◇第73回秋季東北地区高校野球山形県大会

【置賜地区】2020年9月6日(日)

□2次予選1回戦/高畠町野球場

米沢興譲館  100 350 7 16(7回コールド) H12E1

置賜農長井工 001 000 0   1 H5E4

(米)田中瞭賀、青木凰介、佐藤琉光ー渡部拓真(置長)朝倉海斗、伊藤聖清、沖津文、宍戸優哉ー高橋颯□三塁打=渡部拓真2(米)□二塁打=佐藤琉光、森玄(米)菅野(置長)

《米沢興譲館》[中左7]柴田恭平1/2[右9]森玄[2/4遊投6]佐藤琉光2/4[一3]鈴木啓太1/5[二5]高橋大輝0/4[捕2]渡部拓真3/5[左10]西山幹太2/3(中14・鈴木淳0/0)

[三6]地主宗人0/3[投11]田中瞭賀0/1(代13・原田健伸0/0、投18・青木凰介0/1、代8地主修平0/1、遊4・地主臣人1/1)[12]宇津木暖大[15]酒井一穂[16]吉田大輝[17]鈴木波琉

打席数48打数33安12点13得16振2球11犠4盗4残11

〈投〉田中 4回 打者15打席13安3犠0球0振3失1責0、青木 1回 打者6打席5 安2犠0球1振1失0責0、佐藤琉 2回打者6打数6安0犠0球0振0失責0[12]宇津木暖大[15]酒井一穂[16]吉田大輝[17]鈴木波琉

《置農・長工》[投中8]朝倉海斗3/3[遊投遊6]伊藤聖清0/1[左10]貝沼拓海0/3[捕3]高橋颯0/3[二三二4]安部龍輝0/3[一2]佐藤優真0/3[三遊三5]平山暖人0/3[中二13]戸田悠人0/1(投1・沖津文0/1、投7宍戸優哉0/1)[右]菅野元気1/2(代12・潟湊竣0/1)[11]遠藤潤哉□捕逸=高橋颯1(置)

 □打席数27打数24安5点0得1振4球2死0犠1盗0盗死1残5 〈投〉朝倉 4回2/3 打者27打数20安6犠3球4振2ボ1失7責6、伊藤 0回0/3打者2打数0安0犠0球2振0失2責2、沖津 2回 打者14打数10安4犠1球3振0失5責1、宍戸 0回1/3 打者5打数3安2犠0球2振0失2責2

米沢商    300 030 011 8

高畠・米沢東 105 210 01× 10

(米)原田康成、高橋裕成、嘉藤颯ー佐藤優輝(高米)竹田聖、島津優騎、大沼誠弥ー斎藤大弥□三塁打=田村光、和田和哉、安部陸(高米)□二塁打=原田康成、斎藤知哉(米)安部陸(高米)

□2次予選代表決定戦

長 井 001 000 0 1

米沢工 060 003 × 9(7回コールド)=米沢工は県大会出場

(長)多勢優、太田麗貴ー平塚壮真(米)須藤ジオー大沼翔□三塁打=山村慎(米)□二塁打=鈴木陸斗、熊谷健仁、大沼翔(米)

【置賜地区】2020年9月6日(日)

□1次予選決勝/米沢市営野球場

米沢中央 230 000 010 6 H9E0

九里学園 000 000 000 0 H5E2

(米)池野拳ー芝智大、飯塚将大(九)工藤聖弥ー土田央雅

□三塁打=高橋拓巳、池野拳(米)□二塁打=宇内虎汰朗(米)高橋雄大(九)

米中は1回表2死一、二塁から5番高橋拓巳の適時打で先制、7番須藤星名が四球を選び押し出しで2点目。2回表は1死一、二塁で3番宇内虎汰朗、4番宮内和音の長短打で3点を加えた。先発左腕エース池野拳は、要所で三振を奪い当たっている強力打線を抑え込んで被安打5奪三振11の完封勝利。

《米沢中央》[遊6]高橋楽音0/4[左7]稲田陸大2/3[中8]宇内虎汰朗1/4[一3]宮内和音1/3[三5]高橋拓巳3/4[二4]五十公野海輝0/4[右19]須藤星名0/2(右9・我妻龍樹0/2)[捕12]芝智大0/2(捕2・飯塚将大0/2)[投1]池野拳2/4[10]平野希[11]金田壱吹[13]笹原佑太[14]竹田颯斗[15]梅津凌雅[16]渡辺航[17]釜田悠平[18]池田宥貴[20]大竹泰暉□打席数43打数34安9点6得6振8球7犠2盗1残10〈投〉池野 9回打者37打数30安5犠1球6振11暴2失0責0

 

《九里学園》[中8]石川悠太0/3[遊6]渡辺響希0/3[二4]中島諒樹1/3[捕2]土田央雅2/4[左7]斎藤勇斗0/2(左11・曽我元城0/1)[投1]工藤聖弥1/4[一3]嵐田紘斗0/2(代一13・川上烈弥0/2)[三5]高橋雄大1/4[右9]斎藤翔生0/2[10]鈴木幸永[12]横沢星哉[14]加藤陽[15]金子龍斗[16]渡部翔太[17]梅津大生[18]加藤己雄[19]佐山大介[20]佐野□斗□打席数37打数30安5点0得0振11球6犠1盗0残10〈投〉工藤 9回打者43打数34安9犠2球7振8暴1失6責3[捕逸]土田1[失策]中島、土田

【最北地区】2020年9月6日(日)

□2次予選1回戦/尾花沢市総合球場

新庄神室産 100 002 011 5 H13E5

村山産業  021 103 00   7 H9E0

 (新)佐藤洸希、影澤一成、梅本竜聖ー高嶋文也(村)横尾大地、大類□太ー阿部□馬□三塁打=影澤一成(新)奥山隼人、大類□人(村)□二塁打=高嶋文也、阿部英翔、影澤一成(新)□失策=池田有輝2、斎藤隆之介、影澤一成、早坂羅偉(新)□盗塁=増川創太(村)池田侑輝、早坂羅偉(新)

北村山・新庄南・東桜学館 0 01 00 1

新庄北          10 05 5× 20(5回コールド)

(北新東)梶浦康生、後藤佑輔ー布川進一郎(新)加藤新太、五十嵐琉、斉藤優、大場康生ー大場康生、丹駿介□本塁打=竹田徹(新)□二塁打=相馬俊介(北新東)大場康生、今野泰成(新)


【置賜地区】2020年9月5日(土)

□1次予選代表決定戦/米沢市営野球場

米沢中央 000 040 3 7(7回コールド)H9E1=米沢中央は県大会出場

米沢工  000 000 0 0 H5E2

(中)池野拳ー芝智大(工)須藤ジオ、佐竹慶次朗ー大沼翔

□三塁打=高橋楽、五十公野(中)□二塁打=宇内、芝(中)菅井(工)

《米沢中央》[遊]高橋楽1/4(遊・金田0/0)[左]稲田1/2[中]宇内1/4[一]宮内0/4[三]高橋拓2/3[二]五十公野2/3[右]須藤1/2(代右・我妻龍0/1)[捕]芝1/3[投]池野0/2 打27安9点6得7振10球4犠3盗2残6

〈投手〉池野 7回 打27安5球1振6失0責0

《米沢工》[遊]熊谷0/4[三]山村1/3[二]鈴木琉0/3[捕]大沼0/3[一]佐藤圭0/2(代一・鈴木陵0/1)[左]安部馨1/3[中投]佐竹0/2[投]須藤2/2(中・小関0/1)[右]菅井1/3 打27安5点0得0振6球1残7 〈投手〉須藤 6回2/3打26安9犠3球4振10暴1失7責4 佐竹0回1/3 打1安0失0責0

□2次予選1回戦/米沢市営野球場

長井 102 004 1 8(7回コールド) H10E1

南陽 001 000 0 1 H4E1

(長)多勢優、市川晴太ー平塚壮真[南]竹田翌桧、斎藤健斗、安部貴翔ー斎藤健斗、竹田翌桧□二塁打=中川(長)

