第69回山形県高校総体陸上競技大会

□2018年5月23日(水)〜26日(土)/天童市のNDソフトスタジアム山形

□2018年5月26日(土)/NDソフトスタジアム山形
【男子】□200㍍決勝[1]今野凛(酒田光陵)21秒77[2]住石海希(酒田南)21秒98[3]我妻燎(九里学園)22秒03[6]信夫龍成(米沢中央)22秒32[7]樋口泰誠(同)22秒68
【男子】□110㍍障害決勝[1]柴崎駿希(米沢中央)14秒47=大会新[2]丸山亮陽(酒田南)15秒13[3]伊藤和弘(山形南)15秒18
【男子】□3000㍍障害決勝[1]中村瑠吾(山形中央)9分27秒27[2]野口楓(酒田南)9分31秒54[3]大野陽人(九里学園)9分34秒15[7]遠藤僚(同)9分46秒07[9]志釜璃久(同)10分01秒92
【男子】□1600㍍リレー決勝[1]東海大山形(大沼空、神保礼人、近悠大、森恵太)3分20秒44[2]山形学院3分20秒94[3]九里学園(佐藤雄太朗、渡辺慶太郎、小池進哉、山木拳叶)3分21秒15[6]米沢中央(松田夢大、信夫龍成、樋口泰誠、柴崎駿希)3分26秒44
【男子】□三段跳び決勝[1]松田基(山形中央)15㍍57=大会新、山形県高校新[2]安部颯斗(九里学園)14㍍56[3]柴田嵩都(山形中央)14㍍46[7]菊地慧真(米沢中央)13㍍44[10]矢萩省伍(九里学園)12㍍82
【男子】□円盤投げ決勝[1]高梨響希(東桜学館)36㍍63[2]猪野龍平(九里学園)35㍍63[3]安食由寛(山形工)34㍍78[6]吉田晴斗(米沢中央)32㍍41[8]飯沢直人(九里学園)31㍍05[9]那須新大(長井)30㍍71[10]高橋優太(米沢工)30㍍18
【男子】□八種競技総合[1]桐原京佑(山形中央)5277点[2]高橋辰壽(山形中央)5125点[3]斎藤恒(山形東)5011点
【男子総合】[1]山形中央91点(トラック4/29点・フィールド1/48点)[2]九里学園55点(トラック2/32点・フィールド3/23点)[3]東海大山形41点(トラック1/41点・フィールド//)[6]米沢中央33点(トラック5/28点・フィールド8/5点)
【女子】□200㍍決勝[1]青野朱李(山形中央)23秒61=大会新、山形県新、山形県高校新[2]青野心音(同)25秒42[3]酒井栞菜(同)25秒61[6]武田花音(九里学園)26秒02[7]佐藤羽菜(米沢中央)26秒08
【女子】□800㍍決勝[1]長沼明音(九里学園)2分10秒89=大会新[2]長沢日桜里(山形城北)2分13秒40[3]後藤小真知(山形中央)2分14秒80[4]近野桃花(九里学園)2分15秒81
【女子】□3000㍍タイムレース総合[1]石沢希らら(山形城北)9分39秒37[2]川田愛佳(東海大山形)9分43秒00[3]佐藤明日美(酒田南)9分43秒92
【女子】□100㍍障害決勝[1]茨木凛(九里学園)13秒87[2]阪希望(山形中央)14秒07[3]田代ゆきり(酒田光陵)15秒60[4]横山愛莉(九里学園)16秒07
【女子】□1600㍍リレー決勝[1]山形中央(後藤小真知、青野心音、阪希望、青野朱李)3分46秒83=山形県新、山形県高校新、大会新[2]酒田南3分51秒77[3]九里学園(山口朱音、茨木凛、近野桃花、長沼明音)3分54秒70[5]米沢中央(海野歩美、佐藤羽菜、酒井観月、高橋愛実香)4分02秒15
【女子】□七種競技総合[1]三浦知里(東海大山形)3798点[2]鹿柴杏香(山形中央)3577点[3]最林寺悠(同)354点[4]高梨早紀(九里学園)3501点
【女子総合】[1]山形中央82点(トラック1/64点・フィールド7/9点)[2]九里学園79点(トラック2/53点・フィールド3/23点)[3]東海大山形50点(トラック5/19点・フィールド2/24点)[11]米沢中央8点(トラック10/2点・フィールド8/6点)

