【フィギュアスケート】羽生 悔しすぎる2位

□2019年3月23日(土)□さいたまスーパーアリーナ□男子フリー

ショートプログラム(SP)3位の羽生結弦(ANA)は巻き返しを狙い、フリーで206・10点の世界最高点を出したが、ショートプログラム(SP)首位のネーサン・チェン(米国)は4回転トーループからのコンビネーションを後半に配置直し、最大限の高難度のプログラムを演じ切り、4本の4回転をすべて着氷させる完璧な演技で羽生を上回るフリー216・02点を挙げ、合計は世界最高の323・42点を獲得し大会連覇を達成した。2位は300・97点で羽生が入り、3位は合計281・16点のビンセント・ゾウ(米国)、4位は270・32点の宇野昌磨(トヨタ自動車)だった。田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は238・40点で14位。
羽生結弦の話
正直悔しい。ショートもフリーも両方負けているので。負けは負けっていう意味しかない。本当に勝ちたいです。完全なる実力不足だと痛感しています。この次のシーズンまで時間があるので、けをしないように、追随されにいようになれるぐらい強くなりたい。羽生は負傷した右足首に負担のかかる4回転ループなどを成功させ、フリーで206・10点で合計206・10点の世界最高得点をあげるものの、ライバルのネーサン・チェンがさらに上回る最高の演技をされ、優勝に及ばなかった。

【フィギュアスケート】サギトワ復活の初優勝

フィギュアスケートの世界選手権第3日は2019年3月22日(金)、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで女子フリーが行われ、平昌冬季五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)がショートプログラム(SP)、フリーともに1位の合計237・50点で初優勝。2位にはフリーで世界選手権女子初の4回転サルコーを成功させたエリザベト・トゥルシンバエワ(カザフスタン)が入った。日本勢ではSP7位と出遅れた16歳の紀平梨花(関大KFSC)がフリーでトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を1度決めてフリー2位と巻き返し、合計223・49点で日本勢最高の4位となった。

□女子 [1]アリーナ・ザギトワ(ロシア)237・50点(80・08、155・42)[2]トゥルシンバエワ(カザフスタン)224・76点(75・96、148・80)[3]メドベージェワ(ロシア)223・80点(74・23、149・57)[4]紀平梨花(関大KFSC)223・49点(70・90、152・59)[5]坂本花織(シスメックス)222・83点(76・86、145・97)[6]宮原知子(関大)215・95点(70・86、145・35)

(カッコ内はショートプログラム得点、フリー得点)

□アイスダンス・リズムダンス[1]カブリエラ・パパダキス、ギヨーム・シゼロン(フランス)88・42点[21]小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト(米国)60・98点※小松原、コレト組はフリーに進めず。

○…19歳のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)がシニアの国際大会では初めての4回転サルコーに成功、世界選手権で銀メダルを獲得した。2002年ジュニアGPファイナルで安藤美姫が4回転サルコーを世界で初めて成功させたが、その後に続く選手が現れなかった。2018年3月の世界ジュニア選手権で当時13歳のトルソワが史上初のトーループとサルコーの2種類に成功。同10月のジュニアGPアルメニ大会でもはルッツも決めた。また、同12月のロシア選手権では国際連盟非公認ながら

14歳のシェルバコワが4回転ルッツを決めてザギトワを抑えて優勝している。高難度の〝4回転時代〟が女子にも到来してきた。

○…紀平梨花の今季6戦負けなしだった国際大会の連勝がついに止まった。フリーではザギトワに続く2位の得点だったことから、3回転半の失敗で出遅れたショートプラグラム(SP)のできが今後の課題となった。

紀平は「ショートは悔いが残る。来季はショートからミスをしないようにしたい。次につながるシーズンだった」とシニア1年目を振り返った。

【フィギュアスケート】SPでザギトワ(ロシア)首位発進

フィギュアスケートの世界選手権第1日は2019年3月20日(水)、埼玉県のさいたまスーパーアリーナで女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌冬季五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(16=ロシア)が、ルール改正の2018年以降で自己ベストとなる82・08点の高得点で首位に立った。2位には76・86点で全日本女王の坂本花織(18=シスメックス)、3位に75・96点でエリザベト・トゥルシンバエワ(19=カザフスタン)、4位に復活を期すエフゲニア・メドベージェワ(19=ロシア)が74・23点で入った。日本人最年少優勝を狙う紀平梨花(16=関西大学KFSC)はトリプルアクセルが1回転半になるミスが響き70・90点で7位。宮原知子(20=関大)は70・60点で8位だった。