《長井》[中]杉山1/3[二]五十嵐裕2/2[一]中川1/2[投左]多勢0/3[捕]平塚1/4[左投]市川2/4[右]佐々木陽1/2[遊]川村2/3[三]孫田0/4 打27安10点6得8振1球4死1犠4盗5残7 〈投〉多勢 5回 打18安3犠1球2振7失1責1 市川 2回 打7安1振2

《南陽》[遊]時田0/1[二一]川野智1/3[一投]安部

0/4[捕投三]斎藤0/3[左]山内1/3[投捕]竹田翌0/3[三二]小松1/3[中]遠藤1/3[右]高取0/1(代・坂本0/1) 打25安4点1得1振9球2犠1盗2残5

 〈投手〉竹田翌 5回 打19安8犠3球3振1失5責5 斎藤1回2/3 打7安2犠1球2暴1失3責任3 安部0回1/3 打1

【村山地区】2020年9月5日(土)

□1次予選代表決定戦

山形工 003 100 220 8=山形工は県大会出場

寒河江 000 011 001 3

(山)有路大斗、伊豆田大唯ー清野七央、阿部凌汰(寒)小林碧生、後藤俊、阿部耕大ー岩井龍海□三塁打=舟山侑輝(山)□二塁打=鈴木□斗(山)斎藤峻(寒)

《山形工》[二4]橋本凌[中8]村上李空[右投1]伊豆田大唯[一3]佐藤大夢[遊6]舟山侑輝[投三]有路大斗[三右9]鈴木□斗[左7]須藤優心(走左15・武田康希、代左20・早坂彰紘)[捕2]清野七央(捕11・阿部凌汰)[10]市村健介[12]高橋陽登[13]中沢陽[14]松田愛斗[16]清野鷹矢[17]酒井智哉[18]渡辺嵩[19]青木駿

□2次予選1回戦

上山明新館 000 100 203 6

天童・谷地 000 010 000 1

(上)斎藤颯ー渡辺拓磨(天谷)榎本蒼太、大泉友優ー鈴木励□三塁打=斎藤颯(上)

左 沢 000 001 0 1

山形商 111 205 × 10(7回コールド)

(左)大江聡太、阿部将太ー阿部渉、大江聡太(山)佐藤大翔、鈴木隆統ー堀内倫太朗□二塁打=大江聡太(左)森谷陽斗、高橋佑太(山)

寒河江工 000 010 100 2

山本学園 000 000 102 3

(寒)武田隆之介ー早坂雄太(山)菅井信也ー丹野大輝輝□三塁打=佐藤航太(山)□二塁打=渡辺陵摩、菅井信也(山)

山形明正 000 10 1

山形学院 220 43 11(5回コールド)

(明)横山悟、大島倭ー大浦麗央(学)木村吏玖、渡辺遥斗ー柏倉□矢□三塁打=箕田夏輝(学)□二塁打=木村那弥(明)内藤凛人(学)

【最北地区】

□1次予選代表決定戦

村山産 000 000 0

新庄東 002 134 10(6回コールド)=新庄東は県大会出場

(村)横尾大地ー阿部□馬(新)高橋朋也ー高橋琉汰□三塁打=地主真奈斗、大類琉晟、甲州大地(新)□二塁打=早坂海人(新)

 《新庄東》[遊6]福士大知[中8]早坂海人[二4]土田翔雅(二12・田中恵人)[右9]甲州大地[捕2]高橋琉汰[左7]佐々木健慈朗[三5]地主真奈斗[投1]高橋朋也[一3]大類琉晟[10]中川士優[11]笹原悠希[13]土田映瑠[14]関琉晟[15]岸准聖[16]柴崎□伍[17]山科祐月[18]中川颯太[19]須藤雄介[20]安食大和

【村山地区】

□1次予選代表決定戦(2020年8月30日(日)/)

山形明正  000 00 0 H4E2

東海大山形 104 23 10(5回コールド)H12E0=東海大山形は県大会出場

(山)横山悟ー大浦麗央(東)田端真陽ダック、菊地唯斗ー松本龍之介□三塁打=松本、渡邊宏【東海大山形】[右左7]大河原0/3[中3]中川2/3[左11]酒寄1/3(遊6・津本1/1)[二4]的場2/3[投右8]田端2/3[三5]鰭崎0/3(投1・菊地0/0)[一13]水尾1/2[捕2]松本2/3[遊三16]加鳥0/1(代20・渡邊宏1/1・走15・池口0/0)

□1次予選代表決定戦

日大山形 000 110 300 5 H5E2=日大山形は県大会出場

山形南  000 000 000 0 H4E2

(日)小野勇翔、日野晴翔ー梅津康生(山)高橋瞭太、工藤草太ー池田充輝□本塁打=浅利瑠良(日)1号2ラン(7回高橋)□二塁打=伊藤翔、梅津(日)【日大山形】[二4]遠藤2/3[三5]井上丈0/4[右9]浅利1/3[中7]塩野0/3[一3]佐藤拓0/4[左13]伊藤翔1/4[捕2]梅津1/4[投1]小野勇0/4(投10・日野0/0)[遊6]新田0/2

【置賜地区】

□2回戦

米沢商 000 000 0 H0E5

米沢工 122 032 10(6回コールド)H14E0

(商)原田康成、嘉藤颯ー佐藤優輝(工)須藤ジオー大沼翔□三塁打=須藤(米)□二塁打=佐竹、佐藤圭、安部馨○…米沢工の左腕須藤投手が無安打無失点と好投。

《米沢商》

[遊投6]嘉藤颯[二遊4]斎藤知哉[右9]大嶋航記[一3]石栗優[中8]星悠太郎[投二1]原田康成[捕2]佐藤優輝[三5]高橋裕成[左11]樋口伯瑠[7]長谷部舜也[10]五十嵐

《米沢工》

[遊6]熊谷健仁[三5]山村慎[二4]鈴木琉楓[捕2]大沼翔[一3]佐藤圭都[左7]安部馨介[投1]須藤ジオ[右9]菅井捺央[中8]佐竹慶次朗[10]小関綺翔[11]池内日向[12]佐藤文哉[13]鈴木陸斗[14]大峽悠斗[15]我妻光琉[16]橋本栞太[17]五十嵐好輝[18]伊藤遼斗

【最北地区】

□1次予選2回戦

北村山・新庄南・東桜学館 000 000 0 H1E2

村山産業         210 016 10(6回コールド)H12E0

(北新東)梶浦康生、後藤佑輔ー布川進一郎(村)横尾大地ー阿部□馬□二塁打=奥山、横尾、西尾(村)○…村山産の横尾投手は被安打1奪三振11と好投。

【庄内地区】

□1次予選優勝決定戦(2020年8月30日/鶴岡市小真木原野球場)

酒田南 000 200 000 2 H9E1

羽 黒 000 030 32× 8 H11E1

 (酒)伊藤蓮、田村朋輝、佐藤元基ー田代悠力(羽)本間葉琉、奥中晴太ー高橋柊太□二塁打=川田(羽)○…羽黒の4番川田内野手は4打数2安打3打点、5番高橋柊は5打数2安打3打点と活躍

【置賜地区】

□代表決定戦(2020年8月30日/米沢市営野球場)

米沢興譲館 010 00 1 H6E2

九里学園  132 8× 14(5回コールド)H13E1=九里学園は県大会出場

 

(米)田中瞭賀、青木凰介ー渡部拓真(九)土田央雅ー横沢星哉□本塁打=工藤聖弥(九)1号満塁(4回田中瞭賀)□三塁打=鈴木啓(米)□二塁打=土田、石川悠、横沢、渡邉(九)○(スズキ記)…5点をリードする九里学園4回の攻撃、二死から下位打線が爆発、満塁の場面で途中出場の8番工藤のランニング本塁打などで打者一巡の猛攻で8点を挙げで大勝した。

