◇第68回春季東北地区高校野球山形県大会地区予選◇

【村山地区】

2021425日(天童市スポーツセンター野球場ほか)

□一次予選3回戦

東海大山形 031 0  10 0 8(13安打1失策)

山形城北  103 0110 × 15(6安打1失策)(7回コールド)(県大会出場)

(東)難波猛、白田大和、鈴木拓磨、菊地唯斗、辻寛太朗、滝口滉矢ー森桜花(山)鎌田渚ー松田敬悟

□本塁打=大河原翔3号3ラン(2回鎌田)田島優大1号3ラン(3回白田)□三塁打=的場北斗(東)□二塁打=森桜花(東)大野栄斗、小関麗陽(山)

●優勢だった東海大山形の敗因は5回の守備。山形城北に12の四死球と3つの暴投などを与えた投手陣が大乱調で一挙11点を奪われ、流れが大きく変わり大敗した。(文責・鈴木和広=無断転載禁止)

《東海大山形》[左]大河原翔[中]田邊琉斗[三]佐藤士葵[一]水尾悠斗[右]田端真陽ダッタ[二]池口輝[捕]森桜華[遊]的場北斗[投]難波猛

《山形城北》[遊]大野栄斗[二]原雄大[燦]田島優大[一]中村成良[右]菊地伶勇[左]秋保圭汰[中]小関麗陽[捕]松田敬悟[投]鎌田渚

□同3回戦

日大山形 000 042 011 8(12安打1失策)(県大会出場)

山本学園 101 000 000 2(6安打2失策)

(日)大類興雅ー梅津康生(山)菅井信也、佐藤航太ー丹野大輝

□三塁打=高橋謙心(山)□二塁打=齋藤悠真、土屋駿斗(山)伊藤輝海、秋葉光大(日)

《日大山形》[右]滝口琉偉[三]秋葉光大[捕]梅津康生[中]浅利瑠良[左]伊藤輝海[遊]齋藤堅史[一]鹿野一斗[投]大類興雅[弐]大場陽南斗

《山本学園》[遊]高橋謙心[三]齋藤悠真[左]岩瀬修征[投]菅井信也[一]粟野海斗[捕]丹野大輝[中]渡辺陵摩[二]土屋駿斗[右]近藤寛斗

日大山形…中盤に山本学園の好投手、菅井信也を攻め6-2と逆転すると2年生投手大類が2失点で完投した。文責・鈴木和広=無断転載禁止

□同3回戦

山形中央 000 040 000 00 4(10安打)

山形学院 100 001 002 01 5(11安打2失策)(延長11回)(県大会出場)

(中)本間翼ー小玉康生(学)渡邉遥斗、木村吏玖、新倉志劉ー河原田悠斗

□二塁打=板坂龍晃、四柳恒成(学)

◎…山形学院は11回、一死満塁から5番阿部凌太が中前にサヨナラ打で接戦を制した。(文責・鈴木和広=無断転載禁止)

《山形中央》[二]庄司大和[一]武田陸玖[投]本間翼[右]高木楓河[捕]小玉康生[中]渡邉秀輔[左]森開哉[遊]秋場輝空斗[三]武田陽汰

《山形学院》[左]矢作奨瑛[中]渡邉隼士[右]相馬隼[一]板坂竜晃[三]阿部凌太[捕]河原田悠斗[二]四柳恒成[遊]吉田優太[投]渡邉遥斗

□同

山形工 002 100 301 7(13安打3失策)(県大会出場)

創学館 020 111 000 5(14安打1失策)

 (山)有路大斗ー阿部凌汰(創)牧野勇人、早坂翔空、佐東龍斗ー藤田侑大□三塁打=橋本凌、舟山侑輝、須藤悠光(山)□二塁打=阿部凌汰(山)佐東龍斗、藤田侑大、後藤響(創)

◎…3-5で2点を追う山形工7回の攻撃。1死から1番須藤悠光が三塁打で出塁。2死後、3番橋本凌の内野安打で1点を加え4-5に。4番舟山侑輝の適時打で5-5の同点。5番岡部凌汰の逆転二塁打で勝ち越した。さらに9回にも加点、7-5にした。先発の有路大斗が後半丁寧な投球で抑え切った。(文責・鈴木和広=無断転載禁止)

【村山地区】

■一次予選1回戦(2021年4月22日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)

山形東  000 00 0

山形学院 000 73 10(5回コールド)