第91回選抜高校野球大会

東邦が30年ぶり5度目の優勝

優勝に本塁打2本と完封勝利で貢献した東邦の石川昴弥投手
優勝に本塁打2本と完封勝利で貢献した東邦の石川昴弥投手

□2019年4月3日(水)[第11日]/甲子園
□決勝
習志野 000 000 000 0(3安打・0失策)
東 邦 300 020 01× 6(8安打・0失策)
(習)山内、飯塚ー兼子(東)石川ー成沢
□本塁打 石川(東=1回2ラン)石川(東=5回2ラン)□三塁打 吉納(東)□二塁打 石川(東)
○…東邦は初回、石川の2点本塁打などで3点を先取。5回にもこの日2本目となる石川の2点本塁打でリードを広げると、東邦先発の石川が習志野打線を9回3安打無失点に抑える完封。投打で石川が優勝に大きく貢献した。
【習志野】
(中)根 本 中安/左安/二ゴロ/三ゴロ
(左)竹 縄 投併打/左飛/二ゴロ
(遊)角 田 三振/三振/一飛
(一)桜 井 三邪飛/死球/遊ゴロ
(右)高 橋 三ゴロ/遊飛/一邪飛
(投)山 内 二ゴロ/捕飛
 投 飯 塚 左安
(捕)兼 子 三ゴロ/一ゴロ/投併打
(三)和 田 遊ゴロ/投ゴロ/二ゴロ
(二)小 沢 右飛/中飛/一邪飛
【東 邦】
(中)松 井 中飛/投ゴロ/投犠打/四球
(二)杉 浦 四球/遊安/三振/左飛
(投)石 川 中本/二併打/右本/右2
(遊)熊 田 右飛/右安/三ゴロ/投犠打
(一)長 屋 中安/二ゴロ/三ゴロ/右犠飛
(左)吉 納 右3/二飛/中飛/四球
(右)坂 上 中飛/三振/遊ゴロ/三ゴロ
(捕)成 沢 中飛/三振/三振
(三)山 田 左邪飛/投安/二ゴロ
[投手]投球回数 打者数 被安打 与四死球 失点 自責点
 山内 4     18   6    1   4   4
 飯塚 4     16   2    2   2   2
 石川 9     28   3    1   0   0

□2019年4月2日(火)[第10日]/甲子園□準決勝
習志野 002 000 130 6(8安打、0失策)
明 豊 300 000 010 4(8安打、3失策)
(習)山内、飯塚ー兼子(明)若杉、大畑ー成田
□本塁打 桜井(習=8回ソロ)表(明=1回ソロ)□三塁打 兼子(習)青地(明)□二塁打 飯塚(習)薮田、野辺(明)○…習志野の先発投手山内は初回に表に先頭打者本塁打、薮田に2点適時二塁打を浴びたて3点を先行されるが、3回、7回の攻撃で同点に追いつくと8回には、連打と桜井のソロ本塁打などで3点を挙げ勝ち越し、投げては7回から山内を継いだ飯塚が1失点に抑え、選抜では初のとなる決勝に進んだ。
明石商 000 000 020 2(5安打、2失策)
東 邦 000 000 31×   4(4安打、0失点)
(明)中森ー水上(東)石川ー成沢
□本塁打 安藤(明=8回2ラン)吉納(東=7回3ラン)□二塁打 安藤、重宮(明)
○…1点差に詰め寄られた東邦の8回の攻撃、杉浦の犠打が失策を誘い貴重な1点をもぎとり、東邦のエース石川が9回、四球で先頭打者を出したが、その後3者三振に抑え込み接戦を制して決勝進出を決めた。

□2019年3月31日(日)[第9日]/甲子園□準々決勝/第1試合
習志野  100 011 100 4(11安打・3失策)
市和歌山 300 000 000 3(8安打、2失策)
(習)岩沢、飯塚ー兼子(市)柏山、岩本ー米田
□二塁打 竹縄(習)柏山(市)
○…3-3の同点で迎えた7回習志野の攻撃。高橋の遊ゴロの間に角田が本塁に還って勝ち越し。2回から下手投げの岩沢を継いだ飯塚が8回被安打4、9奪三振、無失点の好救援で選抜初のベスト4に進出した。市立和歌山は初回先発した岩沢から下井田ら4人が長短打の連打で3点を挙げるものの代わった飯塚を攻めあぐんだ。