《米沢興譲館》

[遊]佐藤琉 左安 三振 一飛

[右] 森  一ゴ 二安 投ゴ

[一]鈴木啓 一ゴ 四球 中3

[捕]渡部拓 死球 中安 四球

[二]高橋大 投ゴ 遊ゴ 三振

[左]西 山 右安 右安

[三]地主宗 遊ゴ 犠打

[中]鈴木波 三振 三振

    中 地主修 

[投]田 中 三振 遊ゴ

 投 青 木

打29安6点0得1振5球2死1犠1盗1残7

◇投手

田中 3回2/3 打27安12球3死0暴0失13自10

青木       1/3 打3安1球1死0失1自1

《九里学園》

[中]石川悠 敵失 左2 三振 四球

[遊]渡 邊 犠打 二ゴ 投安 中2

[二]中 島 四球 左安 中安 二ゴ

[左]斎藤勇 二飛 敵失 

  走左  曽 我 犠飛

[投]土 田 左2 右安 四球

[三]高橋雄 中安 遊飛 左安

[一]嵐 田 左安 犠飛 四球

 一 川 上

[右]齋藤翔 三振

 右 工 藤 右安 中本=ランニング

[捕]横 沢 三振 三振 右安 

打23安13点13得14振4球4死0犠1盗3残4

◇投手

土田 5回 打23安6球1死1振5ボ1失1自0


《米沢興譲館》

 

[遊6]佐藤琉光[右9]森玄[一3]鈴木啓太[捕2]渡部拓真[二4]高橋大輝[左10]西山幹太[三6]地主宗人[中17]鈴木波琉[投11]田中瞭賀[4]地主臣人[7]柴田恭平[8]地主修平[12]宇津木暖大[13]原田健伸[14]佐藤慶太郎[15]酒井一穂[16]吉田大輝[18]青木凰介

【村山地区】

□1次予選1回戦(2020年8月30日)

山形工 200 032 000 7

山形商 001 020 002 5

(工)伊豆田大唯、有路大斗、伊豆田大唯ー阿部凌汰(商)逸見亮太、佐藤大翔、鈴木隆統ー大沼光之介□二塁打=伊豆田大唯、有路大斗(工)国井亮太朗(商)

■1次予選代表決定戦

山形東  000 015 1 7

山形中央 100 048 1 14(7回コールド)=山形中央は県大会出場

(東)宮田陽樹、菖蒲陸、黒沼涼太ー太田光祐(中)森朋哉、瀬野瞬介、本間翼ー高木楓河□二塁打=太田光祐(東)小原佳剛、本間翼(中)

《山形中央》

[左7]小原佳剛(左17・齋藤奏汰)[捕3]高木楓河[中投10]本間翼[二一4]庄司大和[右8]佐々木徳志[一19]岡崎安粋(代15・小玉康生、一13・五十嵐大地、二14・黒坂悠馬)[投1]森(投11・瀬野瞬介、中9・菅藤優成)[遊6]秋場輝空斗[三5]武田陽汰[2]土屋敬太[12]峯村京佑[16]菊地唯斗[18]井上大雅

創学館  000 040 000 4

山形城北 400 001 00× 5=山形城北は県大会出場

(創)造酒颯、牧野勇人ー藤田侑大(山)鎌田渚ー松田敬悟□三塁打=小関麗陽(山)□二塁打=後藤響(創)中村成良、鎌田渚、小関麗陽(山)

【最北地区】

□1次予選2回戦

新庄北 000 000 000 0

新庄東 000 000 001 1

(北)斉藤優ー大場康生(東)高橋朋也ー高橋琉汰□三塁打=溝越凛(北)□二塁打=井上颯(北)


【置賜地区】

1次予選1回戦(2020年8月29日/高畠町野球場)

置賜農・長井工 010 000 1 H3E4

米沢工     430 103 11(6回コールド)H9E0

(置長工)朝倉海斗ー佐藤優真、高橋颯(米)佐竹慶次朗ー大沼翔

□三塁打=高橋(置長)佐藤圭2(米)

【置長工】[投]朝倉[遊]伊藤[中]貝沼[一]高橋[捕]佐藤優[二]安部[三]平山[左]戸田[右]菅野【米沢工】[遊]熊谷[右]菅井[三]山村[捕]大沼[一]佐藤圭[左]安部馨[投]佐竹[中]小関[二]大峽

《置賜農・長井工》

[投8]朝倉海斗[遊6]伊藤聖清[中10]貝沼拓海[一3]高橋颯[捕2]佐藤優真[二4]安部龍輝[三5]平山暖人[左13]戸田悠人[右9]菅野元気[1]沖津文[7]宍戸優哉[11]遠藤潤哉[12]潟湊竣米工の5番佐藤圭内野手は3打数2安打(三塁打2本)4打点と活躍

□1次予選1回戦(2020年8月29日/米沢市営野球場)

米沢興譲館 030 140 315 17 H18E3

長井    011 012 100 6 H17E6

(米)田中瞭賀、青木凰介ー渡部拓真(長)多勢優、太田麗貴、市川晴太ー平塚壮真、多勢優、平塚壮真□三塁打=西山、森(米)□二塁打=田中、鈴木啓(米)杉山、太田、多勢(長)

【米沢興譲館】[遊]佐藤琉[中右]森[一]鈴木啓[捕]渡部拓[二]地主臣(二・藤田)[三]高橋暖[左]西山[右]地主修(代右中・鈴木波)[投]田中(代・宇津木、投・青木)○…2番森外野手4安打と大当たり【長井】[中]杉山[二]五十嵐裕[一]中川(投一・太田)[投捕投左]多勢[捕一捕]平塚[左投]市川[遊]川村[右]佐々木陽[三]孫田

【最北地区】

□1次予選1回戦(2020年8月29日/新庄市民球場)

庄神室産 000 00 0 H2E4

新庄東   142 03 10(5回コールド) H11E0

(神)佐藤洸希、影沢一成ー高嶋文也(東)高橋朋也、甲州大地ー高橋琉汰

□三塁打=地主(東)□二塁打=高橋朋、甲州、佐々木(東)

※新庄東の7番地主内野手は2打数1安打2打点と活躍

【村山地区】

□1次予選1回戦

山形学院 000 000 0 H1E2

山形城北 620 011 10(6回コールド)H13E0

(学)渡邉遥斗、木村吏玖、伊藤光輝、木村譲ー柏倉煌矢(城)鎌田渚ー松田敬悟

□二塁打=伊東、菊地怜(城)※山形城北の先発鎌田が1安打無失点に抑える。

【置賜地区】

□2回戦(2020年8月29日/米沢市営野球場)

九里学園 467 12 20(5回コールド)H15E0

南陽   002 00 2     H3E3

(九)鈴木幸永、加藤己雄、土田央雅ー土田央雅、横沢星哉(南)竹田翌桧、齋藤健斗ー齋藤健斗、竹田翌桧□二塁打=中島諒樹、土田央雅、嵐田紘斗、梅津大生、曽我元城(九)齋藤健斗(南)

【九里学園】[中8]石川悠太0/1[遊6]渡邊響希1/2(遊・渡部1/1)[二4]中島諒樹3/4[捕2]土田央雅2/3[左7]齋藤勇斗0/2(投・加藤己0/0、代捕・横沢0/0)[三5]高橋雄大2/3(三・金子龍0/1)[一5]嵐田紘斗1/2(一・川上1/1)[右3]齋藤翔生2/3[投10]鈴木幸永0/1(代・梅津1/1、走左11・曽我元城1/2)[1]工藤聖弥[12]横沢星哉[13]川上烈弥[14]加藤陽[15]金子龍斗[16]渡部翔太[18]加藤己雄[19]佐山大介[20]佐野□斗

【南陽】[三5]小松智也[二4]川野智也[捕投1]齋藤健斗[遊6]時田健斗[一3]安部貴翔[投捕2]竹田翌桧[中8]遠藤堅士[左7]山内祐星[右11]高取龍正[9]坂本迅[10]小野寺亜蓮

□2回戦(2020年8月29日/高畠町野球場)

高畠・米沢東 010 00 1 H3E3

米沢中央   211 61 11(5回コールド)H11E1

 (高米)竹田聖、大沼誠弥ー齋藤大哉(米)高橋拓巳ー飯塚雅広□三塁打=稲田(米)

【高畠米沢東】[三5]横山陽季1/2[遊投6]大沼誠弥0/2[投遊1]竹田聖0/3[一3]佐藤優月0/2[捕2]齋藤大哉1/2[二4]安部陸0/1[中9]田村光1/2[左8]和田和哉0/2[右7]丹野颯太0/1(代9・10島津優騎0/1)[11]佐藤大誠[12]白瀬海翔