(東)黒沼涼太、菖蒲陸ー山田龍翔(学)木村吏玖ー河原田悠斗□三塁打=渡辺隼士(学)□二塁打=吉田優太、四柳恒成(学

◎山形学院…山形県大会地区予選が2年ぶりに幕を開けました。開幕戦に登場した昨夏の県8強の山形学院が10-0の5回コールド発進。先発した左腕エース木村吏玖投手(2年)が山形東に無安打無失点の快投。キレのある直球に90㌔台の変化球を織り交ぜ、相手打線を翻弄しました。2度の3者三振を含む9奪三振をマークしました。打線は4回に一挙7得点を奪うなど好調。中でも2番渡辺隼士外野手は三塁打を含む3打数2安打4打点と大活躍しました。(スズキ)●山形東…先発した黒沼涼太内野手(2年)が3回まで山形学院を無安打無得点に抑えていたが、4回に四球を挟み長短4連打でつかまりました。主将の山田龍翔捕手は「変化球を捉えられた。2次予選で勝利を目指します」と前を向きました。(文責・鈴木和広=無断転載禁止)

【村山地区】4月24日(土)

□一次予選2回戦

山形南  320 400 000 9

山形学院 363 000 02× 14

(南)高橋瞭太、工藤草太ー池田充輝(学)木村譲、木村吏玖ー河原田悠斗

□二塁打=高橋瞭太、工藤草太(南)板坂竜晃2、阿部凌太(学)

山形明正 1  01 00 2

山形中央 1108 2× 21(5回コールド)

(明)大島倭、木村那弥、横山悟、渡部凪ー細谷遥希(中)本間翼、北嶋伯斗ー富沢力凰、小玉康生□三塁打=武田陸玖、森朋弥(中)□二塁打=金沢岳紀(明)高木楓河(中)

山形商  000 000 0 0

日大山形 031 013 × 8(7回コールド)

(山)原田匠登、鈴木隆統ー大沼光之介(日)菅井颯、宇治田宙、日野晴翔ー梅津康生□二塁打=岸田航輝(山)滝口琉偉2、浅利瑠良(日)

寒河江  000 000 000 0

山本学園 021 010 00× 4

(寒)阿部柊太、後藤俊ー阿部耕大(山)佐藤航太、菅井信也ー丹野大輝

東海大山形 141 113 11

左沢    000 000 0(6回コールド)

(東)滝口滉矢、辻寛太朗、菊地唯斗ー森桜花(左)大江聡太ー阿部大介□本塁打=大河原翔2(東)□二塁打=田端真陽ダッタ、池口輝、佐藤士葵、水尾悠斗(東)

山形城北 823 21 16

寒河江工 000 00 0(5回コールド)

(山)佐藤大樹、遠藤広貴、山口璃稀弥、鎌田渚ー松田敬悟(寒)武田隆之介、高橋悠真ー早坂雄太□本塁打=中村成良2、菊地伶勇(山)□二塁打=佐藤大樹、大野栄斗(山)

山形工   211 050 14 14

天童・谷地 020 020 00 4(8回コールド)

(山)斎藤永真、舟山侑輝、小平大悟ー井上唯斗、阿部凌汰(天・谷)榎本蒼太、大泉友輝ー鈴木励□本塁打=阿部凌汰(山)奥山秀太(天・谷)□三塁打=榎本蒼太(天・谷)□二塁打=須藤悠光、舟山侑輝(山)

上山明新館 011 00 2

創学館   917 1× 18(5回コールド)

(上)斎藤颯、三沢瑞樹、山口祥吾ー渡辺拓磨(創)山川颯太、早坂翔空、安藤翼、佐東龍斗ー藤田侑大□本塁打=森山陽斗、梅津力丸(創)□三塁打=佐東龍斗、藤田侑大(創)□二塁打=高橋啓太(上)安食龍之介、佐東龍斗(創)

※文責・鈴木和広=無断転載禁止 

【庄内地区】2021年4月25日(日)

□一次予選2回戦(代表決定戦)(酒田市光ヶ丘野球場)

鶴岡中央・庄内総合 000 00 0(1安打4失策)

酒田南       115 3× 10(8安打)(5回コールド)

(鶴・庄)進藤朱希也、佐藤拓海、岡部太陽ー岡部太陽、進藤朱希也(酒)伊藤蓮、佐藤元基ー神原健人□三塁打=神原健人(酒)□二塁打=中野詞温(鶴・庄)黒川琉唯2、安田開智(酒)

□同(代表決定戦)

鶴岡南(不戦勝)鶴岡東鶴岡南は県大会出場、鶴岡東は1次予選の出場を辞退)

鶴岡工(不戦勝)羽黒鶴岡工は県大会出場、羽黒は1次予選の出場を辞退)

□同(代表決定戦)

酒田光陵 111 148 16

酒田西  000 000 0(6回コールド)