□2019年3月30日(土)[第8日]/甲子園□2回戦
東邦(愛知) 204 000 330 12(16安打、失策0)○×筑陽学園
広陵(広島) 000 000 020 2(7安打、失策1)●
(東)石川、奥田、植田、道崎ー成沢、伊東、村北
(広)河野、石原、森、高ー□流、秋山
□本塁打 石川(東)□三塁打 河合、杉浦(東)中冨、秋山(広)□二塁打 山田、吉納(東)新(広)
○…東邦は初回、吉納、長屋の適時打で2点を先取。3回にも石川の本塁打、長屋、河合らの連打で4点を追加し序盤で大きく広陵をリードした。広陵は8回に秋山の2点3塁打で得点するものの大きく点差をつけられた。
明石商(兵庫) 140 210 140 13(13安打、2失策)○×智弁和歌山対啓新の勝者
大分(大分)  100 000 030 4(7安打、4失策)
(明)宮口、中森、溝尾、杉戸、南ー水上
(大)武藤、飯倉、長尾、石丸ー江川
□本塁打 岡田、中森(明)□三塁打 来田、安藤(明)□二塁打 水上(明)小手川、安藤(大)
○…明石商は1-1で迎えた2回、岡田のソロ本塁打などで4点を挙げた。その後も中森のソロ本塁打などでリードを広げた。2番手の中森が好救援。敗れた大分は投手陣が精彩を欠いた。

智弁和歌山(和歌山) 100 020 200 5(15安打、1失策)○×明石商
啓新(福井)     000 000 002 2(6安打、1失策)
(智)池田陽ー東妻(啓)安積、浦松ー穴水
□三塁打 細川(智)□二塁打 西川(智)浦松(啓)
○…智弁和歌山は初回、西川の適時二塁打で先取。その後の5回、綾原の2点適時打で得点を増やし、7回にも細川の2点適時三塁打で計5点を奪った。啓新は最終回に2点を返す粘りを見せるが及ばなかった。

□2019年3月29日(金)[第7日]/甲子園□2回戦
札幌大谷(北海道) 000 001 000 1●
明豊(大分)    000 110 000 2○×龍谷大平安
(札)阿部、太田ー飯田(明)若杉、大畑ー成田
□三塁打 野辺(明)□二塁打 山田(明)
○…明豊は4回裏、野辺の適時3塁打で先取。続く5回には若杉の適時打で2点目を挙げた。先発の若杉は明治神宮大会を制した札幌大谷を6安打1失点に抑えた。札幌大谷は4回表、一死から釜萢、飯田、石鳥の3連打で好機をつくったが西原、佐藤が打ち取られ得点を挙げることができなかった。
盛岡大付(岩手)  000 010 000 1●
龍谷大平安(京都) 300 003 21× 9○×明豊
(盛)木内、阿部、大谷ー島上(龍)野沢ー多田
□三塁打 水谷(龍)
…盛岡大付の先発木内は初回、三尾などに打たれ3点を先制されると、5回から代わった阿部も終盤につかまり6失点。打線は初回に3連打でチャンスをつくったが後続が野沢に打ち取られ、その後1点を返したが攻略できず12安打を放ったものの1点だけで大敗した。
筑陽学園(福岡) 100 000 110 3○×広陵対東邦の勝者
山梨学院(山梨) 100 000 010 2
(筑)西、菅井、西舘ー進藤(山)佐藤、相沢ー栗田
○…筑陽学園は同点に追いつかれた7回に中村の適時打で勝ち越し。さらに8回にも1点を加えた。山梨学院は8回に1点を返し、さらに最終回も2死満塁と攻め立てるが三番手の西舘でかわされ接戦で敗れた。