【米沢中央】[遊6]高橋楽音1/2(遊11・金田壱吹1/2)[左7]稲田陸大2/3[中8]宇内虎汰朗0/3[三3]宮内和音1/3[投5]高橋拓巳1/3[二4]五十公野海輝1/3[一18]池田□貴1/3[右19]須藤星名1/2[捕2]飯塚将大2/3[1]池野拳[9]我妻龍樹[10]五十嵐風音[12]今井朝日[13]田中大翔[14]竹田颯斗[15]梅津凌雅[16]濱邊航[17]釜田悠平[20]中鉢拓斗

【村山地区】

□1次予選1回戦(2020829日/荘銀日新第二球場)

上山明新館 000 000 0 0 H2E2

山形南   302 010 1 7(7回コールド)H14E1

(上)山口祥吾、齋藤颯ー渡邉拓磨(山)名和楓ー池田充輝

□三塁打=佐藤琉2(山)□二塁打=高橋瞭、石沢(山)※山形南の7番佐藤琉外野手は3塁打2本を含む3打数3安打と活躍。

山形明正 000 002 004 6 H10E2

寒河江工 000 130 000 4 H6E1

(山)大島倭、横山悟ー大浦麗央(寒)武田隆之介ー早坂雄太、奥山海翔

□三塁打=海藤2(山)設楽拓(寒)□二塁打=金沢、木村、大浦(山)設楽怜(寒)

左 沢 000 00 0

山形東 401 24 11(5回コールド)

(左)大江聡太ー阿部大介(山)宮田陽樹ー太田光祐□本塁打=宮田陽樹2(山)□三塁打=太田光祐、黒沼涼太、山田龍翔(山)□二塁打=阿部大介(左)

寒河江  115 204 0 13(7回コールド)

山本学園 051 000 0 6

(寒)小林碧生、後藤俊ー岩井龍海(山)菅井信也、佐藤航太、倉兼瑠夏ー丹野大輝□三塁打=菅井信也(山)□二塁打=阿部耕大(寒)

創学館   520 53 15(5回コールド)

天童・谷地 000 00 0

(創)牧野勇人、早坂翔空、細矢星音ー藤田侑大(天谷)大泉友優、榎本蒼太、大泉友優ー鈴木励□三塁打=安食龍之介、藤田侑大、八嶋琉太(創)□二塁打=安食龍之介、藤田侑大、石川侑弥(創)

山形商ー山形工(※降雨ノーゲーム)

【庄内地区】

□代表決定戦(2020年8月29日/鶴岡市小真木原野球場ドリームスタジアム)

酒田西  200 000 3 5 H8E1

酒田光陵 112 200 6 12(7回コールド)H13E1=酒田光陵は県大会出場

(西)佐藤和真、加藤寿典ー渋谷和人(光)佐藤快ー庄司尚史

 □二塁打=阿部玄、五十場、相蘇(光)【酒田光陵】[中]森屋[左]阿部玄[右]池田[一]佐藤康(一・五十場)[捕]庄司[三]石川[二]本間(二・田沢)[投]佐藤快(代・高橋)[遊]後藤(代・相蘇)

鶴岡工 000 020 010 0 3

酒田東 000 002 001 1 4(延長10回)=酒田東は県大会出場

(鶴)佐藤瑠架ー本間星凪(酒)伊藤鴻志ー村上清和□二塁打=中村充希、伊藤鴻志(酒)


【庄内地区】2次予選1回戦(2020年8月23日/酒田市光ヶ丘野球場)

酒田西       100 430 003 11(H11E2)

鶴岡中央・庄内総合 311 010 220 10(H16E4)

(酒)佐藤和真、加藤寿典ー渋谷和人(鶴・庄)進藤朱希也、佐藤拓海ー岡部太陽□三塁打=五十嵐2(鶴・庄)□二塁打=加藤、伊藤、村上(酒)武田、中野(鶴・庄)

□1次予選代表決定戦(2020年8月23日/鶴岡市小真木原野球場)

酒田光陵 010 010 0 2(H5E2)

羽  黒 000 026 1 9(H14E2)(7回コールド)※羽黒は県大会出場

(酒)松本進吾、森屋晴琉ー高橋末瑞紀(羽)高橋虎太郎、須藤舜聖ー高橋柊太□二塁打=石川(酒)太田篤2、池田玲、鈴木響、川田(羽)

【酒田光陵先発出場】[中]森屋[左]阿部玄[右]池田[一]佐藤康[遊]庄司[捕]高橋[三]石川[投]松本[二]田沢【羽黒先発出場】[左]池田玲[中]鈴木響[遊]菅井[三]川田[捕]高橋柊[二]太田篤[一]伊東玲[投]高橋虎[右]小野

□1次予選代表決定戦(2020年8月23日/酒田市光ヶ丘野球場)

酒田南 120 022 7 14(H18E1)(7回コールド)※酒田南は県大会出場

酒田東 210 100 0 4(H8E2)

(南)佐藤元基、田村朋輝ー田代悠力(東)土田英明、伊藤鴻志ー村上清和□三塁打=森2、毛利(南)中村2(東)□二塁打=田代、毛利、西田、仮屋園、関田(南)清野(東)

【酒田南先発出場】[右]松谷[遊]西田[二]森[左]青木[中]大井[一]加藤[投]佐藤[三]毛利【酒田東先発出場】[左]国分[二]鈴木健[中]中村[捕]村上[三]佐藤都[投]土田[遊]清野[一]伊藤[右]齋藤嵩

□2次予選1回戦(2020年8月23日/鶴岡市小真木原野球場)

鶴岡南 100 100 100 3(H11E2)

鶴岡工 210 230 00× 8(H9E2)

 (南)今野紫雲ー工藤楓也(工)佐藤瑠架ー本間星凪□三塁打=工藤楓(南)□二塁打=上野2(南)粂(工)

【庄内地区予選】

◇1次予選1回戦(2020年8月22日/鶴岡市小真木原野球場ほか)

鶴岡南 000 000 0

羽 黒 400 501 10(6回コールド)

(鶴)小野颯太、今野紫雲ー工藤楓也(羽)富樫鼓動ー高橋柊太□二塁打=伊藤玲、鈴木響太、池田玲央、川田海(羽)

酒田光陵 010 020 302 8

鶴岡工  020 012 000 5

(酒)佐藤快、池田凱斗、森屋晴琉ー高橋未瑞紀(鶴)佐藤瑠架ー本間星凪□二塁打=佐藤康介、田沢天磨(酒)鈴木颯2(鶴)

酒田東 390 44 20(5回コールド)

酒田西 300 01 4

(東)伊藤鴻志、土田英明ー村上清和(西)加藤寿典、佐藤和真ー渋谷和人□三塁打=佐藤郁吹、伊藤鴻志、国分秀斗、中村充希(東)□二塁打=伊藤鴻志2、斎藤嵩拓(東)佐藤和真(西)

鶴岡中央・庄内総合 000 00 0

酒田南       711 01 10(5回コールド)

(鶴・庄)進藤朱希也、岡部太陽、佐藤拓海ー岡部太陽、進藤朱希也、岡部太陽(酒)伊藤蓮、菅原雪洲ー田代悠力、松本李月□三塁打=伊藤蓮(酒)□二塁打=小野寺(鶴・庄)


 ■池江さんが目標タイムを突破【競泳女子】

白血病からの復活を目指す競泳女子の池江璃花子さん(20=所属・ルネサンス)が2020年8月29日(土)、東京辰巳国際水泳場で行われた東京都特別水泳大会女子50㍍自由形に出場しました。レース復帰は昨年1月の三菱養和スプリント以来約1年7カ月ぶりでしたが、26秒32の好タイムで同5組目1着でした。日本学生選手権(10月2~4日)の標準記録26秒86を突破し、目標にしていた同大会への出場権も得ました。池江さんは昨年12月に退院し、今年3月に406日ぶりにプールに入りました。緊急事態宣言解除後は通院治療を継続しながら週4回程度のペースで練習を行ってきましたが、所属する日本大学水泳部がコロナ感染者を出してしまい活動休止に。7月末から練習を中断していました

