バレーボールの全日本高校選手権山形県代表決定戦の決勝が2020年10月25日(日)、山形市の総合スポーツセンターで行われ、男子は山形南が3-1で山形中央を下して2連連続10度目の優勝、女子は米沢中央が3-0のストレートで山形商を退けて2年ぶり10度目の優勝。

□男子決勝

山形南3(25-20、25-23、17-25、25-23)1山形中央

○…男子は、山形南と山形中央の村山地区同士のライバル対決。山形南は身長191㌢の菅原の高い打点からのスパイクや3年生の木村らの活躍で2セットを連取。山形中央に1セットを返され、4セットも先行を許したが逆転。伊藤、菅原のサイドからの攻撃などで4セットをものにし3-1で勝利、2年連続12度目の優勝を決めた。

《山形南先発》〈1〉菅原啓/1年/191〈2〉鈴木完/3年/172〈3〉伊藤駿希/3年/176〈4〉木村悠佑/3年/174〈5〉板垣圭一郎/3年/176〈7〉工藤河諭/2年/175(平均177.3)[リベロ]〈6〉清野勇磨/2年/155〈8〉向田和生/1年/169

《山形中央先発》〈1〉田林元/3年/174〈2〉古澤琉希/3年/183〈4〉飯野央恩/3年/180〈5〉小森真仁/3年/173〈9〉西村壮生/2年/186〈11〉中村来太郎/1年/180(平均179.3)[リベロ]〈3〉佐藤璃来/3年/161〈12〉軽部拓真/1年/166

□女子決勝

米沢中央3(29-27、25-15、25-12)0山形商

○…女子は昨年と同じカードとなり、フルセットで敗れた昨年の雪辱を果たしたい米沢中央は1セット、シーソーゲームを展開。亀井、佐藤吉野の両エースが得点を決めるが、山形商も3年生の小川、若月の粘りで互角に持ち込む。昨年悔しい思いをした3年佐藤吉野のスパイクで1セットを29-27と勝ち切ると、第2セットはエース亀井の強打で勢いにのって25-15と米沢中央が連取。第3セットもエンジン全開の亀井と佐藤吉野の粘り強いスパイクで山形商を突き放して、全国大会出場を勝ち取った。

《米沢中央先発》〈1〉亀井美子/2年主将/171〈2〉佐藤吉野/3年/183〈3〉伊藤未結/1年/170〈7〉佐藤佑海/2年/172〈12〉中野桜愛/2年/168〈13〉久保田圭美/2年/165(平均171.5)[リベロ]〈8〉小松くるみ/3年/161〈11〉須藤岬佑/2年/170

《山形商先発》〈1〉小川真央/3年/172〈2〉若月凛華/3年/162〈3〉菅原侑衣/3年主将/164〈4〉加藤葉月/3年/166〈11〉杉本向日葵/1年/168〈12〉池田佳/1年177(平均167.2)[リベロ]〈5〉鹿谷有未/3年/151〈9〉半澤大空/2年/157

□男子準々決勝/2020年10月24日(土)第2日/山形市総合スポーツセンター

山形城北2-0東海大山形、山形南2-0日大山形、羽黒2-0山本学園、山形中央2-0米沢中央

□男子準決勝/同

山形南2(28-30、25-10、26-24)1山形城北、山形中央2(25-17、26-24)0羽黒

□女子準々決勝/同

米沢中央2-0山形学院、山形城北2-0鶴岡南、羽黒2-0上山明新館、山形商2-0山形西

□女子準決勝/同

米沢中央2(26-24、25-22)0山形城北、山形商2(25-17、25-18)0羽黒


【陸上】転倒激走から中2日、田中好タイム

東京陸協ミドルディスタンス・チャレンジが2020年10月27日、東京・駒沢陸上競技場で行われ、25日の木南道孝記念大会女子800㍍でゴール転倒するほど激走した田中希実(21=豊田自動織機TC)が女子1500㍍で、日本歴代7位に相当する4分10秒41で快勝した。田中は今季、女子1500㍍、3000㍍の日本新記録を樹立するなど勢いに乗っている。木南記念から中2日で挑んだ今大会は、「あまり疲労が抜けていない」コンディションだったものの、好タイムをマークした。これで10月は7レース目。来月(11月)3日のデンカアスレチックチャレンジカップ(新潟)の5000㍍に出場予定で、東京五輪代表となる12月4日の日本選手権(大阪)5000㍍へつなげたい考えだ。

【陸上】斎藤真希(東女体大)がU20日本新

 陸上の北九州カーニバルが20201025日、福岡県北九州市本城陸上競技場で行われ、女子円盤投げで斎藤真希(東女体大・鶴岡工高出)が5553U2020歳未満)日本新記録と大会新をマークして優勝した。日本記録保持者の郡菜々佳(九州共立大大学院)は5233(大会新)で2位、辻川美乃利(内田洋行アスリートクラブ)が50㍍83で3位だった。

《その他の種目の優勝者》□男子200㍍/松本朗(早大)20秒69□同砲丸投げ/奥村仁志(国士大)16㍍41□同円盤投げ/山下航生(九州共立大)52㍍93□女子200㍍/渡邊輝(福岡大)23秒62□同棒高跳び/那須眞由(RUN JOURNEY)4㍍20□同三段跳び/森本麻里子(内田建設アスリートクラブ)13㍍26=大会新、剣持早紀(長谷川体育施設)12㍍95=大会新□同砲丸投げ/大野史佳(埼玉大)15㍍09

【陸上】名城大が4連覇◇女子大学駅伝

 全日本大学女子駅伝は20201025日、弘進ゴムアスリートパーク仙台から仙台市役所前市民広場までの6区間381㌔で行われ、名城大2時間257秒の大会新記録で史上3校目となる4連覇を達成した。5度目の優勝。名城大は2区の山本有貴でトップに立つと3区の小林成美、4区の増渕祐香、5区の加世田梨花が区間賞の走りで後続を引き離した。251秒差で大東大4年連続の2位。日体大3位。最多10度の優勝の立命大4位だった。