第72回全国高校バレーボール選手権大会

□2020年01月12日(日)最終日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツセンター

古川学園(宮城)が準優勝

□女子決勝 東九州龍谷(大分)3(25-16、25-15、25-22)0古川学園(宮城)

●…20大会ぶり4度目の優勝をねらう古川学園は、2011年夏の全国総体以来の決勝対決となった宿敵の東九州龍谷にセットカウント0-3のストレートで敗れた。エースでキューバ人留学生のバルデス・メリーサ(2年)は右肩の痛みを訴えながらも18得点を挙げる奮闘でチームを勢いづかせた。メリーサは優秀選手に選ばれた▶敗れはしたが、エースのメリーサは2年生、野呂桃華、杉木真優の2年生レフトも随所で鋭いアタックを決めた。1、2年生5人が決勝コートを経験し、ドミニカ共和国から身長193㌢の留学生も受験予定で新チームに期待がかかる。

□男子決勝 東山(京都)が初優勝
東山(京都)3(25-13、25-20、25-15)0駿台学園(東京)○…東山は全員がどこからでも仕掛ける「立体高速バレー」が持ち味で、昨年春、中大で日本代表の石川(パドバ)らを指導した松永コーチが就任し、この戦術を練り上げてきた。失点0での完全優勝は、前回の優勝の洛南(京都)に続く快挙。東山の高橋藍(らん・3年)主将が両チーム最多の26得点を挙げ、最優秀選手賞に輝いた。
東山
1868年(明治元年)創立の中高一貫の私立男子校。生徒数1210人。バレー部は
《表彰選手》[最優秀選手賞]□男子/高橋藍(東山)□女子/室岡莉乃(東九州龍谷)[優秀選手賞]□男子/高橋藍(東山)中島健斗(同)伊藤吏玖(駿台学園)染野輝(同)柳田歩輝(松本国際)工藤有史(清風)□女子/村岡莉乃(東九州龍谷)荒木彩花(同)バルデス・メリーサ(古川学園)奥村澪(同)宮部愛芽世(金蘭会)付欣田(ふ・しんてん=共栄学園)[ベストリベロ賞]□男子/荒木琢真(東山)□女子/吉田鈴奈(東九州龍谷)

□2020年01月11日(土)第4日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツセンター

□女子準決勝

古川学園(宮城)3(20-25、25-14、25-17、21-25、15-12)2共栄学園(東京)○…古川学園が逆転勝ちで9大会ぶり8度目の決勝進出を果たした(現校名では初決勝進出)。第1セットを先取され劣勢となったが、オポジェットのキューバ人留学生のバルデス・メリーサ(2年)がアタック得点34、ブロック得点4の計38得点と大活躍、今春、V・プレミアリーグ日立入りが内定している主将の上沢沙織(3年)も奮起し計10得点と勝利に貢献した。メリーサは今大会5戦で計105得点を挙げサーブレシーブの成功率も64・3%と安定する活躍をみせる。古川学園応援席には、上沢主将の伯父である大相撲・峰崎親方(63=元関脇・三杉磯、青森県出身)も観戦に訪れ声援を送った。

《古川学園先発出場》1上沢沙織(3年)2バルデス・メリーサ(2年)3王凛華(3年)4杉木真優(2年)9野呂桃花(2年)6奥村澪(3年)8深沢媛心(1年)14檜野七海(2年)15遠藤生(2年)《控え》5小田部鈴(3年)10鈴木玲香(1年)11三好愛未(2年)12山口瑠奈(3年)13室内美乃(2年)[アタック得点]バルデス・メリーサ34、野呂桃華14、杉木真優9、上沢沙織5、王凛華1[ブロック得点]上沢沙織5、バルデス・メリーサ4、野呂桃華4[サーブ得点]奥村澪1

□2020年01月07日(火)第3日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

□男子3回戦

▶東福岡(福岡)2(25-19、25-21)0不来方(岩手)●…不来方は4年前の優勝校・東福岡にストレートで敗れ目標の8強に届かなかった。第2セットは粘りを見せ接戦に持ち込んだが勝利にはならなかった。中田拓斗主将は、後輩に託した。