2018年5月25日(金)/第3日/NDソフトスタジアム山形
【男子】□800㍍決勝[1]近悠大(東海大山形)1分57秒01[2]神保礼人(同)1分57秒18[3]丹波優大(山形南)1分58秒47[5]佐藤俊介(九里学園)2分00秒69[7]平真碧(米沢東)2分01秒37
【男子】□400㍍障害決勝[1]柴崎駿希(米沢中央)54秒14[2]土屋優太(山形学院)54秒83[3]高橋碧(山形商)55秒78[4]高橋飛雄馬(米沢中央)58秒28[5]渡辺慶太郎(九里学園)58秒45[8]山本大輝(米沢興譲館)1分02秒58
【男子】□走り高跳び決勝[1]矢作大輔(山形商)1㍍97[2]高橋瀬那(酒田光陵)1㍍94[3]山川智也(日大山形)1㍍94[7]柳沢友希(九里学園)1㍍85[17]今井明人(米沢工)1㍍70[21]佐藤淳哉(米沢中央)1㍍60[22]伊藤勇人(小国)1㍍60
【男子】□やり投げ決勝[1]土田雄大(山形商)56㍍13[2]宮本峻佑(九里学園)56㍍01[3]松本大和(酒田光陵)54㍍61[5]吉田晴斗(米沢中央)49㍍91[10]加藤大輝(米沢商)44㍍67[13]寒河江翔唯(米沢工)43㍍13[15]船山零司(同)42㍍95[17]奥村広之(小国)42㍍52[25]佐藤駿樹(長井)40㍍31[27]舟山和真(小国)40㍍08[31]飯沢颯太(米沢中央)35㍍98[34]山本陽太(米沢商)34㍍71
【女子】□400㍍障害決勝[1]阪希望(山形中央)1分01秒90[2]佐藤愛奏(酒田南)1分03秒76[3]山口朱音(九里学園)1分,3秒89
【女子】□棒高跳び決勝[1]杉沼凛穂(山形商)3㍍80=大会新、県高校新、県新[2]須藤優奈(上山明新館)2㍍80[3]池田美優(山形商)2㍍80
【女子】□三段跳び決勝[1]吉田吏那(東海大山形)11㍍74[2]情野ひなた(九里学園)11㍍35[3]山田璃可子(米沢中央)11㍍23[5]高橋夢華(九里学園)11㍍08[6]酒井観月(九里学園)11㍍04[7]酒井観月(米沢中央)10㍍98[18]安部優歩(米沢興譲館)9㍍99[23]斎藤明璃(米沢商)9㍍54[26]堀之内歩純(南陽)9㍍38
【女子】□砲丸投げ決勝[1]斎藤真希(鶴岡工)13㍍37[2]寺崎真央(山形中央)10㍍92[3]岡崎美里(山形西)10㍍08[7]二宮翔香(九里学園)9㍍65[22]高橋和楓(米沢商)7㍍84[23]色摩楓花(長井)7㍍84[25]横山紗季(長井)7㍍56

□第2日/2018年5月24日(木)

【男子】□100㍍決勝

[1]住石海希(酒田東)10秒99[2]太田涼(鶴岡中央)11秒00[3]吉沢真彦(山形学院)11秒03[5]樋口泰誠(米沢中央)11秒04[6]我妻燎(九里学園)11秒07

□準決勝1組[2]樋口泰誠(米沢中央)11秒11=決勝進出[6]佐竹弘太朗(米沢興譲館)11秒38=落選□同2組[5]菊地悠平(九里学園)11秒26=落選[7]柏倉拓斗(米沢興譲館)11秒34=落選□同3組[2]我妻燎(九里学園)11秒17=決勝進出[6]佐藤一成(米沢中央)11秒43=落選□予選[落選]那須信之介(長井工)11秒55/加藤大輝(米沢商)11秒56/渡部建弥(長井)11秒50/渡部将吾(長井)11秒75/新野拓海(南陽)11秒46/安部稜太朗(米沢中央)11秒56/太田祐介(米沢工)11秒75/矢萩省伍(九里学園)11秒49/斎藤紫吹(小国)11秒61□同[準決勝進出]我妻燎(九里学園)11秒13/柏倉拓斗(米沢興譲館)11秒44/佐竹弘太朗(同)11秒28/樋口泰誠(米沢中央)11秒17/菊地悠平(九里学園)11秒22/佐藤一成(米沢中央)11秒34

【男子】□5000㍍タイムレース総合

[1]志貴勇斗(山形南)15分16秒27[2]大沼翼(東海大山形)15分17秒60[3]大野陽人(九里学園)15分18秒11[4]荒生実慧(酒田南)15分18秒85[6]遠藤僚(つかさ=九里学園)15分34秒31

[9]古沢拓樹(米沢中央)15分46秒44[14]島津裕太(九里学園)16分03秒10[18]横山泰河(米沢工)16分13秒96

【男子】□5000㍍競歩決勝

[1]横山麟茶郎(九里学園)23分10秒58[2]井上大樹(山形南)23分28秒92[3]三浦嵩弘(東海大山形)24秒40秒21[7]安部康太(九里学園)26分32秒87

○…横山麟茶郎(九里学園)は先頭を維持し、終始安定した歩行で逆転を許すことなく優勝した。

優勝した酒井観月選手(九里学園)
優勝した酒井観月選手(九里学園)

【女子】□走り幅跳び決勝

[1]酒井観月(九里学園)5㍍51[2]高橋夢華(九里学園)5㍍35[3]石本早紀(山形東)5㍍31[4]情野ひなた(九里学園)5㍍29

○…2回目に5㍍51を跳んだ酒井観月選手(九里学園)が優勝した。1年生の高橋夢華選手(同)が5回目に5㍍35をマークし 、健闘したが先輩の酒井選手に及ばなかった。

[9]山田璃可子(米沢中央)5㍍08[12]酒井観月(米沢中央)5㍍03[16]斎藤明璃(米沢商)4㍍78

【女子】□100㍍決勝[1]青野朱李(山形中央3年)11秒16=追い風参考[2]茨木凛(九里学園3年)11秒80=同[3]岡田悠(山形中央)12秒22□同準決勝2組[1]青野朱李(山形中央)11秒87=大会新□同準決勝3組[1]茨木凛(九里学園)11秒90=大会新□同予選1組[1]青野朱李(山形中央)11秒91=大会タイ