□2019年3月28日(木)[第6日]/甲子園
□1回戦
智弁和歌山(和歌山)  004 702 000 13○×啓新
熊本西(21世紀枠熊本)010 010 000 2●
(智)池田陽、池田泰、山本、小林樹ー東妻(熊)霜上、中山、白石、霜上ー伊藤
□本塁打 東妻(智/4回3ラン)□三塁打 硲、根来(智)□二塁打 佐藤2(智)
○…21世紀枠初出場の熊本西を相手に智弁和歌山は4回、細川、西川、黒川、東妻
の4連打で4点を挙げ逆転すると4回には東妻の3点本塁打など打者一巡の猛攻で7点を加え、終わってみれば18安打13得点と圧倒した。
□2回戦
高松商(香川)   000 002 000 2●
市和歌山(和歌山) 120 300 00× 6○×習志野
(高)中塚、香川ー新居(市)柏山、岩本ー米田
□本塁打 緒方(市/1回ソロ)□三塁打 米田(市)□二塁打 壱岐(市)
○…市和歌山は1回に緒方のソロ本塁打で先取。2回には壱岐の適時2塁打で2点。4回にも敵失などで3点を突き放した。高松商は6回に一死満塁のチャンスで2点を挙げた。
習志野(千葉) 000 100 101 3○×市和歌山
星稜(石川)  010 000 000 1●
(習)岩沢、飯塚ー兼子(星)奥川ー山瀬
□本塁打 兼子(習/9回ソロ)□二塁打 福本、有松(星)桜井(習)
○…1対1の同点で迎えた習志野の8回の攻撃。一死から兼子が右安打で出塁。犠打で二死二塁、この後、敵失で勝ち越し点。9回には大会ナンバーワン右腕奥川から兼子がソロ本塁打を放った。星稜は2回途中から岩沢を継いだ飯塚に3安打無失点に抑えられ優勝候補の一角が姿を消した。

□2019年3月27日(水)[第5日]/甲子園□1回戦
国士舘(東京) 000 100 000 1
明石商(兵庫) 030 000 13× 7○×大分
(国)白須、山田、石橋ー沢野、吉田(明)中森ー水上
□二塁打 渡辺(国)岡田(明)
○…明石商は2回に来田の2点適時打などで先制すると、8回にも水上の適時打などで計7点を奪った。 
松山聖陵(愛媛) 000 000 010 1
大分(大分)         200 000 02× 4○×明石商
(松)平安山、高松、根本ー岸田(大分)長尾ー江川
□二塁打 大村(松)中尾、小手川(大)
○…大分は初回、中尾の2点適時打で先制。1点差に追い上げられたが8回に安藤の2点適時打で突き放した。先発長尾が1失点完投。大分が初夏通じて甲子園初勝利。
啓新(福井)    210 001 001 5○×熊本西対智弁和歌山の勝者
桐蔭学園(神奈川) 020 000 100 3
(啓)安積、浦松ー穴水(桐)伊礼、山崎ー清水
○…啓新は先発の安積が10安打を許しながらも7回3失点の力投で甲子園初勝利を飾った。桐蔭はチャンスであと一本がでなかった。

□2019年3月26日(火)[第4日]/甲子園□1回戦
福知山成美(京都) 000 200 000 2●
筑陽学園(福岡)  010 100 10× 3○×山梨学院
(福)小橋ー原(筑)西ー進藤
□二塁打 坂(福)野田(筑)
○…同点で迎えた筑陽学園の7回裏の攻撃。2死二塁のチャンスに野田が適時2塁打を放ち勝ち越した。先発の西は8安打2失点と粘りの投球が冴えた。
八戸学院光星(青森) 000 000  000 0
広陵(広島)     000 020  00× 2○×東邦
(八)後藤ー太山(広)河野ー□流
□二塁打 秋山(広)
●…八戸学院光星は先発の後藤が好投するも打線が3安打と振るわず広陵の先発河野に完封を許した。注目の武岡は8回二死一、二塁のチャンスに遊飛に倒れた。4打数1安打に終わった。広陵・河野の初回4球目の直球は150㌔を計測した。
富岡西(徳島) 000 001 000 1●
東邦(愛知)  001 000 20× 3○×広陵
(富)浮橋ー粟田(東)石川ー成沢
□二塁打 木村(富)
○…東邦は7回に松井と石川の適時打で勝ち越し。先発の石川が9回1失点11奪三振と好投した。