▶鎮西(熊本)2(25-14、23-25、25-21)1東北(宮城)●…東北はフルセットに持ち込んだが8強を逃した。佐藤隆哉主将と弟の佐藤空季(1年)の兄弟がチームを牽引したが敗れた。

□女子3回戦

古川学園(宮城)2(25-21、25-19)0三重(三重)□女子準々決勝▷古川学園(宮城)2(25-19、25-22)0八王子実践(東京)○…

古川学園が八王子実践(東京)にストレート勝ちし、準優勝の2010年(平成22年)以来9大会ぶりの4強進出(4度目)を決めた。キューバ人留学生バルデス・メリーサ(2年)が計17得点、2年生レフトの野呂桃花が計11得点の活躍。2020年01月11日の準決勝は共栄学園(東京)と対戦する。

□2020年01月06日(月)第2日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

□男子2回戦

東北(宮城)2(25-16、25-19)0清水桜が丘(静岡)○…東北は、U-19日本代表で191㌢の山田大貴のプレーを警戒し、リベロを除く先発メンバーの平均身長189・6㌢の長身選手を並べ、山田のスパイクに対応した。強敵からの1勝で勢いに乗りたい。

不来方(岩手)2(25-21、25-22)0高知(高知)○…不来方はチーム記録に並ぶベスト16入りを果たした。エース藤原龍之介に佐藤生真(いくま)、下平修也、菊池瑛斗の左利き3人を加えた先発4人は2年生で司令塔のセッター中田拓斗主将が多彩な攻撃を仕掛け勝利を呼び込んだ。

▶駿台学園(東京)2(25-7、25-14)0相馬(福島)●…相馬は大会最少の9人だ戦ったが197㌢の大型センターを擁する相手の高さに苦しみ初戦突破はならなかった。生徒約300人の全校応援で挑んだ。

□男子2回戦

▶東山(京都)2(25-17、25-19)0山形南(山形)

●…山形南は昨年の茨城国体王者の東山(京都)の高橋藍主将を中心とした高さのバレーを止めることができず完敗した。佐藤優大主将は「全国上位の攻撃力に太刀打ちできなかった。今後のブロック力やレシーブ力の強化につなげてほしい」と後輩たちに期待した。

《山形南先発メンバー》[1]本間大貴(3=185㌢)[2]奥山拓海・セッター(3=170㌢)[3]高橋督拓(3=175㌢)[4]佐藤優大・主将(3=182㌢)[7]菅井郁海(3=180㌢)[8]伊藤駿希(2=176㌢)リベロ[5]橘正人(3=176㌢)[13]清野勇磨(1=155㌢)

□男子2回戦

松本国際(長野)2-0大分南(大分)、鎮西(熊本)2-0埼玉栄(埼玉)、福井工大福井(福井)2-1土浦日大(茨城)、東亜学園(東京)2-0鹿児島工(鹿児島)、橘(神奈川)2-0松坂工(三重)、高川学園(山口)2-1多度津(香川)、大村工(長崎)2-0日本航空(山梨)、東福岡(福岡)2-1愛工大名電(愛知)、清風(大阪)2-0安来(島根)、西原(沖縄)2-0高岡第一(富山)、開智(和歌山)2-1新田(愛媛)、慶応(神奈川)2-1徳島科学技術(徳島)

□女子2回戦

古川学園(宮城)2(25-20、28-26)0近江兄弟社(滋賀)○…第2セットは一時逆転されたが地力を発揮、今春プレミアリーグ日立入りが内定している上沢沙織主将のレフト攻撃で勝負を決めた。ともに身長183㌢のツインタワーのキューバ人留学生バルデス・メリーサ(2年)も連続バックアタックを決めるなど活躍した。

▶広島桜が丘(広島)2(25-18、25-17)0秋田北(秋田)●…ウイングスパイカーの野中瑠衣主将とセッターの小西愛和の3年生コンビが1、2年生を引っ張ったが、相手を崩せなかった。野中は10得点を挙げた。

▶松山東雲(愛媛)2(25-15、25-20)0盛岡誠桜(岩手)●…2大会連続のベスト16はならなかった。奥山結愛主将は「相手を押すことができなかった。甘いプレーをして悔いが残るが、後輩は自分たちの結果を越えてほしい」と語った。