○…青野朱李(山形中央)は追い風参考ながら11秒16を好記録をマーク。予選で自身の持つ大会記録(11秒91)と並んだ。準決勝ではさらに上回る11秒87の大会新記録を出した。注目を一身に集めた決勝では、50㍍付近から一気に加速し、先頭を行く茨木凛(九里学園)をかわしてトップでゴール。電光掲示板には11秒16の記録が示され、会場は沸いたが、しばらくして追い風参考とアナウンスされ、少し残念がった。蓄積した疲労の影響で1月に両膝を痛め走ることができず、ウエートトレーニングにに明け暮れ上半身を強化した。これまで後半に失速することがあったが、終盤でも腕が振れるようになり、成長は止まらない。

今年の最大の目標は、インターハイでの100㍍、200㍍、リレーの3冠だ。昨年の地元山形でのインターハイでは200㍍で優勝したものの、100㍍は3位、400㍍リレーは6位と悔しい思いをした。今年、高校3年で最後の夏(インターハイ)。青野は「体力がまだたらない。スタートの速さにも課題がある」と自己分析し、目標を達成する。

【女子】□100㍍決勝[1]青野朱李(山形中央)11秒61[2]茨木凛(九里学園)11秒80[3]岡田悠(山形中央)12秒22[4]酒井栞菜(同)12秒25[5]酒井観月(九里学園)12秒39[6]武田花音(同)12秒51[7]脇田友羽(東海大山形)12秒51[8]高橋夢生(山形商)12秒78□準決勝1組[1]酒井栞菜(山形中央)12秒16[2]酒井観月(九里学園)12秒50□同2組[1]青野朱李(山形中央)11秒87=大会新[3]武田花音(九里学園)12秒48[5]高橋愛実香(米沢中央)13秒04□同3組[1]茨木凛(九里学園)11秒90=大会新[4]海野歩美(米沢中央)12秒86□予選1組[8]高橋咲希(長井)15秒18□同2組[1]茨木凛(九里学園)12秒01[6]金子美佳(荒砥)14秒26[7]堀越佳琳(米沢工)14秒96□同3組[4]石沢綾音(米沢中央)13秒46[6]安部優歩(米沢興譲館)13秒91[7]大木里菜(長井)14秒52□同4組[8]堀之内歩純(南陽)14秒50□同5組[1]武田花音(九里学園)12秒74[3]高橋愛実香(米沢中央)13秒19[7]落合有紗(米沢商)13秒82[8]色摩楓花(長井)14秒14□同6組[1]酒井観月(九里学園)12秒59[8]丸川莉子(荒砥)13秒88□同7組[2]海野歩美(米沢中央)13秒09

【女子】□1500㍍決勝

[1]長沢日桜里(山形城北)4分30秒59[2]石沢希らら(同)4分31秒89[3]佐藤明日美(酒田南)4分34秒07[4]川田愛佳(東海大山形)4分36秒54[5]大沼亜衣(山形城北)4分40秒47[6]和賀楓(酒田南)4分43秒78[7]小林遼緒(九里学園)4分47秒12[8]細矢愛結(山形北)4分47秒55○…レースは県内実力者の長沢、石沢、佐藤が引っ張る展開。長沢が抜け出し優勝した。1年生の和賀が6位に入った。

【写真】右から石沢選手、佐藤選手、長沢選手

女子円盤投げベスト8(8人)による上位争い。左から7人目、二宮翔香選手(九里学園)
女子円盤投げベスト8(8人)による上位争い。左から7人目、二宮翔香選手(九里学園)
 笑顔で競技を終えた円盤投げの斎藤真希選手(鶴岡工)。51㍍91の大会新記録。
笑顔で競技を終えた円盤投げの斎藤真希選手(鶴岡工)。51㍍91の大会新記録。

【男子】□砲丸投げ決勝[1]高橋辰壽(山形中央)12㍍18[2]多田直黄(村山産)11㍍61[3]近野陽(米沢工)11㍍53[4]飯沢直人(九里学園)11㍍34[7]佐藤駿樹(長井)11㍍02
【女子】□走り高跳び決勝[1]小笠原美羽(東海大山形)1㍍60[2]石井瑠華(同)1㍍51[3]江目日菜(谷地)1㍍51[7]長谷川琴音(米沢東)1㍍48[8]情野ひなた(九里学園)1㍍48
【女子】□2000㍍障害[1]高橋侑愛(山形城北)7分16秒39[2]土屋里菜(東海大山形)7分21秒98[3]佐藤佳乃(酒田南)7分23秒08[14]横沢佑果(長井)8分27秒35[16]斎藤帆野花(米沢興譲館)8分48秒12
【女子】□円盤投げ決勝[1]斎藤真希(鶴岡工)51㍍91=大会新、U18日本新記録[2]佐藤ルウ(同)35㍍75[3]寺崎真央(山形中央)33㍍36[7]猪俣璃々菜(米沢中央)29㍍59[13]赤間広美(長井)24㍍77[16]二宮翔香(九里学園)24㍍01[23]今ひろみ(小国)19㍍53[26]佐藤皆水(同)17㍍84[28]金子友莉(高畠)17㍍43[29]高橋里奈(高畠)17㍍11[30]舟山優奈(小国)16㍍16

