育連盟は2021年1月25日、中にすることを発表しました。バスケットボールは岩手県一関市、バレーボールは秋田県由利本庄市が会場でした。

・影響を受けた大会

■棄権続出、国体冬季スケート・アイスホッケー【スポーツ】

国民体育大会冬季大会のスケートとアイスホッケー競技会は2021年1月27日から31日まで岐阜、愛知の両県で開催されますが、新型コロナウイルス感染の再拡大を受けてこれまで、43都道府県のうち11の自治体で棄権の意向を示しています。岩手、秋田、福島、茨城の4県は棄権を明らかにしています。愛知県知事は「感染防止対策を万全にした上で予定通り開催したい」としております。

・影響を受けそうな大会

《1月20日》(水)

田中さん くも膜下出血で入院【芸能】

お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さん(56)かせ2021年1月20日(水)、東京都内の病院でくも膜下出血、脳梗塞と診断され入院したことが発表されました。大事には至らず約1週間の入院と1カ月程度の休養をとるそうです。

南陽市議選当選の新人議員「無効です」【裁判】2020年3月にあった南陽市議選で、当選した新人候補、小松武美氏(61)=南陽市小岩沢=は南陽市に住んでいなかった、として落選した元市議、山口裕昭氏(55)=南陽市若狭郷屋=が山形県選挙管理委員会を相手に当選無効を求めた行政訴訟の判決が2021年1月20日(水)、仙台高裁で開かれ、上田哲裁判長は「住所要件を備えていたとは認められない」として当選無効を言い渡しました。山形県選挙管理委員会では「判決内容を確認した上で、上告するかどうかを決めたい」としています。公選法では市議選の被選挙権を得るには3カ月以上、市内にすむことが必要と規定されています。小松氏は2019年11月21日に高畠町の自宅から、南陽市の実家に実家に住民票を移していました。2019年12月22日から2020年3月22日まで、小松氏の生活拠点がどっちにあったのかが争点となりました。上田裁判長は▷南陽宅と高畠宅の電気使用量から[(投票前3カ月の)中盤以降になって徐々に生活の本拠を南陽宅に移したという見方と整合的]と指摘。年末年始はほぼ全日高畠宅に宿泊▷郵便局への転送届けが未提出▷南陽宅に自分の表札を出していないなどから「南陽宅が生活の本拠と認めるに足りる証拠はない」と結論づけた。

2020年3月に行われた南陽市議選には、定数17に対して18人が立候補し、小松氏は14番目の票を得ました。唯一の落選は山口氏でした。山口氏は選挙後、南陽市選挙管理委員会と山形県選挙管理委員会に山口氏の当選無効を申し立てましたが棄却され、提訴しました。山口氏は法定得票数に達しており、小松氏の当選無効が確定した場合は、選挙会を経て繰り上げ当選になります。

■宇佐見さん21歳8カ月で芥川賞【芸術文化】第164回芥川賞・直木賞の選考会が2021年1月20日(水)、東京都内で行われ、芥川賞宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」が選ばれた。宇佐見さんは大学2年生で21歳8カ月での受賞は、2003年下期に受賞した綿矢りさ氏(当時19歳11カ月)、金原ひとみ氏(当時20歳5カ月)に次ぐ史上3番目の若さ。作品はアイドルを〝推す〟ファンを描いたもの。推しの対象を「背骨」と表現する。宇佐見さんは「自身にとっても書くことは『背骨』といい『大げさできなく、これがあるからやっていける感覚は前からあった』と話す。現在は次作を執筆中で「今は3作目に注力すること。悪い意味で振り回されることなくいきたい」と語っていました。直木賞には、西條奈加さん(56)の「心(うら)淋しい川」が入った。「連絡を受けるまでのんきに考えていたが、電話を受け取ってから声がうわずっていたりしている状態です」と緊張の面持ちで語っていました。

