【陸上競技】□2018年8月4日(土)三重交通Gスポーツの杜伊勢っ

【男子】
□円盤投げ決勝[1]山下航生(岐阜・市立岐阜商3)58㍍02=高校新、大会新[6]湯沢秀太(盛岡工3)46㍍98[8]鈴木翔(日大東北3)44㍍65
□400㍍障害決勝[1]出口晴翔(福岡・東福岡2)51秒17[2]岩渕颯耶(仙台育英3)51秒37
□400㍍決勝[1]森周志(北海道栄3)47秒14□男子1500㍍決勝[1]ベヌエル・モゲニ(大分・大分東明3)3分47秒65
□400㍍リレー決勝[1]八王子(東京=小林枚也、斎藤陸人、上野弘貴、一瀬輝星)40秒10□棒高跳び決勝[1]大崎洋介(兵庫・明石商3)5㍍00□走り幅跳び決勝[1]海鋒泰輝(千葉・西武台千葉3)7㍍67
【女子】
□円盤投げ予選1組[1]斎藤真希(鶴岡工3)50㍍05=大会新[22]寺崎真央(山形中央1)36㍍42[24]佐藤ルウ(鶴岡工3)34㍍89□400㍍決勝[1]高島咲季(神奈川・相洋2)53秒78□同予選3組[2]長沼明音(九里学園3)57秒23□同予選4組[7]後藤小真知(山形中央2)58秒99□同準決勝3組[6]長沼明音(九里学園)56秒41
□400㍍障害決勝[1]大地彩央里(徳島・徳島市立3)59秒00[4]阪希望(山形中央2)59秒96□同準決勝3組[2]阪希望(山形中央2)1分00秒29□同予選4組[2]阪希望(山形中央2)1分01秒02□5000㍍競歩決勝[1]村上藍(熊本・尚□3)23分24秒86
□走り幅跳び決勝[1]高良彩花(兵庫・園田3)6㍍14=3連覇[2]河添千秋(松山北3)6㍍09[3]梅宮悠(埼玉栄1)5㍍91

円盤投げの斎藤(山形・鶴岡工)が2連覇達成

□円盤投げ決勝[1]斎藤真希(鶴岡工3)49㍍51=大会新[2]永井楓花(兵庫・姫路商3)43㍍74[3]奈須貴子(大分・大分雄城台2)42㍍83◎…斎藤真希(鶴岡工3年)は2位に約5㍍以上も差をつけ、49㍍51の大会新記録で2連覇を達成した。予選の1投目に大会新の51㍍05をマークし観衆から喝采を浴びた。自己ベスト52㍍38の更新を狙ったが届かなかった。「次は国体がある。そこで新記録が出せるはず」と気持ちを切り替えた。
□400㍍リレー決勝[1]立命館慶祥(北海道=吉田梨緒3、臼井文音3、石堂陽奈1、松田奈夏1)45秒68[2]京都橘(京都)45秒81[3]山形中央(岡田悠2、青野朱李3、青野心音2、酒井栞菜3)45秒82◎…昨年6位の山形中央は同じメンバーで3位入りを果たした。エース青野朱李(3年)は「優勝はできなかったのが悔しい。でもみんな精一杯の走りをしてくれた」と涙ながらに前を向いた。