○…優勝候補の斎藤真希(鶴岡工)は1投目で自身の持つ大会記録(47㍍62/67回2016年)を更新する49㍍04をマーク、その後も記録を大きく伸ばして51㍍91のU18日本新記録で優勝した。

□女子4×100mリレー/優勝は山形中央
□女子4×100mリレー/優勝は山形中央

【女子】□400㍍リレー決勝[1]山形中央(岡田悠、青野朱李、青野心音、阪希望)46秒99[2]九里学園(酒井観月、茨木凛、武田花音、山口朱音)48秒08[3]東海大山形(東海林楓果、岡崎郁菜、水戸楓花、脇田友羽)49秒35[7]米沢中央(石沢綾音、佐藤羽菜、渡部結子、高橋愛実香)49秒88


第65回春季東北地区高校野球山形県大会

□2018年5月27日(日)/米沢市営野球場

□決勝

山形中央 000 000 003 3

羽  黒 010 000 03× 4

(山)高地、佐藤智ー佐藤龍(羽黒)佐藤ー秋保

□二塁打 武田翔、渡辺(山)秋保、竹内、塩崎、山田(羽)

○…羽黒は2回に8番佐藤の適時打で先制。8回に7番秋保の2点適時打で4-0とリードした。9回に背番号「18番」のエース佐藤が3点を失うが、強気の投球でピンチを凌ぎ頂点に立った。

□3位決定戦

創学館  010 103 100 6

山形城北 000 002 05× 7

(創)武田ー高橋(山)竹田ー古関

□三塁打 伊藤(山)□二塁打 武田、稲村2、高橋(創)武田、板垣(山)

○…4点差を追う山形城北の8回の攻撃、無死一、三塁から4番竹田が意地の適時打、続く5番伊藤の適時3塁打で2点を加えね、さらに6番鈴木の安打で同点。8番古関の犠飛で一気に逆転した。地元米沢市出身の伊藤は4打数1安打(三塁打)2打点と活躍した。快進撃を続けてきた創学館は、8回にエース武田が力尽きた。

□2018年5月26日(土)/米沢市営野球場(皆川球場)
□準決勝/第2試合
山形中央 005 320 2 12(山形中央は東北大会出場)
山形城北 020 110 0 4 (7回コールド)
(中)高地、荒川ー佐藤龍(城)竹田、佐藤ー古関
□本塁打 伊藤(城)□三塁打 長岡(中)□二塁打 高地2、渡部、武田達(中)板垣(城)
○…2点を追う山形中央は3回、無死から武田翔、長岡、佐藤龍のクリーンアップの長短打、2死から高地、小野、渡部の連打で5点を奪い5-2と逆転。さらに4回、5回にも加点し、城北の好投手竹田をノックアウト。7回にも代わった佐藤から鈴木の内野安打で2点を奪い12-4の7回コールドで山形中央が勝ち決勝に進出した。
●…今大会注目の好投手、城北の右腕竹田は、高めに浮く速球を狙い打たれ5回32打者、被安打13と打ち込まれた。3回、5回に連打を許し山形中央打線の勢いを止めることができず5回で降板したのが誤算だった。
□同/第1試合
羽 黒 002 213 5 13(羽黒は東北大会出場)
創学館 000 012 0 3 (7回コールド)
(羽)篠田、斎藤ー秋保(創)武田、渡辺、尾形、山川ー高橋
□本塁打 日下部、藤沼(羽)□三塁打 今岡(羽)□二塁打 篠田、今岡2、藤沼(羽)
○…羽黒は2回に日下部の2点本塁打で先制。6回には篠田、今岡、藤沼の長打攻撃で点差を広げ、7回にも藤沼のダメ押しの2点本塁打で大勝した。
●…創学館は6回、2死一塁から木村、芳賀、山川の連打で2点を返す意地をみせた。

山形中央 高地洋輔投手 3年
山形中央 高地洋輔投手 3年
山形中央 荒川淳之介投手 2年
山形中央 荒川淳之介投手 2年
山形城北 竹田葵投手 3年
山形城北 竹田葵投手 3年
山形城北 佐藤健太郎投手 3年
山形城北 佐藤健太郎投手 3年
羽黒 篠田怜汰投手 2年
羽黒 篠田怜汰投手 2年
羽黒 斎藤投手
羽黒 斎藤投手
創学館 武田真東投手 3年
創学館 武田真東投手 3年
創学館 渡辺壮太投手 2年
創学館 渡辺壮太投手 2年

□2018年5月21日(月)/米沢市営野球場
□準々決勝
酒田光陵 000 000 0 0 (7回コールド)
羽  黒 010 033 × 7
(酒)阿蘇ー高橋海(羽)篠田ー秋保
□二塁打 渡部、藤沼(羽)菅原(酒)

○…羽黒は今大会初登板の篠田が好投した。
創学館 010 300 100 5
山形南 000 010 012 4
(創)武田ー高橋(山)井上、森谷ー小屋
□本塁打 芳賀(創)□二塁打 芳賀(創)小笠原、荒井(山)

○…快進撃を続ける創学館は、先発武田が山形南に10安打を浴びるが要所をしめて151球で完投し、勝利に大きく貢献した。
□準々決勝(きらやかスタジアム)
山形中央 000 002 100 3
鶴岡東  000 000 000 0
(山)佐藤智ー佐藤龍(鶴)田辺、木村、工藤ー大井
□三塁打 小野(山)

