【注目ニュース】列車の車内販売が消える

新幹線や特急列車の車内販売が今春(2019年春)から姿を消していく。売上減少が最大の理由で、北海道、九州、秋田新幹線、それに東北新幹線やまびこは2019年3月15日を最後に車内販売を終了。東北新幹線や上越新幹線、山形新幹線の車内では弁当やお土産の取扱いをやめ、飲み物と菓子つまみに絞った販売だけになる。「ローカル駅弁が食べられなくなる」という鉄道旅ファンの惜しむ声もあるが…。
車内販売は業務の性質として採算がとりにくいことに加え(車販は掲載商品が限られるため選択肢が乏しく、人件費がかかるため一部商品を除き基本的に金額が高め)、在来線・新幹線共に速度向上などで乗客の乗車時間が短くなっていることのほか、駅構内の売店「駅ナカ」や駅外のコンビニエンスストア、ファーストフード店などが進出していることで近年では車内販売の内容が縮小傾向にあるようだ。JR各社の調べによると車内販売の売上は、2000年前後をピークに以降は下り坂で今では半分以下のようだ。車窓を眺めながらゆっくりと郷土の商品や駅弁を味わうなどの鉄道旅行の魅力が失われつつあるが、近年、乗客は車内で居眠りしているかスマホをいじっているかどちらか。鉄道旅を楽しむプロセスもなくなったことも起因しているのかも。

□どうなる駅弁業者!?

山形県米沢市で駅弁製造を行う(株)松川弁当店は、同地の名産品と米沢牛などを使った弁当をつくり好評を得ている。2017年には「ファベックス惣菜・べんとうグランプリ」で「米沢牛牛づくし弁当」が金賞を受賞する味の評価も高まっている。しかし、列車の高速化や後継者不足などで駅弁を取り巻く環境は大きく変化している。かつては、長時間の移動が当たり前だった時代には、車内販売の弁当は食堂車と並び重要な要素があったが現在は売り上げが低迷。その要因は駅ナカの充実や24時間いつでも利用できるコンビニエンスストアの近接があるからで旅客の選択肢は増えている。米沢駅は乗降客数が途中駅の宇都宮、郡山、仙台などに比べ少ないため商売に直結しない。そこで多くの駅弁業者は東京駅構内で全国各地の有名駅弁やオリジナル駅弁を取り扱う専門店に委託する。その中で勝ち残ることが生き残る道のようだ。

元山形新幹線のカリスマ販売員     -茂木久美子さん-

■「いまの日本は、モノさえあれば売れる時代は終わりました。また、割引をしたりおまけを付けて売れる!!なんていう時代も終わりです。お客様は『誰から買う?自分のために何をしてくれるの?』を求めています。これに応える術はマニュアルに載っていません。私らしい『自分らしさ・おもてなしの心』を大切にしてお客様と接して行く、そこには笑いあり涙ありの「感動」があります、お客様と「感動」を共有できることが私の使命でした」と語るのは山形新幹線のカリスマ販売員と呼ばれた茂木久美子さんです。
■茂木さんは
山形県天童市生まれ。地元の山形城北高卒業後、山形新幹線の車内販売員をしました。1日に50万円以上を売れ上げる「車内販売のカリスマ」と呼ばれ多くのメディアにも出演しました。全国の企業からの依頼で、接客・販売の心を伝え、年間150回以上の講演を行う人気講師となりました。車内販売を引退した後は株式会社グローバルゲンテンを立ち上げ、企業研修やコンサルティングなどに活動の幅を広げ、自身の体験から考案した人財育成プログラム「KARAWARI-殻割り-」で人と企業の可能性を引き出し、働く意識の変革と販売・サービスの質の向上に力を注いでいます。著書に「なぜ売れる」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線販売員になれたた理由」「神対応のおもてなし」があります。