女子100㍍を制したのは立命館慶祥高の石堂陽奈選手
女子100㍍を制したのは立命館慶祥高の石堂陽奈選手

富士北麓ワールドトライアル2020(2020年9月6日/山梨県富士北麓公園陸上競技場)

【男子】

□ウォームアップ100㍍タイムレース[1]ケンブリッチ飛鳥(ナイキ)10秒13[2]竹田一平(スズキ)10秒30[3]小池祐貴(住友電工)10秒33□100㍍タイムレース[1]飯塚翔太(ミズノ)10秒25[2]竹田一平(スズキ)10秒33[3]九鬼巧(NTN)10秒55□ウォームアップ200㍍[1]原翔太(スズキ)20秒97□200㍍タイムレース[1]小池祐貴(住友電工)20秒76[2]原翔太(スズキ)20秒91□400㍍タイムレース[1]佐藤風雅(那須環境技術センター)46秒15□110㍍障害[1]増野元太(メイスンワーク)13秒69□400㍍障害[1]豊田将樹(富士通)49秒63□走り高跳び[1]赤松諒一(アワーズ)2㍍15□走り幅跳び[1]津波響樹(大塚製薬)7㍍88□三段跳び[1]池畠旭佳瑠(駿河台大AC)16㍍62□砲丸投げ[1]須田裕太郎(国士舘ク)16㍍33

【女子】

□ウォームアップ100㍍[1]石堂陽奈(立命館慶祥高)11秒85[2]高橋明日香(アスレティクス・ジャパン)11秒97[3]鶴田玲美(南九州ファミリーマート)11秒99[4]細谷優美(阿見AC)12秒10[5]久保山晴菜(今村病院)12秒12[6]御家瀬緑(住友電工)12秒16[7]柴山沙也香(NTN)12秒23[8]福島千里(セイコー)12秒31[9]竹内爽香(渡辺パイプ)12秒46[10]峯松甘夏(山梨学院大)12秒64

□100㍍タイムレース[1]石堂陽奈(立命館慶祥高)11秒65[2]高橋明日香(アスレティクスJ)11秒78[3]名倉千晃(NTN)11秒83[4]安達茉鈴(京都高)11秒84[5]和田麻希(ミズノ)11秒89[6]田中きよの(駿河台大)11秒95[7]細谷優美(阿見AC)12秒02[8]久保山晴菜(今村病院)12秒02[9]柴山沙也香(NTN)12秒15[10]福島千里(セイコー)12秒27

□ウォームアップ200㍍[1]青山聖佳(大阪成蹊AC)24秒11□200㍍タイムレース[1]鶴田玲美(南九州ファミマ)23秒81□400㍍[1]青山聖佳(大阪成蹊AC)53秒41□100㍍障害[1]藤原未来(住友電工)13秒36

 

□走り幅跳び[1]ヘンプヒル恵(アトレ)6㍍18

■100男はケンブリッジが10秒03で優勝

陸上のナイトゲーム・イン福井は2020年8月29日(土)、福井市の福井県営陸上競技場で行われました。男子100㍍はケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が追い風1.0㍍の決勝で日本歴代7位に並ぶ10秒03の好記録で優勝しました。桐生祥秀(日本生命)が10秒06で2位、小池祐貴(住友電工)が10秒19で3位、4位には10秒41の多田修平(住友電工)が入りました。女子100㍍障害は2.1㍍の追い風参考で12秒87をマークした青木益未(七十七銀行)が優勝、12秒97の日本記録保持者の寺田明日香(パソナグループ)は12秒93で2位。寺田は予選でも追い風参考ながら12秒92と好調でした。男子110㍍障害(追い風1.4㍍)は金井大旺(ミズノ)が日本歴代2位の13秒27で優勝しました。

■女子1500m田中が日本新で優勝

■注目の男子100mは桐生が制する

 陸上のセイコー・ゴールデングランプリが2020年8月23日(日)、東京・国立競技場で開かれ、男子100㍍は前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)が向かい風0・2㍍の決勝を10秒14で優勝。ケンブリッチ飛鳥(ナイキ)は0秒02差で2位。多田修平(住友電工)は10秒37で6位、小池祐貴(住友電工)は8位だった。山県亮太(セイコー)は予選敗退に終わった。女子1500㍍で田中希実(豊田自動織機TC)が4分5秒27の日本新記録で優勝。小林祐梨子さんが2006年に記録した4分7秒86を14年ぶりに塗り替えた。女子100㍍障害はママさんハードラー寺田明日香(パソナグループ)が13秒03で優勝した。男子やり投げでは、不振だったディーン元気(ミズノ)が84㍍05で優勝した。

《コロナ対策》来夏の東京五輪会場となる国立競技場では今回が初めての本格的な陸上競技会で、新型コロナウイルス感染防止のため無観客で行われた。

■男子100㍍[1]桐生祥秀(日本生命)10秒14=写真=

桐生祥秀選手の話

ここで勝ち切れたことが大きな収穫。今後のレースにつながる。アベレージを上げ、ベストも狙っていきたい。

[2]ケンブリッチ飛鳥(ナイキ)10秒16

[3]竹田一平(スズキ)10秒30[日=サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)9秒98]

■男子200㍍[1]飯塚翔太(ミズノ)20秒74[2]原翔太(スズキ)20秒97[3]染谷佳大(中大)20秒97[5]山下潤(ANA・福島県)21秒18[日=末続慎吾(ミズノ)20秒03]

■男子400㍍[1]伊東利来也(早大)45秒83[2]小渕瑞樹(登利平AC)46秒25[3]井本佳伸(東海大)46秒67[日=高野進(東海大クラブ)44秒78]

■男子800㍍[1]金子魅玖人(中大)1分47秒30[2]松本純弥(法大)1分47秒48[3]瀬戸口(山梨学院大)1分48秒54[日=川元奨(日大)1分45秒75]

■男子1500㍍[1]館沢亨次(横浜DeNA)3分41秒07[2]楠康成(阿見AC)3分41秒39[3]的野遼大(MHPS)3分42秒02[日=小林史和(NTN)3分37秒42]

■男子110㍍障害[1]金井大旺(ミズノ)13秒45[2]村竹ラシッド(順大)13秒65[3]高山峻野(ゼンリン)13秒74[日=高山峻野(ゼンリン)13秒25]

■男子400㍍障害[1]安部孝駿(ヤマダ電機)49秒31[2]豊田将樹(富士通)49秒82[3]山本竜大(日大)50秒34(日=為末大(法大)47秒89)

■男子走り高跳び[1]衛藤昴(味の素AGF)2㍍27[2]真野友博(九州電工)2㍍24[3]戸辺直人(JAL)2㍍24(日=戸部直人(つくばツインピークス)2㍍35)

■男子棒高跳び[1]山本聖途(トヨタ自動車)5㍍60[2]江島雅紀(日大)5㍍50[3]沢慎吾(きらぼし銀行)5㍍40[日=沢野大地(ニシスポーツ)5㍍83]

■男子走り幅跳び[1]橋岡優輝(日大)7㍍96[2]津波響樹(大塚製薬)7㍍76[3]城山正太郎(ゼンリン)7㍍71[日=城山正太郎(ゼンリン)8㍍140]

■男子やり投げ[1]ディーン元気(ミズノ)84㍍05[2]新井涼平(スズキ)81㍍02[3]寒川建之介(奈良陸協)78㍍55[日=溝口和洋(ゴールドウィン)87㍍60]

◇やり投げ優勝 ディーン元気(ミズノ)

2012年ロンドン五輪代表のディーン元気が復活した。最終の6投目で84㍍05のビックスローを出した。2012年4月の84㍍28に次ぐ自身2位ベスト。81㍍02でトップを走っていた新井涼平(スズキ)を逆転し、復活優勝を果たした。7年ぶりに80㍍超えで、雄叫びをあげ両手でユニホームを引きちぎり上半身裸に。感極まって涙もみせた。

「今日は100点満点です。(感情の爆発は)ゆるしてください。ユニホームをやぶっちゃって怒られる…」と相次ぐケガに泣かされ続けてたディーン元気は喜びの涙で、復活ののろしを上げた。