○…山形中央のエース佐藤智が変化球を主体にした投球で鶴岡東を5安打に抑え完封した。
日大山形 000 010 000 1
山形城北 040 000 00× 4
(日)佐藤洸ー渡部、水戸(山)竹田ー古関
□本塁打 伊藤(山)□二塁打 榎本、佐藤亘(日)伊藤(山)

○…山形城北は2回、日大山形のエース佐藤洸から先頭の5番伊藤が本塁打を放って先制。2死一、三塁から連打などで4点を奪取。山形城北の先発竹田は緩急をつけた投球で強力な日大山形打線を被安打4、奪三振11の失点1に抑えた。

【高畠×酒田光陵】9回裏、高畠の近嵐内野手が二塁をねらったが金野内野手にタッチされ2アウト。
【高畠×酒田光陵】9回裏、高畠の近嵐内野手が二塁をねらったが金野内野手にタッチされ2アウト。
8回に同点となる2点3三塁打を放った本木外野手(高畠)
8回に同点となる2点3三塁打を放った本木外野手(高畠)

□2018年5月20日(日)/第2日/米沢市営野球場

□2回戦

酒田光陵 030 000 001 4

高  畠 001 000 020 3

(酒)佐藤大、菅原ー高橋海(高)丹ー市川暉

□三塁打 本木(高)□二塁打 菅原、長南(南)佐藤、近嵐、武田元(高)

●…2点差の高畠は8回裏、先頭の2番近嵐が2塁打で出塁。3番長谷川が四球、4番高橋の犠打で1死二、三塁に。5番本木の三塁打で同点に追いつくと、7番市川暉の死球、武田澪の四球で2死満塁のチャンス。9番丹の当たりは鋭い二塁ライナーに倒れ、逆転することはできなかった。9回犠飛で勝ち越し点を許すが、その裏の高畠は無死から1番武田元が二塁打を放った。2番近嵐の犠打は捕手前に転がり、飛び出した二塁ランナーの武田元が二、三塁間で挟まれ1アウト。この間に二塁を狙った近嵐もアウトになり2死走者なしとチャンスが消え、接戦を落とした。高畠先発の右腕丹は2回に4安打を集められ3点を失うが、その後、ていねいな投球で酒田光陵打線を抑えた。9回に先頭打者の小山に死球を与え、結局、8番金野の右飛が決勝点になって敗れた。ピンチに盗塁を許し、2度得点につながったたケースもあった。

●…1回戦の山形商戦で好投した右腕エース丹優哉投手(2年)が9回までを粘投した。打者36人、被安打10、四死球1、奪三振5の内容。2回に甘く入ったストレートを狙われ4安打を打たれ3点を失ったが、以降は安打を許しても要所を締めた。3-3の同点で迎えた9回の投球は、先頭打者の小山に死球を与えてしまった。代走に盗塁され、犠打で走者を3塁に進められた。踏ん張りどころだったが8番打者の右飛が決勝点となって敗戦投手に。今大会からエースナンバーの「1」を背負う右腕は、強豪と互角の戦いを演じ、自信を深めた。

□2回戦/きらやかスタジアム山形(山形市)
山形中央 001 102 003 7
酒田東  000 010 000 0
(山)村上、荒川ー佐藤龍(酒)梶原、斎藤由ー石黒
□本塁打 渡部(酒)□三塁打 長岡(山)□二塁打 石黒、高杉(酒)富樫(山)
山形城北  011 447 17 (6回コールド)
新庄神室産 101 001 3
(山)佐藤、土田ー古関(新)土田、沼沢、倉橋ー菅原、鈴木
□本塁打 古関(山)□三塁打 鈴木、足達(山)□二塁打 武田、伊藤(山)
□/米沢市営野球場
米沢工 010 102 300 7
創学舘 010 002 005 8
(米)中沢、阪野ー梅津(創)今野、武田、渡辺壮ー高橋
□三塁打 中沢(米)武田、渡辺士(創)
山形南 1
新庄北 0
(山)森谷ー小屋(新)渡辺ー手塚

山形南 115 030 0 10 (7回コールド)
新庄北 002 000 0 2
(山)森谷、中條、井上ー小屋(新)渡辺、黒田、本間ー手塚
□本塁打 手塚(山)□二塁打 小笠原2、五十嵐、佐藤、荒井(山)小野寺(新)
鶴岡工  101 100 3
日大山形 101 272 13 (6回コールド)
(鶴)佐藤泰、石川、本間、相馬ー遠藤、阿部(日)木村、浅賀ー渡部
□三塁打 鹿野航、竹田(日)□二塁打 斎藤2、竹田、鹿野航(日)

9回に本塁打を放った中條内野手(山形南)この試合6打点の大活躍
9回に本塁打を放った中條内野手(山形南)この試合6打点の大活躍

□2018年5月19日(土)/第2日/米沢市営野球場(米沢市)
□1回戦
山形南 020 403 013 13
酒田西 020 020 100 5
(山)五十嵐ー小屋(酒)後藤佑、井上、後藤佑、井上ー石川
□本塁打 中條(山)□三塁打 中條、大場(山)□二塁打 山口(山)岡野(酒)
○…点差を2点に詰め寄られた山形南は6回表、先頭の8番山口が四球で出塁。一死後、9番佐藤の犠打で2死三塁に。このチャンスに1番荒井の適時打で1点を追加した。さらに3番大場、4番小笠原の連打でこの回3点を加点。9回には8番の背番号15中條が左スタンドに運ぶ本塁打を放ってダメ押し点、試合を決定づけた。この日の中條は、2塁打がでればサイクルヒットとなる4打数3安打6打点の活躍。先発した背番号5の右腕五十嵐は後半、酒田西の反撃を振り切って完投勝利を飾った。