□女子2回戦

▶大阪国際滝井(大阪)2(25-17、25-13)0山形商●…全国優勝4度の名門大阪国際滝井(大阪)に山形商はストレート負けを喫した。昨夏の高校総体8強入り。強豪相手に水澤可奈主将、菅原侑衣の2人のセッターでゲームメイクしたが決定力不足が響き、得点が伸びず突き放された。水澤主将は「途中から自分たちのプレーができるようになったが完敗。勝ち負けに関係なく楽しかった」と振り返った。

《山形市立商先発メンバー》[1]森谷友香(3=170㌢)[2]深堀鈴(3=167㌢)[3]水澤可奈・主将セッター(3=165㌢)[4]池田結(3=170㌢)[7]小川真央(2=172㌢)[8]菅原侑衣・セッター(2=164㌢)リベロ[5]土屋実優(3=157㌢)[15]半澤大空(1=157㌢)

□女子2回戦

富山第一(富山)2-1鹿児島女(鹿児島)、福井工大福井(福井)2-0九州文化学園(長崎)、京都橘(京都)2-0鳥栖西(佐賀)、八王子実践(東京)2-0就実(岡山)、三重(三重)2-0誠英(福岡)、共栄学園(東京)2-0岡崎学園(愛知)、東九州龍谷(大分)2-0橘(神奈川)、金蘭会(大阪)2-0安来(島根)、熊本信愛女学院(熊本)2-0城南(徳島)、誠英(山口)2-1文京学院大女(東京)、延岡学園(宮崎)2-1国学院栃木(栃木)、東京都市大塩尻(長野)2-0札幌山の手(北海道)

□2020年01月05日(日)開幕/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

□男子1回戦

東山(京都)2-0前橋商(群馬)、清水桜が丘(静岡)2-0習志野(千葉)、新田(愛媛)2-1小松大谷(石川)、土浦日大(茨城)2-1都城工(宮崎)、大分南(大分)2-1早実(東京)、鎮西(熊本)2-0天理(奈良)、西原(沖縄)2-0岡山東商(岡山)、鹿児島工(鹿児島)2-0佐渡(新潟)、埼玉栄(埼玉)2-1崇徳(広島)、多度津(香川)2-0北海道科学大高(北海道)、駿台学園(東京)2-0佐賀学園(佐賀)、高川学園(山口)2-1近江(滋賀)、慶応(神奈川)2-1恵庭南(北海道)、愛工大名電(愛知)2-0鳥取中央育英(鳥取)

不来方(岩手)2(25-22、25-17)0足利大付(栃木)○…開会式で選手宣誓を行った不来方のセッター中田拓斗主将が多彩なトスで足利大付を翻弄した。目標は8強入り。

▶松阪工(三重)2(25-21、25-20)0雄物川(秋田)●…左のスーパーエース石塚蓮(2年)が活躍したがストレート負けを喫した。

▶福井工大福井(福井)2(25-21、25-15)0五所川原工(青森)●…五所川原工の岡本知也(2年)は1セットで10得点を挙げたが、2セットは1得点に封じられ敗退した。

 

□女子1回戦

安来(島根)2-0首里(沖縄)、九州文化学園(長崎)2-0土浦日大(茨城)、富山第一(富山)2-1増穂商(山梨)、京都橘(京都)2-0高知(高知)、福井工大福井(福井)2-0氷上(兵庫)、東京都市大塩尻(長野)2-0細田学園(埼玉)、八王子実践(東京)2-1旭川東(北海道)、誠修(福岡)2-1高松商(香川)、大阪国際滝井(大阪)2-1敬愛学園(千葉)、延岡学園(宮崎)2-1奈良文化(奈良)、岡崎学園(愛知)2-0米子西(鳥取)、城南(徳島)2-1西□楽(群馬)、札幌山の手(北海道)2-0済美(岐阜)

▶誠英(山口)2(25-17、25-9)0青森西(青森)●…30年連続40度目の出場名門誠英に敗退した。終始ペースをにぎることができず相馬愛月主将は「チームを勝利に導けなくてとても悔しい」と語った。