【陸上競技】□2018年8月2日(木)・3日(金)三重交通Gスポーツの杜伊勢

【男子】
□100㍍決勝[1]塚本ジャスティン惇平(東京・城西3)10秒43□400㍍予選2組[6]今野凛(酒田光陵3)49秒23=落選□400㍍決勝[1]森周志(北海道栄恵3)47秒14□1500㍍予選1組[6]志貴勇斗(山形南)3分53秒09=落選□400㍍障害予選8組[4]柴崎駿希(米沢中央2)53秒59□400㍍リレー予選7組[7]酒田光陵(佐藤相軒、熊田青空、高橋響優、今野凛)41秒89=落選
□棒高跳び予選2組[7]石川星河(山形中央3)4㍍70=落選、海藤峻二(山形商3)記録無し、宮内敦史(酒田光陵3)記録無し、岡部曙(同)記録無し□棒高跳び決勝[1]大崎洋介(兵庫・明石商3)5㍍00□走り幅跳び予選1組[9]高橋一臣(酒田南3)7㍍10=落選□同2組[10]松田基(山形中央3)7㍍07=落選□同決勝[1]海□泰輝(千葉・西武台千葉3)7㍍67□円盤投げ決勝[1]山下航生(私岐阜商3)58㍍02=大会新[8]鈴木翔(日大東北3)44㍍65□ハンマー投げ予選1組[18]丸子聖矢(山形商3)51㍍69=落選□同決勝[1]種市裕紀(青森・弘前実3)65㍍98=大会新[2]久門大起(愛媛・今治明徳3)65㍍88=大会新□八種総合得点[1]駒井斗馬(京都・西城陽3)5934点[14]桐原京佑(山形中央3)5322点
【女子】
□100㍍予選1組[1]茨木凛(九里学園3)11秒93=準決勝進出□同予選6組[2]青野朱李(山形中央3)11秒80=準決勝進出□同予選7組[4]酒井栞菜(山形中央3)12秒11□同準決勝1組[3]茨木凛(九里学園3)11秒88=落選[4]青野朱李(山形中央3)11秒94=落選□同決勝[1]御家瀬緑(北海道・恵庭北2)11秒74[2]景山咲穂(千葉・私立船橋)11秒77[3]臼井文音(北海道・立命館慶祥3)11秒77
□400㍍予選3組[2]長沼明音(九里学園3)56秒30=準決勝進出□同予選4組[7]後藤小真知(山形中央2)58秒99=落選□同準決勝3組[6]長沼明音(九里学園3)56秒41=落選□同決勝[1]高島咲季(神奈川・相洋2)53秒78□1500㍍予選1組[5]石沢希らら(山形城北3)4分24秒32[8]佐藤明日美(酒田南3)4分27秒57□同予選3組[3]長沢日桜里(山形城北2)4分23秒96□同決勝[1]アグネス・ムカリ(岡山・倉敷1)4分17秒17[13]石沢希らら(山形城北3)4分30秒71[16]長沢日桜里(山形城北2)4分38秒53
□100㍍障害予選1組[1]阪希望(山形中央2)13秒78=準決勝進出□同予選7組[1]茨木凛(九里学園3)13秒89□同準決勝2組[3]阪希望(山形中央2)14秒05=決勝進出□同準決勝3組[2]茨木凛(九里学園3)13秒92=決勝進出□同決勝[1]小林歩未(千葉・市立船橋3)13秒34秒=高校新、大会新[2]安達楓恋(中京大中京2)13秒64[3]芝田愛花(恵庭南3)13秒68[4]茨木凛(九里学園3)13秒69[7]阪希望(山形中央2)13秒95

◉…優勝者の小林歩未は高校新記録を樹立するハイレベルなレースとなった。前回3位の茨木凛は優勝候補に挙げられ、その焦りから走りが力みにつながり4位に終わり、悔し涙を流した。7位に入った阪希望に「来年は優勝して」と思いを託した。
□400㍍障害予選4組[2]阪希望(山形中央2)1分01秒02=準決勝進出
□400㍍リレー予選5組[1]山形中央(岡田悠、青野朱李、青野心音、酒井栞菜)45秒81□同予選7組[5]九里学園(酒井観月、茨木凛、武田花音、山口朱音)47秒21□同準決勝1組[2]山形中央(岡田悠、青野朱李、青野心音、酒井栞菜)46秒25□同準決勝3組[6]九里学園(酒井観月、茨木凛、武田花音、山口朱音)47秒54□走り高跳び予選1組、小笠原美羽(東海大山形3)記録無し□走り高跳び決勝[1]大滝佐和(静岡・浜松西3)1㍍75[3]奥沢海砂(弘前実)1㍍69