今春、山形電波工から校名が創学館にかわって春の県大会初勝利/米沢市営野球場
今春、山形電波工から校名が創学館にかわって春の県大会初勝利/米沢市営野球場

□2018年5月19日(土)/第2日/きらやかスタジアム山形(山形市)

□1回戦

米中央の3投手打たり大敗

米沢中央 000 000 0 0
山形城北 004 113 × 9 (7回コールド)
(米)伊藤、木城、渡部ー町田(山)竹田ー古関
□本塁打 伊藤(山)□三塁打 伊藤(山)□二塁打 鈴木、木城(米)竹田、鈴木(山)

序盤に失点、悔やまれる興譲館

鶴岡工   201 300 003 9
米沢興譲館 000 020 000 2
(鶴)石川、本間、相馬ー阿部(米)小笠原、戸田ー武井
□三塁打 榎本、遠藤(鶴)□二塁打 佐藤泰(鶴)
□2回戦
東海大山形 300 000 002 5
鶴岡東   511 010 00× 8
(東)清野ー丸子(鶴)田辺、丸山ー大井
□三塁打 橋本(鶴)□二塁打 河野、大井3、永田(鶴)
□同/同/米沢市営野球場(米沢市)
□1回戦
新庄東 000 010 0 1
創学館 030 520 × 10 (7回コールド)
(新)渡辺、末窪ー海藤(創)武田、渡辺壮ー高橋
□三塁打 笹原(新)木村(創)□二塁打 石沢2、榊原(創)末窪(新)
□2回戦

九里学園は逆転で敗れる

羽  黒 001 000 142 8
九里学園 001 101 001 4
(羽)佐藤ー秋保(九)千葉ー菊田
□三塁打 鈴木大(九)□二塁打 竹内、北原、矢部(羽)菊田3(九)

□2018年5月18日(金)第1日
□きらやかスタジアム(山形市)/1回戦
長   井 000 00 0 (5回コールド)
東海大山形 022 6× 10
(長)島貫、渡部啓、近野ー佐藤正(東)清野、大浦ー丸子
□三塁打 細谷、桑山(東)□二塁打 古沢(東)
酒田東 000 002 000 04 6 (延長11回)
山形工 000 001 100 00 2
(酒)斎藤駿ー石黒(山)小屋、田村、清野ー武田
□三塁打 田村(山)石井、金内(酒)□二塁打 佐藤丞(酒)横山、佐藤秀(山)
□米沢市営野球場(米沢市)/1回戦
谷 地 0 00  00 0 (5回コールド)
羽 黒 10813×   22
(谷)土田、高橋、大泉、長岡ー杉沼(羽)佐藤ー秋保
□三塁打 中島、竹内(羽)□二塁打 今岡、渡部、日下部、秋保、矢部(羽)
山形商 000 110 001 3
高 畠 002 200 00× 4
(山)浅沼、遠藤ー早坂(高)丹ー市川暉
□三塁打 長谷川(高)□二塁打 近嵐(高)早坂(山)


平成30年度置賜地区高校総合体育大会ホッケー競技

□2018年5月12日(土)/川西町総合運動公園ホッケー競技場

□女子/米沢商4(3-0、1-1)1米沢興譲館

□得点者【商】情野桜2、青木琴美、船山友里【興】山木郁歩

○…女子は米沢商と米沢興譲館の2校だけの出場。米沢商は前半5分にショートコーナーからMF情野桜(3年)がシュートを決めて先制、さらに10分にも情野桜が2点目を入れた。20分に青木琴美(2年)が3点目を決め、終始攻め立てて前半で3-0と米沢商が大きくリードした。後半、米沢商は米沢興譲館に押し込まれ、1点を奪われたものの、すぐに船山友里(2年)のシュートで取り戻し、4-1で快勝した。

【米沢商】

【米沢興譲館】

【ホッケー競技】男子の川西中が初優勝/中学の東日本日光大会

第39回東日本中学校ホッケー日光大会が2018年5月3日〜5日、栃木県日光市の今市青少年スポーツセンターで開かれ、男子の部で川西中A(山形)が3-2で川口中A(岩手)を下して初優勝した。女子の川西中・米沢三中連合は決勝トーナメント初戦で栗原西中(宮城)に敗れた。【男子の部】[1]川西中A(山形)[2]川口中A(岩手)[3]東原中(栃木)【女子の部】[1]栗原西中(宮城)[2]沼宮内中(岩手)[3]大谷中(富山)


【陸上競技】第71回東北学生陸上競技対校選手権大会(東北インカレ)