▶鳥栖商(佐賀)2(22-25、25-18、25-20)1郡山女大付(福島)●…第3セットに5連続失点し力尽き3年連続初戦突破を逃した。

古川学園(宮城)2(25-17、25-17)0横浜隼人(神奈川)○…古川学園のキューバ留学生バルデス・メリーサ(2年)が計12得点し勝利に貢献した。20年ぶり4度目の優勝を狙う古川学園が創部60年目の新年初公式戦を白星で飾った。

秋田北(秋田)2-0長岡商(新潟)○…秋田北はU-18日本代表でエースの野中瑠衣主将(3年)の活躍などで4度目の出場で悲願の「春高」初勝利を挙げた。文武両道の伝統校で部員はわずか13人。


全国高校サッカー選手権2020

□2020年01月02日(木)第3日/さいたま市のNACK5スタジアム大宮ほか

□2回戦

今治東中教校(愛媛)2(1-0、1-0)0山形中央(山形)

□得点《今》高瀬2□交代《今》伊藤(山中)馬場(高瀬)《山》須藤(土田)嶋貫(大塚)庄司宙(小林拓)石井(神尾)太田龍(飯塚)【山形中央】○GK舟山○DF神尾、竹田、枝松、小林拓○MF飯塚、大塚、小川、斎藤○FW土田、佐々木●…3大会ぶり12度目の出場の山形中央と初出場の愛媛・今治東中教校が対戦。前半24分に山形中央は自陣右サイドを崩され失点、後半15分にも追加点を奪われた。山形中央はシュート1本に抑え込まれ反撃できなかった。県勢13年ぶりの1勝はならなかった。

□2020年01月05日(日)第5日/東京・駒沢陸上競技場、神奈川・川崎市等々力陸上競技場

□準々決勝

矢板中央(栃木)2(2-0、0-0)0四日市中央工(三重)

□得点者《矢》多田2○…矢板中央は前半12分にFW多田圭佑の豪快なシュートで先制すると同20分にも多田が2点目のゴールを決めてチームを大会ぶり3度目の4強進出に導いた。

静岡学園(静岡)4(3-0、1-0)0徳島市立(徳島)

□得点者《静》阿部、岩本3○…静岡学園のFW岩本悠輝が2本のヘディングシュートを含むハットトリックの大活躍で、23大会ぶり4強進出に貢献した。

帝京長岡(新潟)1(1-0、0-0)0仙台育英(宮城)

□得点者《帝》谷内田○…帝京長岡はMF谷内田哲平の決勝点で新潟県勢初の4強入りを果たした。谷内田は高校卒業後、J2京都に加入する。

青森山田(青森)3(3-0、0-2)2昌平(埼玉)

□得点者《青》浦川、後藤、武田《昌》須藤、山内○…連覇に挑む青森山田はU-18日本代表MFの武田英寿が勝利に導いた。

■得点ランキング3位まで■

[1]岩本悠輝(静岡学園3)5得点[1]森夢真(四日市中央工3)5得点[3]晴山岬(帝京長岡3)4得点[3]小山尚紀(静岡学園3)4得点

□2020年01月11日(土)第6日/埼玉スタジアム2020

□準決勝第1試合/観衆24006人

青森山田(青森)2(1-0、1-1)1帝京長岡(新潟)

□得点者【青】田中翔、松木【帝】田中

○…青森山田はGK佐藤史騎(しぶき・3年)のスーパーセーブ連発で何度もピンチを救い1点で猛攻を凌ぎ帝京長岡を下して、2000年、2001年度の国見(長崎)以来18大会ぶりの大会2連覇に王手をかけた。2020年01月13日埼玉スタジアム2020の決勝で静岡学園(静岡)と対戦する。シュート数は青森山田の6に対して帝京長岡は17(酒匂2、吉田勇1、川上1、田中3、本田2、谷内田3、晴山4、矢尾板1)と約3倍で終始青森山田ゴールを攻め立てたが、厚いディフェンスに封じられた。

青森山田(私立)

□所在地 青森県青森市□学校創立(部創立)1918年(1970年)□監督 黒田剛(49歳)□主将 武田英寿(3年)□部員数 185人□出場歴 23大会連続25度目□過去最高成績 優勝(2016、2018年度)□得失点 得点15失点4□最多得点者 松木玖生4得点□2020年Jリーグ入団内定選手 武田英寿(浦和)古宿理久(横浜FC)□主なOB 柴崎岳(デポルディボ)室屋成(東京)郷家友太(神戸)