□2019年3月25日(月)[第3日]/甲子園□1回戦
龍谷大平安(京都) 000 000 000 02   2○×盛岡大付
津田学園(三重)  000 000 000 00   0●
(延長11回)
(龍)野沢ー多田(津)前ー阿万田
□二塁打 西川、奥村(龍)○…両校無得点のまま迎えた11回表の龍谷大平安の攻撃で、奥村の適時二塁打と三尾の犠飛で2点を入れると、その裏、好投を続ける先発の野沢が3人で抑え11回無失点の快投で勝利をものにした。敗れた津田学園は先発の前が粘りの投球で踏ん張るが打線が援護できなかった。
石岡一(茨城) 001 000 001 00 2
盛岡大付(岩手)000 000 002 01 3×龍谷大平安
(延長11回)
(石)岩本ー中山(盛)阿部ー島上
□二塁打 小川、小野寺(盛)
○…2点を追う盛岡大付は小川の適時打で土壇場で同点に追いつき、そのまま迎えた延長11回には1死満塁から相手の失策の間にサヨナラ勝ちを収めた。21世紀枠の石岡一は終盤まで試合を有利に進めたが、甲子園初勝利に至らなかった。
札幌第一(北海道) 0 11 010 002 5●
山梨学院(山梨)  10 20 322 05× 24○×筑陽学園対福知山成美の勝者
(札)山田、野島、近藤、畠山、上井、斉川ー和泉、門崎
(山)相沢、佐藤、中込、木村ー栗田
□本塁打 菅野、野村2(山)□二塁打 村田(札)相沢、宮崎、高垣
○…山梨学院が3本の本塁打を含む24安打で22得点と大勝した。山梨学院は初回に打者13人で本塁打を含む8安打10得点、その後も野村にこの日2本目の本塁打が飛び出した。

□2019年3月24日(日)[第2日]/甲子園□1回戦
習志野(千葉)  700 100 000 8(12安打、1失策)○×星稜
日章学園(宮崎) 000 000 200 2(7安打、6失策)●
(習)山内、飯塚ー兼子(日)石嶋、寺原、小迫ー深津
□三塁打 高橋(習)□二塁打 石嶋、長田(日)竹縄、山内(習)
○…習志野は1回、3番根本の適時打先制すると、その後も3本の適時打が飛び出しこの回7点を挙げて試合を有利に進め、先発した左腕山内は8回途中まで2失点の好投。敗れた日章学園は守備が乱れ序盤に大量失点した。習志野は10年ぶりの勝利。

明豊(大分)  005 410 030 13○×札幌大谷
横浜(神奈川) 310 000 100  5●
(明)若杉、大畑ー成田(横)及川、松本、木下、及川ー山口
□本塁打 吉原(横)□三塁打 薮田(明)□二塁打 野辺、表、薮田(明)
○…4点差を追う明豊は3回表、青地の適時打などで5点を挙げて逆転。続く4回にも薮田の適時三塁打などで引き離し、終わってみれば12安打13得点で強豪校を相手に大勝した。プロ注目の左腕横浜の及川は4回を投げ打者22、被安打5、奪三振6、与四死球5、失点5、自責点4と乱調だった。
米子東(鳥取)   001 000 000 1●
札幌大谷(北海道) 103 000 00× 4○×明豊
(米)森下ー長尾(札)太田ー飯田
□本塁打 北本(札)
○…明治神宮大会を制した初出場の札幌大谷は17番の下手投げの太田が先発。1回に北本が先頭打者本塁打で先制。3回に同点に追いつかれたが、その裏、石鳥、西原の長短打で3点を加えた。先発太田は低めにボールを集め4安打1失点に抑えた。米子東の左腕エース森下も3回以降、緩い変化球で札幌大谷打線を3安打無失点に抑え好投しが打線が援護できなかった。札幌大谷は甲子園初勝利。

□2019年3月23日[第1日]/甲子園□1回戦

大会屈指の好投手奥川が強力打線を完封、151㌔をマークし17奪三振

星稜  100 000 101 3(安打9・失策2)○×習志野
履正社 000 000 000 0 (安打3・失策2)●
(星)奥川ー山瀬(履)清水、植木ー野口三塁打 有松(星)
○…1回戦屈指の好カードとなった一戦は、大会ナンバーワン右腕、星稜(石川)の奥川恭伸投手(3年)が強打の履正社(大阪)を相手に、自己最速の151㌔をマーク、17奪三振3安打完封。星稜が履正社を3-0で下して初戦突破した。《試合経過》星稜は1回、一死から2番有松が左安打で出塁。3番知田も右安打で一、二塁。4番内山が四球、5番山瀬の適時打で先制した。7回にも知田の適時打で2点目を奪い、9回には2番有松のだめ押しの三塁打で計3点を奪った。履正社の4番プロ注目の井上は4打数2三振に倒れた。