2018年5月17日(木)から19日(日)まで宮城県総合運動公園ひとめぼれスタジアム宮城で開催。第2日までで、山形県関係では男子三段跳びで柏倉康平(山形大3年、楯岡高出)が追い風参考ながら15㍍33で優勝、女子では走り高跳びで武田萌伽(山形大1年、新庄東高出)が1㍍63で優勝した。女子ハンマー投げは塩野紗矢(米沢女短大)が43㍍90で制した。女子100㍍障害は九里学園高出(米沢市)の吉田菜穂(福島大4年女子主将)が優勝した。女子400㍍リレーは、会津学鳳高出の小杉恵理がメンバー入りしている福島大が制した。女子100㍍には九里学園高出の高橋かおり(山形大3年)、同じく菊地葵(同大2年)、100㍍障害には佐藤和(山形大1年・米沢興譲館高出)、1500㍍には米沢興譲館高出の舟山愛理(山形大)が出場した。


平成30年度置賜地区高校総合体育大会陸上競技大会

□2018年5月5日(土)〜6日(日)/米沢市営陸上競技場

□女子100㍍障害決勝

4人が出場。置賜大会記録(14秒33/2017年)を持つ茨木凛(九里学園3年)が自己記録を更新する14秒07の大会新記録で優勝した。気温も低く雨が降る最悪のコンディションを感じさせない力走だった。

[1]茨木凛(九里学園3年)14秒07=大会新=写真=

[2]高橋夢華(九里学園1年)15秒42

[3]横山愛莉(九里学園2年)16秒15

[これまでの大会記録/茨木凛・九里学園/14秒33(2017)]

※茨木凛は100㍍決勝でも11秒98の大会新記録を樹立、さらに400㍍リレーも制して初日に3冠達成。

【男子】の結果/大会新5つ誕生

□男子100㍍決勝 [1]我妻燎(九里学園)11秒08[2]樋口泰誠(米沢中央)[3]佐竹弘太朗(米沢興譲館)

□男子200㍍決勝[1]我妻燎(九里学園)22秒38[2]信夫龍成(米沢中央)[3]渡辺慶太朗(九里学園)

□男子400㍍決勝[1]信夫龍成(米沢中央)50秒50[2]松田夢大(同)[3]佐藤雄太郎(九里学園)51秒43

□男子800㍍決勝[1]佐藤俊介(九里学園)2分0秒15[2]平真碧(米沢東)[3]横井健太(小国)
□男子1500㍍決勝(タイムレース)[1]古沢拓樹(米沢中央)4分13秒89[2]平真碧(米沢東)[3]横山泰河(米沢工)

□男子5000㍍決勝[1]大野陽人(九里学園)15分37秒01[2]遠藤僚(同)15分41秒73=以上大会新[3]島津裕太(同)[これまでの大会記録/鈴木翔・米沢工/15分43秒72(2008)]
□男子110㍍障害決勝(タイムレース)[1]柴崎駿希(米沢中央)15秒21=追い風参考[2]矢萩省吾(九里学園)16秒40[3]大沼慶稀(長井)

□男子400㍍障害決勝[1]柴崎駿希(米沢中央)54秒24=大会新[2]高橋飛雄馬(同)[3]渡辺慶太朗(九里学園)[これまでの大会記録/永井桂大・米沢中央/54秒76(2017)]

□男子3000㍍障害決勝[1]大野陽人(九里学園)9分47秒96[2]遠藤僚(同)9分51秒02[3]志釜璃久(同)10分16秒76
□男子400㍍リレー決勝[1]米沢中央(信夫、樋口、菊地、柴崎)42秒81[2]九里学園(渡辺、菊地、矢萩、我妻燎)42秒82[3]長井

□男子1600㍍リレー決勝[1]米沢中央(松田、信夫、樋口、柴崎)3分22秒12=大会新[2]九里学園[3]米沢興譲館[これまでの大会記録/米沢中央(永井、寒河江、信夫、柴崎)3分22秒20(2017)]

□男子5000㍍競歩決勝[1]横山麟茶郎(九里学園)22分26秒81=大会新[2]安部康太(同)[これまでの大会記録/横山麟茶郎・九里学園/23分29秒44(2017)]
□男子走り高跳び決勝[1]柳沢友希(九里学園)1㍍85[2]今井明人(米沢工)[3]佐藤淳哉(米沢中央)

□男子走り幅跳び決勝[1]安部颯斗(九里学園)6㍍53[2]菊地慧真(米沢中央)[3]佐藤空(同)

□三段跳び決勝[1]安部颯斗(九里学園)14㍍11=追い風参考[2]菊地慧真(米沢中央)[3]大場洸介(同)
□男子砲丸投げ決勝[1]飯沢直人(九里学園)10㍍61[2]近野陽(米沢工)[3]佐藤駿樹(長井)
□男子円盤投げ決勝[1]猪野龍平(九里学園)33㍍99[2]那須新大(長井)[3]石田響希(米沢中央)

□男子ハンマー投げ決勝[1]飯沢直人(九里学園)36㍍77[2]猪野龍平(同)[3]石田響希(米沢中央)

□男子やり投げ決勝[1]宮本峻佑(九里学園)54㍍64[2]加藤大輝(米沢商)[3]吉田晴斗(米沢中央)

□男子学校対抗総合[1]九里学園=17連勝[2]米沢中央[3]米沢工□同トラック[1]九里学園[2]米沢中央[3]米沢興譲館□同フィールド[1]九里学園[2]米沢中央[3]米沢工

■男子注目選手の結果

□100㍍/住石海希(酒田東)11秒11□200㍍/今野凛(酒田光陵)22秒51□棒高跳び/石川星河(山形中央)4㍍90=村山地区大会新□三段跳び/松田基(山形中央)15㍍08=村山地区大会新□5000㍍/志貴勇斗(山形南)15分2秒00□800㍍/近悠大(東海大山形)1分58秒90