■阪神「Women」入団会見【プロ野球】

阪神は2021年1月20日(水)、2月から始動する女子硬式野球クラブチーム「阪神タイガース Women(ウィメン)」の入団会見を行いました。

ユニホームも発表され、ホームでは伝統のタテジマを着用するようです。

主将の三浦伊織外野手(28=京都フローラ)は、3月にある女子ワールドカップ(W杯)に出場する侍ジャパン女子代表にも選出されました。「女子野球の楽しさを伝えていって、応援してもらえるようなチームにしていけたら」と発足チームの意気込みを語ります。

女子プロ野球時代に〝美人すぎる外野手〟として活躍した高塚南海(みなみ)外野手(24)葉「女子野球選手でも、これだけ打球を飛ばせるということを伝えたい」と意欲を燃やしています。

阪神Women入団選手発表


■大学入学共通テスト【教育】

□日時/2021年1月16日(土)・17日(日)

□場所/全国一斉各会場

■笹野観音堂「十七堂祭」【米沢市】

□日時/2021年1月17日(日)14:00〜

□場所/米沢市笹野観音堂前

□内容/山伏衆の柴燈護摩祈願を行ったあと、護摩壇の残り火の上を素足で歩く「火渡り」を行い、無病息災や家内安全などを願う。

参加を希望する参拝客は火渡りのお札(500円)が必要です。

問い合わせは、笹野観音堂TEL0238-38-5517

■どんでん平スノーパークOPEN!!【飯豊町】

飯豊町萩生にある「どんでん平スノーパーク」が2021年1月15日、オープンします。昨年冬は少雪のため営業はできませんでしたが、今年は積雪量も十分です。毎年、台湾からの誘客が盛んでしたが、新型コロナウイルス禍で、同パークを運営する町観光協会は近隣からの来場を呼び掛けています。どんでん平ゆり園の大型駐車場の雪原を会場にスノーモービル乗車やバナナボート乗り体験のほか、巨大滑り台のチューブ滑り、ストラックアウトなど楽しめるアトラクションがいっぱいです。新型コロナウイルス感染防止対策として、休憩所のキッズスペースの設置やお茶の提供を取りやめる予定です。営業は3月7日までで、土日祝日の営業です。入場券は中学生以上500円、3歳〜小学生まで300円。全アトラクションをフリーパスで楽しめる入場券込みの6時間券は中学生以上3500円、小学生2500円(2時間券はそれぞれ2000円、1500円です)。問い合わせは、飯豊町観光協会TEL0238-86-2411まで。


■地域通貨『ながいコイン』の実証実験【長井市】

長井市は2021年1月14日、民間の通信事業と連携し、市内のみで利用できる電子地域通貨サービス「ながいコイン」の実証実験を2月10日から3月31日まで実施します。1月15日から市民利用モニター1000人を募集しています。通貨を利用できるのは道の駅「川のみなと長井」、おらんだ市場菜なポート、タスパークホテル、はぎ苑、MANYS CAFE(旧長井小学校第一校舎内)、伊佐沢コミュニティセンターの6カ所です。支払いの際にスマートフォンやカード(紙媒体)のQRコードを提示することになります。モニターは長井在住の800人と市外在住でタスパークホテルやはぎ苑に宿泊した200人になります。募集期間は1月29日まで、市外の人は2月10日から3月10日までで、長井市のホームページから申込用サイトにアクセスできます。地域通貨は1人1000円分提供されるようで、6カ所の施設で使ってもらうことなります。地域通貨は一定の範囲で流通させて経済活性化につなげるのが狙いです。問い合わせは、長井市総合政策課TEL0238-87-0714

■2020年度学生野球表彰

日本学生野球協会は2021年1月12日

2020年度の表彰選手および部員を発表しました。

これによると大学26人、高校46人でした。山形県からは中止になった選抜高校野球大会の代表校に選ばれ、代替え大会に出場した鶴岡東高の鈴木喬外野手=写真=が選ばれました。

