福島県立川口高校家庭クラブ 2016年09月[あいづネット08号掲載]


22人がサポートティチャーに【会津若松市】2016.05.12

 あいづっこ人材育成プロジェクト一行委員会は5月12日、会津若松市内の中学一年生に補習授業を行うサポートティチャー22人に委嘱状を手渡した。サポートティチャーは、大学生や大学院生、退職教員らの学習ボランティアで、学校からの依頼で生徒の学力に応じて補習を行う。委嘱されたサポートティチャーは次の通り。敬称略。順不同。森武久、片平さおり、穂積武夫、湯田一秋、渡部和俊、西村則子、島田繁、加藤里実、二瓶希代子、滝沢玲子、和田翔太、小池夏子、遠藤玲奈、二瓶重和、内藤和子、黒沢巧、杉原駿男、上野絵里子、渡部祐斗、野口知恵、鈴木美樹、土田志真。


二瓶さん(河東中)が大賞で入選

 言の葉協会(京都市)主催の作文コンテスト「言の葉大賞」で、会津若松市の二瓶凛音さん(河東中2年)が中学の部で入選した。表彰式は5月22日、京都市の国立京都国際会館で行われる。