株式会社グローバルゲンテン


【略歴】
□生年月日/1980年2月9日

□学歴 山形城北高校
 •    1998年 山形新幹線「つばさ」の車内販売員となる
 •    2005年 山形ー東京 1往復半で売上53万円を記録(当時平均7万円程度)
 •    2006年 最年少でチーフインストラクターに就任 1300人の育成にあたる
 •    2007年 テレビや新聞、雑誌などメディアで多く取り上げられるようになり、企業や団体から講演依頼が殺到
    •    2010年 著書『かわねぐていいんだ』を出版
    •    2010年 新庄ー東京片道で54万円を売り上げ記録更新
    •    2012年 車内販売員を引退し、講演・研修講師として独立
    •    2015年 グローバルゲンテンを設立
    •    2017年 新たな人財育成のカタチ「KARAWARI-殻割りー」を考案
    •    年間約230回のセミンーや講演をしている。
    •    講演依頼や講演会の講師派遣なら相談無料のスピーカーズ Speakers.jp
〒990-2334
山形県山形市蔵王成沢792-21


Tel.  023-607-3633


E-mail
office.moki@moki-kumiko.com


青森県出身の北向さんが2018旭化成のPRモデルに選ばれた

□旭化成の2018年キャンペーンモデルに青森県三沢市出身の北向珠夕さん(18)が起用されることになった。

□期間は1年間で旭化成グループ製品のPRや企業イメージアップのために活動する。

応募126人の中から4度の審査を経て選ばれた北向さんは身長170㌢のスレンダー美女。

バレーボールで全国大会出場

学生時代はバレーボール部で活躍し、全国大会出場の経験も。

過去に女優の松嶋菜々子さんも務めた

□旭化成では1976年からモデル選出を始め、過去には女優の松嶋菜々子さんや片瀬那奈さんなどが務めた。

□北向さんは43代目。



山形県の老舗起業ランキングトップ《10》

《創業1000年頃・平安時代※口伝》

【第1位】おおみや旅館(山形市)

□蔵王温泉内にあるレトロな雰囲気の漂う大正モダンを感じさせるレトロでノスタルジックな雰囲気が魅力の旅館。現在の館主は33代目、1000年の歴史を誇る老舗で、 代々「近江屋八右衛門」と呼ばれてきた。全館畳敷きでスリッパ不要。全館禁煙の旅館。源泉かけ流しの温泉は強酸性の硫黄泉で、その濃厚さに満足感 いっぱいです。チェックアウト後の入浴がOKなのも嬉しい限りです。2階にはラウンジがあり、お茶やコーヒーの無料サービスと24時間無料のマッサージ機 がある。女性に嬉しい色浴衣や、甘酒サービスなど痒いところに手が届くきめ細やかな心配りが随所に感じられる旅館でした。

□住所/〒990-2301 山形県山形市蔵王温泉46□電話/023-694-2112

《創業1189年・平安時代》

【第2位】伊藤鉄工(鶴岡市)

□創業文治5年伝統と誇り〜遥かな時代を超えて受け継がれる確かな技術〜。バルブや熱交換器などの圧力容器や建設機械向けの部品など幅広い製造を行っている会社。一品ものから量産品までに対応しており、材料切断、機械加工、溶接、組立と広い範囲の加工も行っている。伊藤鉄工株式会社□住所/〒997-0855山形県鶴岡市矢馳字下矢馳44-1□電話/0235- 22 - 6636

《創業1312年・鎌倉時代》

【第3位】東屋(米沢市)

米沢市白布温泉内にある東屋は、700年来変わらず湯船から大量に溢れ続ける壮大な掛流しは圧巻!四季折々表情の変わる露天風呂も魅力。選りすぐりの本場米沢牛を味わい、寛ぎの空間と素朴なおもてなしで癒しのひと時を…。

□住所/〒992-1472 山形県米沢市関1537□電話/0238-55-2011

【第4位】1320年頃(鎌倉時代)/西屋(米沢市白布温泉)【第5位】1346年(室町時代)中屋(米沢市白布温泉)【第6位】1356年(室町時代)/佐野屋(山形市)【第7位】1522年頃(室町時代)/高砂屋旅館(山形市蔵王温泉)【第8位】1578年(安土桃山時代)/ふじや冨宏商事(山形市)【第9位】1592年(安土桃山時代)/羽根田酒造(鶴岡市)【第10位】1593年(安土桃山時代)/小屋酒造(大蔵村)


■米沢北ー福島・大笹生間が開通(東北中央道)【山形県米沢市・福島県福島市】
東北中央道山形米沢北ー福島大笹生インターチェンジ(IC)間(35・6㌔、無料区間)が2017年11月4日(土)、開通した。1998(平成10年)年度の着工から19年を経て開通。東北中央道は、福島・相馬市を起点に秋田・横手市までを結ぶ総延長268㌔の高速道路。福島JCTー米沢北IC間は、日本道路公団(現在、東日本高速道路)が1998年に着工したが、採算を取るのが難しいとして、2003年度に国が引き継ぎ整備を進めてきた。事業費は1883億円。開通により、米沢、福島両市役所間は国道13号と比較して約20分短縮され、約40分となった。