呉(広島)     000 000 101 00    2●

市和歌山(和歌山) 100 010 000 01 3○×高松商

(延長11回)

(呉)沼田仁ー秋山(和)岩本ー米田□三塁打 沼田歩(呉)□二塁打 山野(和)

○…延長11回市和歌山の攻撃。二死二塁で8番片上がサヨナラ中前安打。和歌山県勢が春100勝した。初勝利は1925年第3回大会で和歌山中(現桐蔭)が松山商を下した。市和歌山は通算7勝5敗。

春日部共栄(埼玉) 000 000 000 0●

高松商(香川)   001 024 10× 8○×市和歌山

(春)村田ー石崎(高)香川ー新居□二塁打 谷口、浅野(高)

○…高松商の左腕エース香川が制球力とキレのある変化球で13奪三振。攻撃では好投手の村田に15安打を浴びせ8得点を奪った。

◆センバツの球速上位◆

《153㌔》2008平生拓也(宇治山田商)2012藤浪晋太郎(大阪桐蔭)

《152㌔》2009菊池雄星(花巻東)2010西浦健太(天理)2013安楽智大(済美)

《151㌔》2005山口俊(柳ケ浦)2019奥川恭伸(星稜)

《150㌔》1998松坂大輔(横浜)2007佐藤由規(仙台育英)2011釜田佳直(金沢)2012大谷翔平(花巻東)2015高橋純平(県岐阜商)※夏の甲子園では2001年寺原隼人(日南学園)の158㌔が最速。

□東北勢の盛岡大付は石岡一、八戸学院光星は広陵と対戦

□期日/2019年3月23日(土)~12日間□兵庫県西宮市・甲子園球場
開会式(3月23日)選手宣誓は広陵(広島)の秋山功太郎主将(3年)。
〈第1日〉3月23日(土)□1回戦
・呉(広島)×市和歌山(和歌山)10:30~・高松商(香川)×春日部共栄(埼玉)13:00~・履正社(大阪)×星稜(石川)15:30~
〈第2日〉3月24日(日)□1回戦
・日章学園(宮崎)×習志野(千葉)9:00~・明豊(大分)×横浜(神奈川)11:30~・米子東(鳥取)×札幌大谷(北海道)14:00~
〈第3日〉3月25日(月)□1回戦
・津田学園(三重)×龍谷大平安(京都)9:00~・盛岡大付(岩手)×石岡一(茨城)11:30~・山梨学院(山梨)×札幌第一(北海道)14:00~
〈第4日〉3月26日(火)□1回戦
・筑陽学園(福岡)×福知山成美(京都)9:00~・広陵(広島)×八戸学院光星(青森)11:30~・富岡西(徳島)×東邦(愛知)14:00~
〈第5日〉3月27日(水)□1回戦
・明石商(兵庫)×国士舘(東京)9:00~・松山聖陵(愛媛)×大分(大分)11:30~・啓新(福井)×桐蔭学園(神奈川)14:00~
〈第6日〉3月28日(木)□1回戦■2回戦
・熊本西(熊本)×智弁和歌山(和歌山)9:00~・■2回戦11:30~・14:00~
〈第7日〉3月29日(金)■2回戦・3試合
〈第8日〉3月30日(土)■2回戦・3試合
〈第9日〉3月31日(日)□準々決勝・4試合
〈第10日〉4月2日(火)■準決勝・2試合(11:00~、13:30~)
〈第11日〉4月3日(月)□決勝(12:30~)