□女子1500㍍

[1]田中希実(豊田自動織機・同大←西脇工高出)4分5秒27=日本新=写真=

[2]卜部蘭(積水化学)4分11秒75

[3]萩谷楓(エディオン)4分13秒14[日=小林祐梨子(兵庫・須磨学園高)4分7秒86]

田中希実選手の話

無心で走った。レース自体は記憶にない。記録を出せてうれしい。安心した。来年は東京五輪がここである。今日みたいにいい走りをしたい。

□女子走り幅跳び

[1]秦澄美鈴(シバタ工業)6㍍24[2]高良彩花(筑波大)6㍍22[3]中野瞳(和食山口)5㍍96[日=池田久美子(スズキ)6㍍86]

□女子やり投げ[1]北口榛花(JAL)59㍍38[2]斉藤真理菜(スズキ)58㍍64[3]佐藤友佳(ニコニコのり)57㍍95[日=北口榛花(日大)66㍍00]

□女子400㍍障害[1]関本萌香(早大・秋田)57秒51[2]イブラヒム愛紗(札幌国際大)[3]小山(早大)[9]王子田萌(NDソフトウェア・山形)1分03秒18[日=久保倉里美(新潟アルビレックス)55秒34]

□女子100㍍障害[1]寺田明日香(パソナグループ)13秒03[2]青木益未(七十七銀行・宮城)13秒09[3]清山ちさと(いちご)13秒19[7]紫村仁美(東邦銀行・福島)13秒36[日=寺田明日香(パソナグループ)12秒97]

寺田明日香選手の話 新しい国立で走れる機会はないので、体に覚え込ませたいと思った。すごく走りやすかった。[日本記録更新の手応えを聞かれ]あります、あります。[と即答]

□女子100㍍[1]兒玉芽生(福岡大)11秒62[2]鶴田玲美(南九州ファミリーマート)11秒72[3]石堂陽奈(北海道・立命館慶祥高)11秒86[5]青山華依(大阪・大阪高)11秒97[7]御家瀬緑(住友電工)12秒01[日=福島千里(北海道ハイテクAC)11秒21]

□女子400㍍[1]青山聖佳(大阪成蹊AC)53秒35[2]松本奈菜子(東邦銀行・福島)53秒80[3]大島愛梨(中大)53秒97[4]広沢真愛(東邦銀行・福島)54秒61[5]武石この実(東邦銀行・福島)54秒63[日=丹野麻美(ナチュリル)51秒75]

□女子800㍍[1]川田朱夏(東大阪大)2分5秒60[2]塩見綾乃(立命大)2分06秒24[3]広田有紀(新潟アルビレックス)2分06秒86[日=杉森美保(京セラ)2分00秒45]

□女子3000㍍障害[1]吉村玲美(大東大)9分54秒50[2]石沢ゆかり(エディオン)9分55秒98[3]秋山祐妃(大東大)9分58秒31[10]三浦佳奈(東北福祉大)10分42秒66[日=早狩実紀(京都光華AC)9分33秒93]

大会MVPは青木益未(七十七銀行)を選出

 

2018年日本選手権女子100㍍障害を制した青木益未(七十七銀行)が、追い風参考ながら日本記録(寺田明日香=12秒97)を上回る12秒87で優勝した。日本記録保持者の寺田明日香(パソナグループ)、13秒13の自己ベストを持つ清山ちさと(いちご)を退けた。予選でも日本歴代6位タイとなる13秒08をマークするなど好調だ。青木は今年から練習環境を変え、男子110㍍障害日本記録保持者の高山峻野(ゼンリン)を指導する金子公宏コーチに師事している。高山と共に練習を続け、いい刺激を受けている。自身の課題として「インターバルとハードリングをもっとパワフルに。そして苦手意識のある1台目までを安定させること」。これを克服し、その先に日本記録の更新、東京五輪の参加標準記録(12秒84)の突破をある。

今季、自己記録を0秒41短縮で急成長の鶴田

 

今春、大東文化大を卒業し、拠点を地元の鹿児島に移した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)の成長が著しい。8月下旬のセイコーゴールデングランプリでは100㍍で11秒72をマークして、昨年日本選手権ファイナリストがそろえる中、兒玉芽生(福岡大3年)に続いて2位に入った。立て続けに自己記録を更新して臨んだ今大会、さらにタイムを短縮してみせた。決勝では11秒48で、ついに優勝を飾った。2以下には壹岐あいこ(立命館大2年)11秒62、湯浅佳那子(三重県スポ協)11秒65、三浦由奈(筑波大1年)11秒67で続いた。※ここまで大会新記録。「驚きもありますが、強い選手たちと走って(11秒)4台は自信になります。前半で力を使わなくなり、持ち味である後半につなげることができるようになりました」と急成長要因を明かしました。

■2020年山形県陸上選手権

(2020年8月29日〜30日/天童市のNDソフトスタジアム山形)※記録は上位3名と置賜関係6位までの結果

【男子】

□100㍍[1]軽部恭矢(山形大)10秒63[2]工藤雄斗(同)[3]羽柴穣之介(米沢中央高2)10秒83

□400㍍[1]市川日向(山形中央高)49秒17[2]清水裕貴(同)[3]奥村翔(山形大)

□1500㍍[1]佐藤雄志(鶴岡市陸協)3分57秒41[2]鈴木博斗(同)[3]佐藤伶音(東海大山形高)

□1万㍍[1]照井明人(NDソフト)31分34秒83[2]渡辺清紘(同)33分47秒50

□110㍍障害[1]古川裕太郎(山形市陸協)14秒40[2]伊藤健治(酒田光陵高)[3]伊藤和弘(山形大)[4]齋藤兼信(九里学園高)15秒29

□400㍍リレー[1]米沢中央高(後藤大和、羽柴穣之介、瀧口和寿、駒村裕太)41秒82[2]山形中央高[3]九里学園高(橋本、五十嵐、大河原、紺野)42秒99

□5000㍍競歩[1]山田康太(南陽東置賜陸協)22分30秒06=4連覇[2]新井佑生(東海大山形高)[3]井上大樹(山形大)

□走り高跳び[1]森祥久(山形南高)1㍍96[2]矢作大輔(山形大)[3]安田直輝(同)

□棒高跳び[1]石川星河(日大)4㍍70=4連覇[2]宮内敦史(仙台大)[3]犬飼匠(山形中央高)

□三段跳び[1]柏倉康平(山形市陸協)15㍍44=5連覇[2]松田基(筑波大)[3]横山湧大(山形中央高)[4]酒井比呂(九里学園高)13㍍81

◎…柏倉が最終試技の6回目に15㍍44を出して松田を逆転して優勝した。柏倉選手は今春山形大学を卒業、勤務後や休日を利用しての個人練習が中心と新たな競技人生をスタートさせました。目標は楯岡高時代の恩師、佐藤孝夫山形中央高監督の持つ県記録16㍍01の更新です。この記録は35年間破られておりません。

□円盤投げ[1]小口郁生(山形TFC)34㍍23[2]星川翔汰(新庄東高)[3]関開誠(米沢中央高)38㍍89[5]佐久間涼(同)34㍍22

□ハンマー投げ[1]佐藤大作(山形TFC)49㍍73[2]今野亮(KAC)48㍍05[3]長瀬卓也(国際武道大)

□高校ハンマー投げ[3]舟山京祐(米沢中央高)42㍍77[5]武者尚希(九里学園高)37㍍56

【女子】

□100㍍[1]岡田悠(山形大1・山形中央高出)11秒85=追い風参考[2]阿部璃音(山形中央高3)[3]大友茉奈美(九里学園高3)12秒26

□400㍍[1]永井皓理(米沢中央高)1分0秒00[2]佐藤愛奏(酒田南高)[3]笹川愛琉(米沢中央高1)1分01秒64[6]永岡莉奈(同)1分02秒91

□1500㍍[1]狩野琉姫(山形城北高3)4分45秒62[2]渡部莉奈(同)[3]小林遼緒(九里学園高)4分49秒45

□100㍍障害[1]高橋夢華(九里学園高3)13秒93[2]阪希望(山形大1・山形中央高出)[3]柏倉うみ(山形中央高1)