理想の上司は、ウッチャン&水トちゃん

明治安田生命は、今春就職予定の新社会人に理想の上司としてイメージする有名人の調査結果を2017年2月6日、発表した。男性はお笑いタレントの内村光良、女性は日本テレビの水ト麻美アナがともに初めて1位に選ばれた。2人に共通して、「親しみやすさ」「優しさ」。

□理想の上司□(敬称略)※順位 昨年順位 氏名

【男性】[1](5)内村光良[2](5)タモリ[3](2)池上彰[4]-原晋[5](4)所ジョージ

【女性】[1]-水ト麻美[2](1)天海祐希[3](13)吉田沙保里[4]-石田ゆり子[5](4)有働由美子


喜多方商工会議所 唐橋氏会頭5選【喜多方市】

喜多方市の会津喜多方商工会議所の臨時議員総会が2016年10月28日(金)開かれ、任期満了に伴う役員改選で会頭に唐橋幸市郎氏(69)=ほまれ酒造会長=を再任した。5期目となり、任期は11月1日から3年間。副会頭に風間常義(72)=松本屋社長=、佐藤富次郎氏(61)=河京社長=、専務理事に瓜生賢恵氏(59)を再任した。


山中煎餅本舗の゜たまりせんべい」努力賞に輝く【喜多方市】

 第56回全国推進奨観光土産品審査会で、喜多方市の山中煎餅本舗の「喜多方たまりせんべい8枚箱」(650円税抜き)が、努力賞(日本商工会議所会頭賞)に輝いた。昨年に続き2度目の努力賞(昨年は全国観光土産品連盟会長賞)。

 全国観光土産品連盟、日本商工会議所の主催で、土産品の発掘などが目的。菓子、食品、民芸、工芸の4つの部門に分けられ、今年は4部門に計1271点の応募があった。推奨品に選ばれると2018年(平成30年)3月31日まで、推奨品のシールを貼ってPRできる。

 努力賞に選ばれた「喜多方たまりせんべい」は、喜多方を代表するコメと醤油で仕上げられたシンプルな商品。素材本来の良さが出でいるところが認められた。同本舗からはこのほかにも、「コシヒカリ会津山塩せんべい5枚入り」(500円税抜き)、「詰め合わせ3枚袋」(260円同)も推奨品に認定された。□営業時間 10:00〜16:30□定休日 水曜日□TEL.0241ー22ー0004


輸送人員0.2%減

 会津鉄道の平成27年度輸送人員は51万2745人で、前年度より987人、0.25減少した。27年度はふくしまディスティネーションキャンペーンなどの効果で上半期の輸送人員が前年同期より3.3%増加したが、9月の関東・東北豪雨で野岩鉄道の一部区間が被災したため、約4カ月にわたり首都圏と直通運転がてきないなど景況を受けた。27年度決算は、経常損益が1億9861万円の赤字、当期損益が1821万円の赤字となった。


従業員が体のケア【会津坂下町】

会津坂下町にある精密機械製造アントン工業では、従業員の福利厚生を充実させようと、背骨を中心にほぐす「キネスティックセラピー」を導入している。日本キネスティックセラピストの認定を受けて都内で働く金沢麻美さん(28=会津若松市出身)が、毎月一回同社を訪れ、 従業員の体のケアを行っている。全従業員は61人で毎月20人程度ずつ交代で施術を受ける予定。


会津まつりの実施要項を確認【会津若松市】

 会津まつり実行委員会(事務局・会津まつり協会)の第1回会議がこのほど、会津若松市のホテルいづみやで開かれ、委員長に安藤昭男氏(安藤染店)、副委員長に新井田万寿子氏(市子供会育成会連絡協議会)を選んだ。会議では今年の会津まつりは9月23〜25日に開催する、「会津藩公行列」(25日) では、「戸ノ口原の戦」に参加した農民や町人による徴募兵の「奇勝隊」「遊軍奇合組」などを新たに加える行列編成とすることなどを決めた。当番校は若松六中と葵高になった。