□砲丸投げ予選2組、斎藤真希(鶴岡工3)欠場□同決勝[1]大野史佳(埼玉・西武台)14㍍55

□女子100㍍準決勝総合
[1]11秒71 鈴木一葉(埼玉栄2)▷決勝[4]11秒85
[2]11秒72 景山咲穂(市立船橋2)▷決勝[2]11秒77
[2]11秒72 御家瀬緑(恵庭北)▷決勝[1]11秒74
[4]11秒75 臼井文音(立命館慶祥3)▷決勝[3]11秒77
[5]11秒76 壹岐あいこ(京都橘3)▷決勝[6]11秒89
[6]11秒77 鈴木くるみ(旭川龍谷2)▷決勝[7]11秒93
[7]11秒78 田路遥香(中大付2)
[8]11秒82 石堂陽奈(立命館慶祥1)▷決勝[8]11秒93
[9]11秒84 高橋真由(東京3)▷決勝[5]11秒89
[9]11秒84 青山華依(大阪1)
[11]11秒88 廣瀬未翔(龍谷大平安2)
[11]11秒88 三村香菜実(東海大相模2)
[11]11秒88 茨木凛(九里学園3)
[11]11秒89 塩田夏鈴(共愛学園3)
[15]11秒94 青野朱李(山形中央3)
[16]11秒96 井戸アビゲイル風果(至学館)
[16]11秒96 佃光紗(山手女2)
[16]11秒96 榎本樹羅(四学香川西2)

青野 まさかの準決勝敗退[100]

○…前回3位で優勝候補にも挙げられていた青野朱李(山形中央3年)が、100㍍準決勝でまさかの敗退、決勝進出を逃し悔し涙を飲んだ。同準決勝はハイレベルな争いとなった。スタートで先行を許し、得意の後半の巻き返しを狙ったものの思うよう加速が得られず4着、11秒94のタイム。青野は記録が映し出される掲示板モニターをぼうぜんと見つめた。先月左足首を痛め、万全のコンディションではなかったが、それを言い訳にはしない。気持ちを切り替え5時間後には400㍍リレーに臨み、決勝進出を決めた。前回優勝の200㍍はこれからだ。このままでは終われない、青野の挑戦はまだまだ続く。

【バレーボール】山形南がストレートで敗退

□バレーボール競技は2018年7月28日(土)、三重交通Gスポーツの杜伊勢などで男子決勝トーナメント1、2回戦があり、山形南は0-2のストレートで東亜学園(東京)な敗れ、16強入りを果たせなかった。

□男子決勝トーナメント1回戦 雄物川(秋田)2-0鹿児島工(鹿児島)

□男子決勝トーナメント2回戦 山形南0(19-25、15-29)2東亜学園(東京)、市尼崎(兵庫)2-0福島商(福島)、高川学園(山口)2-1雄物川、駿台学園(東京)2-0仙台商(宮城)

□2018年8月2日(木)/津市産業SCほか

□女子予選グループ戦(勝者は決勝トーナメントへ、敗者は敗者復活戦へ)

国学院栃木(栃木)2(25-18、25-18)0山形商

□同敗者復活戦(勝者は決勝トーナメントへ、敗者は落選)

山形商2(25-13、25-23)0帯広南商(北海道)

□2018年8月3日(金)/津市産業SCほか

□女子決勝トーナメント2回戦 松山東雲(愛媛)2(25-23、25-16)0山形商

【バスケットボール】羽黒が初戦突破

□2018年8月2日(木)/一宮市総合体育館ほか

□男子1回戦 羽黒87(22-22、17-22、23-23、25-18)85厚木東(神奈川)

□女子1回戦 西原(沖縄)94(29-29、15-17、23-13、27-20)79山形商

□2018年8月3日(金)/一宮市総合体育館ほか

□男子2回戦 八千代松陰(千葉)75(28-17、15-18、12-18、20-19)72羽黒

【ホッケー】置賜農が初戦突破

ホッケー競技は2018年7月28日(土)、川崎重工ホッケースタジアムなどで男女の1回戦が行われ、男子の置賜農(山形)は1-0で須知(京都)を破り、初戦を突破した。□男子1回戦 置賜農1(0-0、1-0、0-0、0-0)0須知(京都)

□2018年7月29日(日)川崎重工ホッケースタジアム□男子2回戦

置賜農(山形)2(0-2、0-0、0-0、2-0)2沼宮内(岩手)

置賜農 SO(ショートアウト戦)3-2で勝利。8強入り

□2018年7月30日(月)川崎重工ホッケースタジアム□男子準々決勝

置賜農(山形)1(0-1、0-3、0-2、1-2)8丹生(福井)


【テニス】山形6中が男女アベック「V」

2018年7月27日(金)から29日(日)まで、福島県郡山市庭球場で行われたテニスの東北中学大会で、男子団体は山形六が、同県の山辺を3-0のストレートで下し優勝、女子団体も中央台北を3-1で破った山形六が優勝した。