 (光)北谷優介、神田尚哉ー佐藤康介(西)佐藤和真、伊藤拓夢ー渋谷和人□本塁打=北谷優介(光)□二塁打=阿部玄大、森屋晴琉、五十場郁哉、庄司尚史、石川颯人(光)(酒田光陵は県大会出場)

※文責・鈴木和広=無断転載禁止

《鶴岡東が棄権》昨年の甲子園交流し合いに出場し、昨秋も県3位で東北大会に出場した鶴岡東は、開催中の春季券大会庄内地区で1、2次予選ともに棄権することになり、山形県高校野球連盟のホームベージで発表されました。鶴岡東では現在、新型コロナウイルスのクラスター(集団感染)が発生しており、この影響を考慮したとみらてれてます。春2度夏6度、最高成績は2015、2019年夏の3回戦進出です。県大会出場を逃したため、今夏の山形大会はノーシードでの参加となります。※文責・鈴木和広=無断転載禁止

【庄内地区】4月24日(土)

□1次予選1回戦

鶴岡南  100 221 060 12

鶴岡高専 000 032 100 6

(南)小野颯太、後藤由樹ー工藤楓也(高)荒井陽、鈴木聖空、渡部彗悟、荒井陽ー上野颯太□三塁打=五十嵐翔平、上野千怜(南)伊藤圭龍(高)□二塁打=岡部楓也、工藤楓也、佐藤猛徳(南)成沢大弥、渡会あると、荒井陽(高)

酒田東 000 100 1 2

鶴岡工 002 013 3 9(7回コールド)

 (酒)伊藤鴻志ー村上清和(鶴)富樫柊生哉、佐藤瑠架ー本間星凪□本塁打=木村駿(鶴)□三塁打=富樫柊生哉、鈴木颯(鶴)□二塁打=中村充希(酒)粂智章(鶴)

※文責・鈴木和広=無断転載禁止

【置賜地区】※文責・鈴木和広=無断転載禁止

□一次予選

□1回戦〈A〉長井工ー南陽(5月1日9:00、米沢市営野球場)〈B〉置賜農ー米沢東(5月1日10:00、高畠町野球場)〈C〉米沢商ー長井(5月1日13:00、高畠町野球場)

□2回戦〈D〉米沢中央ーA(5月2日9:00、米沢市営野球場)〈E〉高畠ー米沢工(5月1日12:00、米沢市営野球場)〈F〉米沢興譲館ーB(5月2日、高畠町野球場)〈G〉九里学園ーC(5月2日、米沢市営野球場)

□準決勝(代表決定戦)〈H〉DーE(5月5日9:00、米沢市営野球場)〈I〉FーG(5月5日12:00、米沢市営野球場)

 

□決勝(順位決定戦)HーI(5月8日9:00、高畠町野球場)

◆陸上織田幹雄記念国際◆

陸上の第55回織田幹雄記念国際大会が2021年4月29日、エディオンスタジアム広島で男女15種目が行われました。男子100㍍は山県亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1㍍)で優勝。2位には10秒26の小池祐貴(住友電工)、3位には10秒30で桐生祥秀(日本生命)が入りました。

男子110㍍障害で、金井大旺(ミズノ)が東京五輪参加標準記録(13秒32)を突破する13秒16の日本新記録で制しました。女子100㍍障害も寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒96の日本新記録で優勝しました。それぞれの種目の優勝者は下記の通りです。

【男子】□100㍍ 山県亮太(セイコー)10秒14□3000㍍ 森田佳祐(小森コーポレーション)7分53秒01=大会新□110㍍障害 金井大旺(ミズノ)13秒16=日本新□3000㍍障害 フィレモン・キプラカット(愛三工業)8分25秒13=大会新□棒高跳び 竹川□生(丸元産業)5㍍45□走り幅跳び 小田大樹(山田ホールディングス)7㍍98□三段跳び 伊藤陸(近大高専)16㍍15□やり投げ 小南拓人(染めQ)82㍍52

【女子】□100㍍ 君嶋愛梨沙(土木管理総合)11秒64□5000㍍ テレシア・ムッソーニ(ダイソー)15分6秒76□100㍍障害 寺田明日香(ジャパンクリエイト)12秒96=日本新□3000㍍障害 吉村玲美(大東大)9分51秒47=大会新□走り高跳び 高橋渚(日大)1㍍74□砲丸投げ 大野史佳(埼玉大)16㍍04□やり投げ 佐藤友佳(ニコニコのり)61㍍01

★山県亮太(セイコー)=写真=は、ここ2年、肺気胸、腰痛、右足首靭帯(じんたい)断裂、右膝痛と容赦なく故障に襲われ、不振に喘(あえ)いでいました。故郷広島での快走が、やっと笑顔が戻りました。