□400㍍リレー[1]山形中央高(赤坂美玲1、阿部璃音3、柏倉うみ1、池田遍1)47秒49[2]九里学園高(高橋美2、大友3、浦田2、高橋夢3)48秒64[3]山形商高[4]米沢中央高(佐藤千、永井、笹川、渡部結)50秒12

□5000㍍競歩[1]丸川和紗(長井高)28分12秒07[2]安部七海(同)28分20秒52

□走り高跳び[1]武田萌伽(山形大)1㍍70=4連覇[2]前田海藍(鶴岡中央高)[3]小林琉奈(九里学園高)1㍍50

□三段跳び[1]高橋かおり(KAC・山形大出・九里学園高出)12㍍22=5連覇[2]情野ひなた(山形大1・九里学園高出)[3]小林琉奈(九里学園高)11㍍20[6]石川舞桜(同)10㍍40

□円盤投げ[1]斎藤早希(庄内AC)38㍍17[2]寺崎真央(山形中央高)[3]日塔蓮(同)[6]竹田樺音(九里学園高)25㍍96

□ハンマー投げ[1]後藤雅奈(山形中央高)44㍍56[2]塩野紗矢(山形TFC・米沢短期大学出)[3]青木純子(同)[4]竹田樺音(九里学園高)31㍍33[6]高橋愛華(同)28㍍17

【男子】(2020年8月30日最終日)

□200㍍[1]瀬田博貴(山形大)21秒93[2]軽部恭矢(同)[3]伊藤輝(同)[5]羽柴穣之介(米沢中央高)22秒45

□800㍍[1]市川慶伍(東海大山形高)1分54秒21[2]渡辺光(新庄地区陸協)[3]伊藤慎之介(九里学園高)1分55秒59

□5000㍍[1]齋藤諒(NDソフト)14分31秒90[2]森谷修平(山形市役所AC)[3]佐藤雄志(鶴岡市陸協)[5]熊倉優介(NDソフト)14分53秒15

□400㍍障害[1]永井桂大(新潟医療福祉大)53秒31[2]紺野稜真(九里学園高)53秒79[3]斎藤兼信(同)53秒84

□3000㍍障害[1]田中楓(NDソフト)9分19秒41[2]草苅成海(東海大山形高)[3]結城吉人(同)[4]小針旭人(NDソフト)9分45秒95

□5000㍍競歩[6]竹田真緒(九里学園高)24分35秒20

□1600㍍リレー[1]米沢中央高(松田夢大、駒村悠太、瀧口和寿、羽柴穣之介)3分18秒81=5連覇[2]山形中央高[3]九里学園高(五十嵐、紺野、菊地、齋藤)3分23秒10

□走り幅跳び[1]宮内勝史(酒田市陸協)7㍍07[2]柏倉康平(山形市陸協)[3]駒村悠太(米沢中央高)6㍍95[5]殿岡稟太郎(沖郷中)6㍍60

□砲丸投げ[1]高橋辰寿(筑波大)11㍍72[2]佐藤大作(山形TFC)[3]星川翔汰(新庄東高)□高校砲丸投げ[5]武者尚希(九里学園高)11㍍97[6]齊藤唯斗(米沢中央高)11㍍69

□やり投げ[1]宮田涼(山形市役所AC)60㍍85[2]宮田航(西村山陸協)[3]伊藤貴陽(東桜学館高)[6]矢口靖文(米沢中央高)51㍍46

【女子】

□200㍍[1]阿部璃音(山形中央高)24秒86[2]大友茉奈美(九里学園高)[3]赤坂美玲(山形中央高)[大会記録=23秒97=茂木麻子・日大山形高/1992年・45回][県記録=23秒61=青野朱李・山形中央高/2018年]

□800㍍[1]吉田愛(山形商高)2分17秒85[2]小林遼緒(九里学園高)2分18秒46[3]加藤結(米沢中央高)2分19秒01[大会記録=2分08秒96=熊坂香織・スポーツ山形21/2008年・61回][県記録=2分06秒52=熊坂香織・スポーツ山形21]

□5000㍍[1]本間未来(北村山地区陸協)19分3秒34

□400㍍障害[1]阪希望(山形大)1分2秒31[2]高橋夢華(九里学園高)1分02秒59[3]佐藤愛奏(酒田南高)[5]永井皓理(米沢中央高)1分06秒43[6]石川舞桜(九里学園高)1分06秒95

□3000㍍障害[1]加藤恋鶴岡南高)11分26秒21[2]岩崎愛花(山形城北高)[3]星美月(東海大山形高)

□1600㍍リレー[1]山形中央高赤坂美玲、柏倉うみ、池田遍、阿部璃音)3分53秒00[2]九里学園高(川崎、大友、小林遼、高橋夢)3分55秒35[3]米沢中央高(永井、加藤、笹川、渡部)4分02秒04

□棒高跳び[1]杉沼凛穂(山形大)3㍍70=大会新・3連覇(3㍍51、)[2]今井颯希(山形五中)3㍍10=県中最高[3]上村栞凪(山形商高)○…杉沼選手は大会新記録で優勝したが、自身の持つ県記録(3㍍90)に迫ることができず、「全然だめ、焦りすぎた」と反省の言葉を。「4㍍の壁を超えれば、新たな世界が見えてくるはず」と意欲は尽きない。

□走り幅跳び[1]高橋かおり(KAC)5㍍47=2連覇[2]本間優羽(鶴岡四中)[3]遠藤奈那(山形中央高)

□砲丸投げ[1]斎藤早希(庄内AC・東女体大出)12㍍71=2連覇[2]寺崎真央(山形中央高)[3]後藤雅奈(同)

□やり投げ[1]小川悠(山形TFC・置賜農高出)38㍍79[2]石川一沙(東海大山形高)[3]日塔蓮(山形中央高)


■2020年度置賜地区高校新人体育大会陸上競技大会

(2020年8月22-23/米沢市営陸上競技場)※上位5位までの成績

2019年度置賜地区高校新人体育大会陸上競技大会結果

【男子】

□100㍍[1]羽柴穣之介(米中2)10秒99[2]五十嵐響(九里2)11秒05[3]瀧口和寿(米中2)11秒28[4]今順聖(米中2)[5]橋本羽陽(九里1)

□200㍍[1]羽柴穣之介(米中2)21秒93[2]五十嵐響(九里2)22秒13[3]瀧口和寿(米中2)[4]佐野天飛(小国2)[5]佐藤駿介(米中2)

□400㍍[1]佐野天飛(小国2)51秒17[2]佐藤駿介(米中2)51秒46[3]渡部稜介(長井2)52秒99[4]菊地聖也(九里1)[5]土屋諒馬(同)

□800㍍[1]渡部稜介(長井2)2分04秒7[2]土屋諒馬(九里1)2分07秒09[3]高橋陽飛(同)2分08秒25[4]木村力(長井2)[5]小形侑斗(米工)

□1500㍍[1]塩野憲治(米中2)4分11秒93[2]丸子晴樹(米興2)4分19秒56[3]渡部広大(九里1)4分19秒62[4]小浅陽佳(同)[5]小形侑斗(米工)

□5000㍍[1]塩野憲治(米中2)15分59秒92[2]佐藤葵(同)16分13秒55[3]丸子晴樹(米興2)16舟17秒28[4]東脇凌海(九里2)[5]竹田真緒(同)

□110㍍障害[1]紺野稜真(九里1)15秒03[2]鈴木偉流(長井2)19秒66[3]高橋優陽(米工)21秒48◎…紺野が昨年の優勝タイム16秒37(長井の佐々木俊輔選手)を大幅に縮める15秒03で初優勝を飾った

□400㍍障害[1]紺野稜真(九里1)54秒66[2]齋藤兼信(同2)55秒66[3]井上颯(米中2)1分01秒62[4]高橋拓夢(同)[5]鈴木偉流(長井2)

□3000㍍障害[1]佐藤葵(米中2)10分00秒63[2]東脇凌海(九里2)10分17秒58[3]小野亨太(長井2)10分24秒10[4]佐藤永都(九里1)[5]渡部広大(同)

□5000㍍競歩[1]竹田真緒(九里2)25分22秒52[2]吉崎優太(長井2)27分47秒50[3]飯沢雅人(九里1)28分49秒21[4]宮崎綜真(同)[5]山口晃冬(長井2)