【置賜のスプリンターたち】■男子■

《九里学園女子のリレーメンバー》左から、酒井観月選手、武田花音選手、山口朱音選手、茨木凛選手、近野桃花選手、長沼明音選手
《九里学園女子のリレーメンバー》左から、酒井観月選手、武田花音選手、山口朱音選手、茨木凛選手、近野桃花選手、長沼明音選手

【女子の結果】大会新8つ誕生

□女子100㍍決勝 [1]茨木凛(九里学園)11秒98=大会新[2]武田花音(同)12秒66[3]海野歩美(米沢中央)[これまでの大会記録/茨木凛・九里学園12秒24(2017)]

□女子200㍍決勝[1]茨木凛(九里学園)25秒94[2]佐藤羽菜(米沢中央)[3]武田花音(九里学園)□女子400㍍決勝[1]長沼明音(九里学園)59秒11[2]山口朱音(同)1分00秒19[3]近野桃花(同)1分00秒34

□女子800㍍決勝[1]長沼明音(九里学園)2分17秒53=大会新[2]近野桃花(同)[3]小林遼緒(同)[これまでの大会記録/長沼明音・九里学園2分17秒88(2017)]□女子1500㍍決勝(タイムレース)[1]長沼明音(九里学園)4分55秒62[2]小林遼緒(同)4分57秒8[3]黒田愛奈(米沢興譲館)□女子3000㍍決勝[1]片倉珠咲(九里学園)11分18秒29[2]小林咲葉(長井)[3]黒田愛奈(米沢興譲館)
□女子100㍍障害オープン種目[1]高梨早紀(九里学園)17秒00=追い風参考[2]石川美咲(同)[3]鶴巻美羽(米沢工)□女子400㍍障害決勝[1]山口朱音(九里学園)1分7秒89[2]横山あみ(同)[3]寺嶋七海(長井)□女子2000㍍障害オープン種目[1]横沢佑果(長井)8分8秒69[2]斎藤帆野花(米沢興譲館)

□女子5000㍍競歩決勝[1]鈴木繭(九里学園)27分19秒41=大会新[これまでの大会記録/横尾はるか・九里学園27分32秒07(2013)]
□女子400㍍リレー決勝[1]九里学園(酒井観月、茨木凛、武田花音、山口朱音)48秒22[2]米沢中央[3]長井□女子1600㍍リレー決勝[1]九里学園(山口朱音、近野桃花、茨木凛、長沼明音)3分57秒20[2]米沢中央[3]長井
□女子走り高跳び決勝[1]情野ひなた(九里学園)1㍍51[2]長谷川琴音(米沢東)[3]横山あみ(九里学園)1㍍40

□女子三段跳び決勝[1]情野ひなた(九里学園)11㍍01(追い風参考)=大会新[2]高橋夢華(同)10㍍99(同)=大会新[3]山田璃可子(米沢中央)10㍍97(同)=大会新[4]酒井観月(九里学園)10㍍88(同)=大会新[これまでの大会記録/和地彩花・九里学園10㍍54(2017)]

□女子走り幅跳び決勝[1]情野ひなた(九里学園)5㍍34[2]高橋夢華(同)[3]酒井観月(同)

□女子ハンマー投げ[1]高橋和楓(米沢商)20㍍17=大会新[2]鈴木菜々(米沢商)[3]河合陽咲(同)[これまでの大会記録/?]

□女子砲丸投げ決勝[1]二宮翔香(九里学園)9㍍37[2]佐藤羅美(米沢商)[3]高橋和楓(同)
□女子円盤投げ決勝[1]二宮翔香(九里学園)31㍍32[2]猪俣璃々菜(米沢中央)[3]赤間広美(長井)□女子やり投げ決勝[1]二宮翔香(九里学園)36㍍68[2]猪俣璃々菜(米沢中央)[3]赤間広美(長井)

□女子学校対抗総合[1]九里学園=47連勝[2]米沢中央[3]長井□同トラック[1]九里学園[2]米沢中央[3]長井□フィールド[1]九里学園[2]米沢商[3]米沢中央

○…九里学園の情野ひなたが走り高跳び、走り幅跳び、三段跳びの3種目で優勝。三段跳びは追い風参考ながら11㍍01の好記録をマークした。三段跳びはそのほか高橋夢華(九里学園)、山田璃可子(米沢中央)、酒井観月(九里学園)の記録も大会新記録となった。

投擲(てき)競技の二宮翔香(九里学園)も砲丸投げ、円盤投げ、やり投げの3種目を制した。【写真は情野ひなた選手】

■女子注目選手の結果

□100㍍/青野朱李(山形中央)11秒95□200㍍/青野朱李(山形中央)24秒60=村山地区大会新□400㍍リレー/山形中央(酒井栞菜、青野朱李、阪希望、岡田悠)47秒09=村山地区大会新□1600㍍リレー/山形中央(白井恵、後藤小真知、阪希望、青野朱李)3分53秒48=村山地区大会新□棒高跳び/杉沼凛穂(山形商)3㍍60=県高校新、村山地区大会新□100㍍障害/阪希望(山形中央)14秒38=村山地区大会新□3000㍍/長沢日桜里(山形城北)9分41秒68