【高校野球】U18高校日本代表第1次候補選手を発表

日本高校野球連盟は2019年4月1日、U18杯(8月・韓国開催)に向けたU18高校日本代表第1次候補選手37人を発表した。大阪で4月5〜7日まで高校日本代表国際大会対策研修合宿が行われた。春季大会と日程が重なった細野晴希投手(東亜学園)、中村晃太朗投手(東海大菅生)、井上広輝投手(日大三)、広沢優(同)、小山翔輝捕手(東海大菅生)の5選手は同合宿不参加。
【監督】永田裕治(報徳学園監督)
【投手】小林珠維(東海大札幌)佐々木朗希(大船渡)西岡海斗(秋田修英)篠田怜汰(羽黒)細野晴希(東亜学園)中村晃太朗(東海大菅生)井上広輝(日大三)広沢優(日大三)及川雅貴(横浜)松本隆之介(横浜)奥川恭伸(星稜)浦松巧(啓新)石川昴弥(東邦)前佑囲斗(津田学園)林優樹(近江)西純矢(創志学園)河野佳(広陵)香川卓摩(高松商)浅田将汰(有明)宮城大弥(興南)
【捕手】渡部雅也(日大山形)小山翔輝(東海大菅生)山瀬慎之助(星稜)藤田健斗(中京学院中京)東妻純平(智弁和歌山)
【内野手】武岡龍世(八戸学院光星)韮沢雄也(花咲徳栄)森敬斗(桐蔭学園)内海貴斗(横浜)内山壮真(星稜)紅林弘太郎(駿河総合)上田希由翔(愛産大三河)熊田任洋(東邦)黒川史陽(智弁和歌山)
【外野手】野村健太(山梨学院)太田翔梧(木更津総合)来田涼斗(明石商)

《東北関係の日本代表候補選手》

佐々木投手(大船渡)が高校球界史上最速の163㌔をマーク

国際大会対策研修合宿の紅白戦が2019年4月6日(土)、奈良県内で行われ紅白戦2試合目に大船渡の佐々木朗希投手(3年)先発登板。自己最速を6㌔更新する高校球界史上最速の163㌔をたたきだし、2回を無失点圧巻の6奪三振の好投した。佐々木は1回一死後、2番の内海(横浜)への3球目。ボール球になったがプロ野球スカウトのスピードガンで高校時代の大谷翔平(エンゼルス)が3年夏にマークした160㌔を3㌔上回る163㌔の高校球界最速を樹立。2回をアウト全て三振に仕留める圧巻の内容。佐々木は190㌢の長身から左足を高く上げ、全身を柔らかく使うダイナミックなフォームが特徴。プロのスカウトたちは「令和の怪物になれる逸材」と最大級の評価をしている。


【陸上】郡が円盤投げの日本新記録 12年ぶりの更新

九州共立大学陸上部の競技会が2019年3月23日(土)、福岡県北九州市で行われ、陸上女子円盤投げで郡菜々佳が59㍍03で日本新記録を樹立した。従来の記録は2007年5月に室伏由佳がマークした58㍍62で、12年ぶりに記録を更新した。

郡は21歳。東大阪大敬愛高校出身。

砲丸投げで2016年アジア・ジュニア選手権に出場、2017年、2018年の日本選手権を砲丸投げで制した。

円盤投げは2017年日本選手権で2位。


■第43回競歩能美大会【石川県】

□日時 2019年3月17日(日)

□場所 石川県能美市の日本陸上競技連盟公認能美市営20㌔コース(往復2.0㌔)

□出場注目選手と山形、福島県関係出場者

[男子一般20㌔]松永大介、鈴木雄介(富士通)藤沢勇(ALSOK)荒井広宙(埼玉陸協)山田康太(南陽東置賜陸協)仙波修哉(会津陸協)井上大樹(山形南高)[男子学生20㌔]田中将大(山形大)
[女子Asian20㌔]河添香織(日本)
[女子一般20㌔]渕瀬真寿美(建装工業)道口愛(自衛隊体育学校)浅田千安芸(DNP)栗本真実(神奈川・逗子高)
[高校女子5㌔]片寄碧(福島・いわき秀英高)[中学女子3㌔]片寄響(福島・いわき秀英中)

□男子20㌔[1]山西利和(愛知製鉄)1時間17分15秒□女子20㌔[1]MA Zhenxia(中国)1時間28分28秒□男子高校10㌔[1]濱西諒(大阪・履正社高)42分05秒□女子高校5㌔[1]岡本瑠香(大阪・大塚高)24分19秒□男子中学3㌔[1]奥野達(大阪・金岡南中)13分01秒[3]和泉陽大(岩手・松園中)15分06秒□女子中学3㌔[1]石田さつき(表兵庫・尼崎陸協)14分35秒[3]片寄響(福島・いわき秀英中)15分33秒《成績は優勝者と東北勢上位者》