■巨人・菅野投手がポスティング不成立で残留〉2021年1月8日

ポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した巨人の菅野智之投手(31)=写真=が2021年1月8日、残留を決めた。複数のメジャー球団と交渉し、日本時間8日午前7時の交渉期限直前まで熟考を重ねた中で決断に至った。1年契約で巨人で勝負する意向を固めた。新たな気持ちで東京五輪での金メダル、リーグ3連覇と初の日本一を目標に設定。今季中の海外FA権を取得する見込みで、シーズン後に再び夢への挑戦を行う考えだ。巨人は菅野投手に対して4年総額30億円超、オプトアウト(契約破棄条項)付きの大型契約を用意したとみられる。

《米メディア》ブルージェイズ、パドレス、ジャイアンツ、メッツ、レッドソックス、エンゼルス、レンジャーズなど複数球団が調査した。複数の米メディアが最終交渉に臨んだ球団にパドレスの名を挙げたが、菅野側の求めた条件は菊池内野手(広島)と同等より低かったとみられる。

《ポスティング移籍できなかった選手》

[1999年]ペレス外野手(広島)入札なし→残留[2002年]大塚晶文投手(近鉄)入札なし→中日金銭トレード[2005年]入来祐作投手(日本ハム)入札なし→メッツ自由契約で入団[2008年]三井浩二投手(西武)入札なし→残留申請も[2009年]三井浩二投手(西武)入札なし→残留2度目申請も[2010年]岩隈久志投手(楽天)破談→残留[2011年]真田裕貴投手(横浜)入札なし→復帰自由契約で巨人[2012年]中島裕之内野手(西武)破談→残留《2013年以降譲渡金支払い意思のある全球団と交渉》[2015年]バーネット投手(ヤクルト)不成立→レンジャーズ自由契約で入団[2019年]菊池涼介内野手(広島)不成立→残留交渉期限待たず[2021年]西川遥輝外野手(日本ハム)不成立→残留、菅野智之投手(巨人)不成立→残留

》2021年1月8日 山形県コロナ感染者新たに4人

山形県などは2021年1月8日、新たに山形、天童、三川各市町に住む20〜70代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。県内の累計感染者数は422人。山形市の山大生20代男性、東根市の20代男性は鉄道警察隊所属の県警職員、三川町の60代と70代の男性はクラスター(感染集団)が発生している三川病院(三川町)の入院患者。同病院の感染者は72人に拡大した。天童市の70代無職女性は感染が公表された50代男性の同居家族。

》吉田沙保里さとコロナ陽性

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(38)は2021年1月8日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認された。所属事務所が発表したもので、体調に問題はなく、自宅待機しているという。

▶交通事故撲滅願う〝交通安全祈願祭〟【川西町】2021年1月8日

□日時/2021年1月8日(金)□場所/川西町上小松の皇大神社□内容/米沢警察署、交通安全団体の関係者約20人が出席。神事に続き、原田俊二町長が交通事故撲滅に向けた協力を呼び掛けた。町内の昨年1年間の人身交通事故は39県、物損事故は267件発生した。2017年8月19日の死亡事故発生を最後に、死亡事故ゼロのなっ数は1200日を超えた。

♥ソフトバンクの甲斐野投手結婚

ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が2010年1月8日、福岡県筑後市のファーム施設で、静岡県出身の1歳年上女性と2日に結婚したことを明らかにした。甲斐野投手は昨季は右肘の故障で2軍戦1試合の登板にとどまり、昨年12月にこの部分の手術を受けた。


「女性同士の一騎打ちは全国初めて」

「女性同士の一騎打ちは全国初めて」と山形県知事選が話題となっています。戦後に女性の参政権が保障され、首長の公選制が始まりましたが、国内初の女性知事が誕生したのは、ずっと後の2000年でした。大阪府知事選で、元通産省審議官の太田房江氏が、新顔の男性候補者3人を破り初当選しました。同年、熊本県で瀬谷義子氏が当選で2人目に。2009年に山形県で初の女性、吉村美栄子知事が誕生し、6人目でした。

一時はも全国で5人の女性知事が占めていましたが、現在は山形県の吉村美栄子知事と東京都の小池百合子知事の2人だけとなっています。今回の山形県知事は、どちらが勝手も女性知事まちがいなしです。