□400㍍リレー[1]九里(橋本、五十嵐、齋藤、紺野)42秒73[2]米中43秒63[3]米工45秒25[4]長井[5]米興

□1600㍍リレー[1]九里(菊地、五十嵐、齋藤、紺野)3分23秒73[2]米中3分34秒05[3]長井3分40秒87[4]米興[5]米工

□走高跳[1]今順聖(米中2)1㍍86[2]武田克則(米工2)1㍍70[3]齋藤希龍(米中1)1㍍65[4]須□祥太(米東1)[5]西長嵩良(米中1)

□走幅跳[1]駒村悠太(米中2)6㍍75[2]高山登唯(九里1)6㍍45[3]佐藤希良(同)6㍍22[4]後藤大和(米中1)[5]寒河江正和(米興2)◎…昨年大会新記録の6㍍74を出した駒村が、更新する6㍍75で2連覇した。

□三段跳[1]高山登唯(九里1)13㍍11[2]駒村悠太(米中2)12㍍72[3]佐藤希良(九里1)12㍍46[4]菅桜太郎(長井2)[5]後藤大和(米中1)

□砲丸投げ[1]武者尚希(九里2)11㍍87[2]齋藤唯斗(米中1)11㍍65[3]関開誠(米中2)10㍍00[4]今野優希(小国2)[5]大浦健太郎(米工1)

□円盤投げ[1]関開誠(米中2)36㍍65[2]矢口靖文(米中2)32㍍64[3]舟山京佑(米中2)32㍍56[4]齋藤唯斗(同1)[5]大浦健太郎(米工1)◎…関は昨年優勝の34㍍57を大きく更新する36㍍65で2年連続の優勝。

□ハンマー投げ[1]舟山京佑(米中2)43㍍23[2]武者尚希(九里2)43㍍17[3]高橋蓮(米中1)23㍍51[4]佐藤康太(同)

□やり投げ[1]矢口靖文(米中2)53㍍76=2連覇[2]今野優希(小国2)46㍍48[3]淀野海翔(置農1)38㍍58[4]福永颯太(九里1)[5]佐藤康太(米中1)◎…矢口が昨年優勝記録44㍍99を超える53㍍76で2連覇を達成した。

◆4冠 紺野稜真 110mH、400mH、4×100mR、4×400mR

◆2冠 塩野憲治 1500m、5000m

◆2冠 羽柴穣之介 100m、200m

【女子】

□100㍍[1]浦田莉奈(九里2)13秒07[2]笹川愛琉(米中1)13秒14[3]高橋美羽(九里2)13秒17[4]川合世蘭(米興2)根岸志帆(長井2)

□200㍍[1]浦田莉奈(九里2)26秒45[2]高橋美羽(同)27秒18[3]笹川愛琉(米中1)27秒46[4]遠山美咲(米商1)[5]永岡莉奈(米中2)◎…浦田が100m、200mの2種目で初優勝を飾った。リレーでもチーム(九里)の優勝に貢献した。

□400㍍[1]川崎莉佳(九里2)59秒22[2]永井皓理(米中2)1分00秒26[3]加藤結(米中1)1分00秒44[4]永岡莉奈(同2)[5]佐藤莉々輝(置農2)◎…昨年優勝の永井(1分00秒54)が川崎に敗れ、2連覇を逃した。

□800㍍[1]加藤結(米中1)2分19秒52[2]菅野愛夏(九里1)2分24秒21[3]寺嶋悠葉(同2)2分25秒85[4]中嶋ひまり(同2)[5]吉田陽乃(米興1)

□1500㍍[1]菅野愛夏(九里1)4分52秒47[2]中嶋ひまり(同2)5分02秒08[3]舩山明莉(米興1)5分02秒55[4]寺嶋悠葉(九里2)[5]吉田陽乃(米興1)

□3000㍍[1]舩山明莉(米興1)10分57秒35[2]丸川和紗(長井2)11分21秒82[3]中村咲楽(九里1)11分59秒53

□100㍍障害[1]石川舞桜(九里2)16秒38[2]高橋美羽(同)16秒65[3]竹田樺恋(同)18秒04

□400㍍障害[1]永井皓理(米中2)1分04秒97[2]川崎莉佳(九里2)1分06秒44[3]高橋美羽(同)1分07秒80[4]五十嵐陽香(長井1)

□5000㍍競歩[1]丸川和紗(長井2)28分49秒47[2]安部七海(同)28分59秒81◎…丸川は昨年2000㍍障害で優勝した。

□400㍍リレー[1]九里(川崎、浦田、石川、高橋)50秒04[2]米中50秒42[3]長井52秒12[4]米興

□1600㍍リレー[1]九里(高橋、浦田、石川、川崎)4分00秒67[2]米中4分01秒21[3]米興4分26秒32[4]長井

□走高跳[1]小林琉奈(九里2)1㍍51[2]宇津木楓果(同1)1㍍45[3]横山文香(米興2)1㍍45[4]大木優花(米工1)中川愛未(米中1)

□走幅跳[1]田中美優(九里1)5㍍08[2]石川舞桜(同2)4㍍96[3]川合世蘭(米興2)4㍍88[4]佐藤千寛(米中1)[5]中川穂□(米商1)

□三段跳[1]小林琉奈(九里2)11㍍03[2]佐藤千寛(米中1)10㍍35[3]横山文香(米興1)10㍍31[4]中川穂□(米商1)[5]田中美優(九里1)

□砲丸投げ[1]高橋愛華(九里2)8㍍07[2]高橋礼宝(米東1)7㍍94◎…優勝した高橋は昨年に続いて2連覇。昨年は7㍍33だったので大幅に記録を伸ばした。

□円盤投げ[1]川崎莉桜(九里2)19㍍46

□ハンマー投げ[1]高橋愛華(九里2)27㍍68=大会新

 

□やり投げ[1]根岸志帆(長井2)30㍍47[2]高橋礼宝(米東1)18㍍97[3]大木優花(米工1)16㍍95

◆4冠 浦田莉奈 100m、200m、4×100mR、4×400mR

◆3冠 川崎莉佳 400m、4×100mR、4×400mR

◆3冠 石川舞桜 100mH、4×100mR、4×400mR

◆2冠 高橋愛華 ハンマー投げ、砲丸投げ

◆2冠 小林琉奈 走高跳、三段跳

 

■赤上投手(東北公益文科大)が今季ドラフト上位候補【プロ野球】

東北公益文科大学4年の赤上優人投手=写真=が、今季ドラフト上位候補に名前があがっています。赤上投手は内野も守れる選手で、秋田県出身です。角館高校時代は内野手でした(1年時には甲子園でベンチ入り)。大学3年春のオープン戦東日本戦で153㌔を記録するなど3回2/3を投げて常時150㌔前後の速球で衝撃デビューしました。スライダーの曲がりも大きく、三振は増えそうです。身長175㌢、体重80㌔、右投右打。

《大学投手のドラフト候補Aランク以上》

〈特A〉伊藤大海(苫小牧駒沢大学/右)〈特A〉早川隆久(早稲田大学/左)〈特A〉山崎伊織(東海大学/右)〈特A〉佐藤輝明(近畿大学/右)〈A〉大道温貴(八戸学院大学/右)〈A〉宇田川優希(仙台大学/右)村上□樹(東洋大学/右)木澤尚文(慶應義塾大学/右)佐藤宏樹(同/左)小郷賢人(東海大学/右)

■合同練習会に東北から5人が参加【プロ野球】▶9月5・6日

プロ志望高校生合同練習会が2020年9月5、6の両日、東京ドームで開催される。東北からはノースアジア大明桜(秋田)の佐々木湧生投手、山形中央(山形)の太田大和投手、大崎中央(宮城)の氏家蓮投手、学法福島(福島)の辻垣高良投手の4投手と弘前東(青森)の藤田青空捕手の計5人が参加する。西日本会場(甲子園)は8月29、30の両日に行われ、77人が参加し、投手と野手が対戦する形でシート打撃などが行われた。視察にはNPB、大学、社会人、独立リーグの関係者が訪れた。