▶GK佐藤▶DF内田、神田、箱崎、藤原▶MF古宿、松木(那我□)、浦川、武田(金賢祐)、後藤(得能)▶FW田中翔(安斎)

静岡学園(私立)

□所在地 静岡県静岡市□学校創立(部創立)1966年(1967 年)□監督 川口修(46歳)□主将 阿部健人(3年)□部員数 260人□出場歴 24大会ぶり3度目□過去最高成績 優勝(1995年 度)□得失点 得点16失点0□最多得点者 岩本悠輝5得点□2020年Jリーグ入団内定選手 松村優太(鹿島)□主なOB  三浦知良(横浜FC)南雄太(横浜FC)大島僚太(川崎F)

▶GK野知▶DF阿部、田辺、中谷、西谷(岩野)▶MF浅倉、松村、小山、井掘、藤田(草柳)▶FW岩本、加納

□2020年01月13日最終日/埼玉県さいたま市の埼玉スタジアム

□決勝/観衆

静岡学園(静岡)3(1-2、2-0)2青森山田(青森)

□得点者【静】中谷2、加納【青】藤原、武田(PK)《静岡学園は24大会ぶり2度目の優勝》鹿児島実との両校優勝だった第74回大会以来、24大会ぶり2度目の優勝で単独優勝は初めて○…年代最高峰の高円宮杯U-18プレミアリーグを制し大会2連覇に挑む青森山田に早々に2点を先取され、劣勢で敗色感が漂いはじめた前半終了間際、FKのこぼれ球を中谷が押し込み1点を返すと反撃の機運は一気に高まった。後半に入っても勢いは止まらず後半16分に加納が同点のシュート。さらに小山の突破で獲得したFKから、フリーの中谷が頭であわせついに逆転。個人技に優れた静岡学園が優勝候補筆頭を倒し優勝をつかんだ。


ウインターカップ2019全国高校バスケットボール選手権大会

□2019年12月23日(月)開幕/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

□2019年12月29日(日)最終日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

【男子】□決勝 2大会連続4度目の優勝

福岡第一(福岡)75(23-14、19-15、17-19、16-20)68福岡大大濠(福岡)○…全国高校総体王者の福岡第一と福岡大大濠の同県勢の対決となった決勝は、序盤から福岡第一が優勢。エースの河村と留学生スティーブは得点、リバウンドなど3部門で2ケタを記録する「トリプルダブル」を達成するなど王者の貫禄を示した。

□2019年12月28日(土)第6日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

【女子】□決勝 桜花学園22度目の優勝

桜花学園(愛知)72(21-16、13-17、15-13、23-21)67岐阜女(岐阜)○…桜花学園が3大会ぶり22度目の優勝。桜花学園は先発の5人がフル出場。4人が2ケタ得点をマークするなど好調。49-46の3点差まで詰め寄られて迎えた第4Qで平下愛らの得点で突き放した。

□2019年12月27日(金)第5日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

【男子】□準々決勝

▶北陸(福井)86(29-20、14-13、20-21、23-11)65明成(宮城)

●…明成は、今夏の全国総体3回戦で惜敗した相手(北陸・全国高校総体準優勝)に完敗。「ポスト八村塁」と期待される山崎一渉(いぶ=1年)はわずか11得点に封じられたほか、第1Q序盤に11連続得点を許すなど終始劣勢。攻撃は菅野ブルース(1年)の16得点や山崎一紀(1年)の3ポイントシュートで応戦したが及ばなかった。2年ぶり6度目の優勝は逃したが、期待の山崎渉、山崎一、菅野の1年生トリオが経験を積み、2年の越田大翔、加藤陸ら主力も残り、来年が期待される。

□2019年12月26日(木)第4日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

【男子】□3回戦

▷明成(宮城)95(30-15、18-25、19-19、28-14)73市船橋(千葉)

○…明成は2年前の優勝を経験している木村拓郎と蒔苗(まかなえ)勇人主将の3年生コンビが活躍し、3年連続の8強へと進んだ。明成の次戦・準々決勝の相手は高校総体準優勝の北陸(福井)。