世界経済フォーラムが2019年12月に公表した男女格差報告書では、政治分野の女性が占める日本の順位は対象153カ国中、144位と国際的に見ても非常に女性進出が遅れていると言えます。

《国内の女性知事は!?》

□大阪府  太田 房江氏 2000年→2008年 当選2回

□熊本県  瀬谷 義子氏 2000年→2008年 当選2回

□千葉県  堂本 暁子氏 2001年→2009年 当選2回

□北海道  高橋はるみ氏 2003年→2019年 当選4回

□滋賀県  嘉田由紀子氏 2006年→2014年 当選2回

□山形県  吉村美栄子氏 2009年→     当選3回

□東京都  小池百合子氏 2016年→     当選2回

■スポーツ大会 また中止・無観客に【新型コロナウイルス】2021年1月7日ニュース

緊急事態宣言の実施が2021年1月7日に発表されたことを受け、スポーツ界にも影響が広がっている。影響は以下の通りです。

【バレーボール】□Vリーグ 1/8〜11日試合中止□全日本高校選手権 予定通り無観客で開催、決勝は1/10日

【バスケットボール】□天皇杯全日本選手権 1/13日の準々決勝4試合の一部を無観客に□Wリーグ 1月中の東地区のリーグ戦12試合を中止

【ラグビー】□全国高校大会 予定通り無観客で開催し、決勝は1/9日□全国大学選手権 1/11日決勝。観客者数の上限を検討中□トップリーグ 1/16日開幕。観客者数の上限を検討中

【サッカー】高校選手権 1/9日準決勝、1/11日決勝を無観客に

【プロ野球】□春季キャンプ 2月1日予定通りスタート〈ヤクルトの村上内野手、阪神の岩田投手らが陽性反応〉

【大相撲】□初場所 1/10日から開催予定。全協会員がPCR検査

【パラ競技】□車いすラグビー 1/22日開幕の日本選手権が中止□ゴールボール 1/30、31日の日本選手権が中止

■暴風雪警戒を!!【天候】2021年1月7日ニュース

急速に発達する低気圧などで北日本から西日本では1月10日頃まで雪を伴う非常に強い風が吹く恐れがあり、気象庁は猛吹雪などによる交通障害や大雪の警戒を呼び掛けています。

8日朝にかけて前線を伴った低気圧が北日本を通過した後、強い冬型の気圧配置になる見通しです。

■飛び降り生徒送検へ【事件事故】

大阪・梅田の商業施設で昨年10月、屋上から男子高校生=当時(17)=が飛び降り自殺し、地上にいた女子大生=当時(19)=が巻き添えで死亡した事件で、曽根崎署は来週にも重過失致死容疑で、死亡した男子生徒を書類送検する方針を固めたことが分かりました。


♥元AKB板野さん♥ヤクルト高橋投手結婚♥

 プロ野球ヤクルトスワローズの左腕、高橋奎二手(23)=写真=と元AKB48の板野友美さん(29)=写真=が2021年1月5日、結婚を発表しました。高橋投手は期待の左腕投手ですが、まだ一本立ちとている投手ではありません。その高橋投手と元トップアイドルの板野さんの電撃婚に「なぜ!?」と驚いた方も多いはず。板野さんはかつてAKB48の「神7(セブン)」と呼ばれる中心メンバーで、「ともちん」の愛称で高い人気を誇りました。2013年には女性が「なりたい顔ランキング」のナンバー1に選ばれ、トップアーティストとの熱愛報道で騒がれたとこもありました。一方、夫となった高橋投手は、龍谷大平安高校(京都)から2015年ドラフト3位でヤクルトに入兌換。将来のエース候補と期待される若手左腕投手ですが、昨季は故障もあり10試合登板し、わずか1勝に終わりました。1軍定着も果たせず、オフの契約更改では250万円減の年俸1450円でサインしました。「姉さん女房」の元アイドルが野球選手の夫を支え、さらなる成功に導いたケースもありますので、板野さんのサポートが6歳年下の夫をヤクルトのエースへと羽ばたかせてくれるのではないでしょうか。