▶桜丘(愛知)77(15-10、20-9、20-20、22-21)60能代工(秋田)

●…能代工は、第1、第2Qで連続失点し劣勢。自分たちのバスケができずに敗退したが3回戦進出は、国内最多58回の優勝は古豪復活の手応えになった。

□2019年12月25日(水)第3日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

【男子】□2回戦

能代工(秋田)79(22-16、26-15、16-19、15-19)69鳥取城北(鳥取)○…第4Q途中に1点差まで詰め寄られた能代工は司令塔・伊藤翼(3年)の冷静な判断力で相手の猛追を止め危機を救った。秋元淳之介(3年)が両チーム最多の23得点と好調だった。

明成(宮城)104(23-18、21-20、28-12、32-78)78東海大諏訪(長野)○…明城は山崎一渉がチーム最多の25得点、16リバウンド、山崎紀人がチーム2位の17得点、8リバウンドと1年生の両山崎の活躍で勝利した。今夏の全国高校総体では3回戦敗退、1年生の活躍で全国制覇へ加速する。

▶洛南(京都)97(27-23、20-21、24-13、26-24)81福島東陵(福島)●…福島東陵は4度の優勝を誇る名門洛南に後半突き放されて敗れた。工藤太陽(3年)が24得点を挙げる健闘。

▶八王子学園八王子(東京)84(18-8、16-12、29-15、21-21)56羽黒(山形)●…羽黒は相手の208㌢のセネガル人留学生の高さに屈し、ゴール下で失点を重ねた。

□2019年12月24日(火)第2日/東京・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ
【男子】□1回戦
羽黒(山形)81(14-15、27-20、22-16、18-24)75土浦日大(茨城)
○…2年連続出場で平均身長で約7㌢小さい羽黒は古豪土浦日大相手にスピードと堅守で勝負、170㌢の渡部凌が20得点とエースの働き。165㌢の西魁斗もフリースロー12本中9本を決め、173㌢の樋口蒼生は5アシストとゲーム主将でコート全体をまとめた。ほぼ公式戦経験のない1年生モンゴル人留学生エンフタイワン・イデルジャフラン(193㌢)をセンターで投入しリバウンドで活躍し勝利に貢献した。
福島東陵81(18-15、16-20、20-16、19-20)71豊見城(沖縄)
○…福島東陵は195㌢のナイジェリア人留学生モーヌ・チソン・フランクリン(1年)が両チーム最多の32得点を挙げて初選手権勝利に貢献した。
明成(宮城)79(23-18、19-13、18-5、19-12)48和歌山工(和歌山)○…ポスト八村塁と期待される1年の山崎一渉(いぶ)が選手権デビューを白星で飾った。山崎は越田大翔(2年)の19得点に次ぐ13得点を挙げた。
▶東海大札幌(北海道)86(18-25、23-13、22-19、23-17)74八戸学院光星(青森)●…3度目の出場の八戸学院光星はまたも初勝利を挙げられなかった。第3Qまで互角の戦いだったが、その後は徐々に点差を離された。
▶尽誠学園(香川)85(29-2、30-6、13-12、13-22)42利府(宮城)●…初出場初勝利はならなかった。佐藤大成主将(3年)がチームトップタイの10得点を挙げた。
▶鳥取城北(鳥取)69(21-11、15-14、12-25、21-17)67一関工(岩手)●…第4Q残り9秒で2点差まで追い上げたが悲願の初戦突破に至らなかった。後藤汰和主将(3年)が攻守でチームを引っ張った。
能代工(秋田)106(28-15、26-22、22-12、30-7)56福井商(福井)○…188㌢の佐々木駿汰(2年)は3点シュート5本を含む両チーム最多の23得点で能代工が大勝した。全国大会通算58回の優勝を誇る名門のエースに佐々木が名乗りを上げた。

【女子】□2回戦
▶開志国際(新潟)72(10-13、25-13、22-25、15-17)70明成(宮城)●…明成が第4Q残り12秒7で2点差まで詰め寄ったが惜敗。小林杏奈主将、大久保春花の両3年生が攻撃を牽引した。
▶聖カタリナ学園(愛媛)82(34-9、17-13、16-18、15-18)58郡山商(福島)●…2年生の桐生優衣菜、須釜心が共に16得点を挙げたが、序盤の8連続失点が痛かった。
▶明星学園(東京)89(18-9、24-18、21-26、26-11)64山形中央(山形)●…準優勝4度の名門明星学園相手に第3Qに一時2点差まで詰め寄ったが敗北。佐藤叶主将(3年)が計24得点と奮闘した。佐藤は卒業後は専門学校に進学し理学療法士を目指す。

【男子】□1回戦(2019年12月23日)

藤枝明誠(静岡)112-80松山工(愛媛)、東山(京都)98-59東海大相模(神奈川)、岡山商大付(岡山)120-77佐賀東(佐賀)、北陸学院(石川)72-59つくば秀英(茨城)、日本航空(山梨)73-63富山工(富山)、長崎西(長崎)110-64海星(三重)、福岡大大濠(福岡)101-56海部(徳島)、前橋育英(群馬)89-77別府溝部学園(大分)

【女子】□1回戦(2019年12月23日)

山形中央(山形)68(12-21、17-12、15-16、24-16)65奈良文化(奈良)

○…初出場の山形中央が逆転で競り勝ち初勝利。2年生エース島村きららが両チーム最多33得点を挙げた。2回戦は強豪の明星学園(東京)と対戦する。

▷明星学園(東京)76(22-23、20-10、15-11、19-23)湯沢翔北(秋田)

●…東北女王の湯沢翔北が大Qで11連続失点するなど相手のナイジェリア留学生の高さや速さのあるドライブの対応に苦しんだ。

明成(宮城)92(22-12、15-19、27-7、28-18)56長崎女(長崎)

○…明成の中村優夏(2年)が両チームトップの30得点を挙げる活躍などで36点差をつける大勝。

▷桐生商(群馬)89(17-18、20-21、31-21、21-17)68盛岡白百合学園(岩手)

●…1年生の佐藤実花(みはる)が29得点と気をはいたがチームは初戦で敗退。目標の全国16強は達成できなかった。

郡山商(福島)61(15-17、16-15、22-8、8-10)50四日市商(三重)

○…昨年、全国舞台を経験した須釜心(2年)がチー最多の20得点と活躍、第3Qで四日市商を逆転し、振り切って3年連続の初戦突破を果たした。

▷明秀学園日立(茨城)100(35-14、23-16、20-33、22-25)88横手城南(秋田)

●…初出場の横手城南は第2Qまでに28点と大きくリードされ、一時は9点差まで追い上げる粘りを見せたが勝利に届かなかった。

□そのほかの1回戦 東海大福岡(福岡)85-72札幌山の手(北海道)、高知中央(高知)98-75八戸学院光星(青森)、精華女(福岡)100-64八雲学園(東京)、熊本商(熊本)82-70東海大諏訪(長野)、アレセイアしょう南(神奈川)85-45佐賀北(佐賀)、千葉経大付(千葉)70-57西原(沖縄)、聖カタリナ学園(愛媛)83-60埼玉栄(埼玉)、京都精華学園(京都)97-50城北(徳島)、済美(愛媛)57-41草津東(滋賀)、広島観音(広島)94-84足羽(福井)、広島皆実(広島)80-66中津北(大分)、市尼崎(兵庫)85-68高岡第一(富山)、富士学苑(静岡)71-68和歌山信愛(和歌山)、倉吉北(鳥取)104-93鹿児島女(鹿児島)、小林(宮崎)84-63就実(岡山)、津幡(石川)76-60慶進(山口)、昭和学院(千葉)78-64名古屋女大高(愛知)、安城学園(愛知)88-64高瀬(香川)、新潟産大付(新潟)76-68酪農学園大とわの森三愛(北海道)、関志国際(新潟)76-68松江商(島根)、浜松開誠館(静岡)77-64作新学院(栃木)


【弓道】女子の天童(山形)が準優勝

弓道の全国高校選抜大会最終日は2019年12月25日(水)、群馬県前橋市のALSOKぐんまアリーナで行われ、女子団体で天童(山形)が準優勝した。決勝で祐誠(福岡)に9-7で敗れ、今夏の全国高校総体に続く優勝はできなかった。祐誠は2大会連続3度目の優勝。男子団体は芦花(東京)が初優勝した。

□男子団体決勝(12射)芦花(東京)11-10秀岳館(熊本)

□女子団体決勝トーナメント1回戦(12射) 天童8-7富谷(宮城)

□同準々決勝(12射) 天童9-5宇部フロンティア大香川(山口)

□同準決勝(12射) 天童8-8磐城(福島)(競射4-3)

□同決勝(12射) 祐誠(福岡)9-7天童


■全日本スピードスケート選手権■

□2019年12月26日(木)開幕/長野県長野市エムウエーブ

《オールラウンド》【男子】□500㍍[1]高田衛(恵那市体育連盟)36秒33[2]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー・山形中央高出)36秒80[3]一戸誠太郎(ANA・山形中央高出)36秒93□5000㍍[1]一戸誠太郎(ANA・山形中央高出)6分27秒32[2]小川(abcdrug)[3]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー・山形中央高出)6分34秒62□第1日得点[1]一戸誠太郎(ANA・山形中央高出)75・662[2]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー・山形中央高出)76・262[3]小川(abcdrug)【女子】□500㍍[1]菊池純礼(富士急)39秒64[2]藤井(日体大)[3]滝上(高崎健康福祉大)□3000㍍[1]菊池純礼(富士急)4分19秒[2]沼尻(八戸学院大)[3]富田(大東大)□第1日得点[1]菊池純礼(富士急)82・878[2]沼尻(八戸学院大)[3]滝上(高崎健康福祉大)

□2019年12月27日(金)第2日/長野県長野市エムウエーブ

《オールラウンド》【男子】1500㍍[1]一戸誠太郎(ANA)1分46秒673[2]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)1分46秒676[3]高田(恵那市体育連盟)□1万㍍[1]一戸誠太郎(ANA)13分27秒45[2]小川(abcdrug)[3]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)13分51秒23[7]森野太陽(山形中央高)14分21秒83□総合得点[1]一戸誠太郎(ANA)151・590=日本新[2]ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)153・379[3]小川(abcdrug)[8]森野太陽(山形中央高)159・033【女子】□1500㍍[1]菊池純礼(富士急)2分00秒30[2]富田(大東大)[3]鈴木杏菜(信州大・山形中央高出)2分04秒37[4]小坂凛(山形中央高)2分04秒57□5000㍍[1]福岡歩里(長野・東海大諏訪高)7分29秒67[2]沼尻(八戸学院大)[3]菊池純(富士急)[4]鈴木杏菜(信州大・山形中央高出)7分42秒73□総合得点[1]菊池純礼(富士急)168・443[2]沼尻(八戸学院大)[3]福岡(長野・東海大諏訪高)[4]鈴木杏菜(信州大・山形中央高出)172・852[6]小坂凛(山形中央高)173・845

□2019年12月28日(土)第3日/長野県長野市エムウエーブ

《スプリント》【男子】□500㍍[1]新浜立也(高崎健康福祉大職)34秒58[6]加藤条治(博慈会・山形中央高出)35秒13□1000㍍[1]小島良太(信州大)1分08秒96□第1日得点[1]松井大和(日大)69・435【女子】□500㍍[1]郷亜里砂(イヨテック)37秒78□1000㍍[1]高木美帆(日体大助手)1分13秒73=大会新□第1日得点[1]高木美帆(日体大助手)74・805

高木美帆(日体大助手)が各種目で好記録を連発させ、3大会ぶり2度目の総合優勝を飾った。
高木美帆(日体大助手)が各種目で好記録を連発させ、3大会ぶり2度目の総合優勝を飾った。

 □2019年12月29日(日)最終日/長野県長野市エムウエーブ

《スプリント》【男子】□500㍍[1]村上右磨(高堂建設)34秒55[9]森重航(専大・山形中央高出)35秒18[10]加藤条治(博慈会・山形中央高出)35秒21□1000㍍[1]山田将矢(日本電産サンキョー)1分09秒06□総合得点[1]松井大和(日大)139・450

【女子】□500㍍[1]郷亜里砂(イヨテツク)37秒78□1000㍍[1]高木美帆(日体大助手)1分13秒86 □総合得点[1]高木美帆(日体大助手)149・705