「スタートからレースを引っ張るのが自分の強み。今回のレースは非常に良かった」。

五輪参加標準記録の10秒05には届かなかったが、「これからもっと体も仕上がるし、十分射程圏内に入ってきた」と自信をのぞかせていました。

★金井、歯科医目指し 区切りの年

今季限りで引退し、歯科医を目指す男子110㍍障害の金井大旺(25=ミズノ)=写真左=が13秒16(追い風1・7㍍)の日本新記録を樹立しました。2016年リオデジャネイロ五輪なら銀メダル、2019年世界選手権など銅メダルに相当する好タイム。日本歴代2位だった自己記録を0秒11、高山峻野(26=ゼンリン)が持っていた従来の日本記録を0秒09塗り替えました。これで東京五輪の参加標準記録(13秒32)も突破しました。

金井は「想定していた記録よりはるか上回っていた」と驚きを隠せない。北海道函館市の実家の歯科医院を継ぐべく、歯科医を目指すと決めている。進学校・函館ラサール高の出身で、昔から「人に感謝される仕事である医療従事者になりたい」との思いが強かった。高校卒業後、歯科大学へ進むつもりだった。それが全国高校総体で不本意な結果に終わり、競技継続を決意したようです。今も歯科大受験に備え、競技の空いた時間に勉強しているらしい。


★女子100障害で寺田が日本新!!

女子100㍍障害で、ママさんハードラーの寺田明日香(31=ジャパンクリエイト)が、自身の持つ日本記録を0秒01短縮する12秒96(追い風1・6㍍)

★19歳の山下が初頂点 新世紀世代輝く【ゴルフ】

女子ゴルフツアーのKKT杯バンテリン・レディース最終日は2021年4月11日(日)、熊本県の熊本空港CC(6501㍎、パー72)◇賞金総額1億円(優勝賞金1800万円)◇晴れ、14・5度、西の風5・7㍍◇無観客開催、で行われ、新世紀世代(2001年生まれ)の山下美夢有(19=加賀電子)がツアー初優勝を飾った。

最終組の1組前で回り、7バーディー、1ボギーの66で通算14アンダー、202。2打差を逆転、2位に5打差の圧勝で、2014年勝みなみの大会記録・通算11アンダーを更新した。19歳259日の10代優勝は同世代の笹生優花に続き16人目で、史上13番目の年少優勝。身長150㌢。現在ツアーでも最も小さいプロがでっかい勝利を手にした。

★稲見 今シーズン4勝目【ゴルフ】

女子ゴルフツアーの「富士フィルム・スタジオアリス女子オープン」最終日は2021年4月11日(日)、兵庫・花屋敷GCよしかわC(6390㍎、パー72)で行われ、稲見萌寧(21=都築電気)=写真=小祝さくら(22)との2021年2勝同士の〝最強対決〟の末に2週連続で優勝を飾った。稲見は4人が並んだ首位から出て70で回り、通算5アンターの211。小祝とのプレーオフ(PO)に入り、2ホール目にばーディーで決めた。昨年と統合された今シーズン4勝目。ツアー通算5勝目。2021年に限れば6戦3勝。POは国内女子ツアー史上最多タイの3戦全勝。賞金ランキングは4位に浮上した。稲見は「常に上位にいて、勝ち続ける。そこを目標にして、その結果1位になれたら」という考えだ。不動裕理の偉業「年間10勝」を凌ぐ勢いで加速中だ。

★稲見が逆転で今季2勝目【ゴルフ】

ヤマハ・レディース葛城最終日は2021年4月4日(日)、静岡県葛城GC(6564㍎、パー72)で行われ、6位から出た21歳の稲見萌寧=写真上=が前日に続いて6バーディー、ボギーなしの66と伸ばし、通算12アンダーの276で優勝した。3週前に続く今年2勝目で通算4勝目。賞金1800万円を獲得した。初日から首位の山下美夢有は70で逆転を許して1打差の2位、71だった高橋彩華が通算10アンダーで3位となった。68で回った小祝さくら高木優奈鶴岡果恋とともに9アンターの4位だった。出場61選手=アマ1、曇り、気温18・7度、東北東の風1・1㍍、無観客。


★最後の一枠 丸尾が決めた【陸上】

東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権競歩50㌔大会は2021年4月11日(日)、石川県輪島市の日本陸連公認コースで行われ、丸尾知司(29=愛知製鋼)=写真=が3時間38分42秒の大会新記録で優勝し、五輪出場最後の一枚の切符を獲得した。

日本記録には及ばなかったが、自身の持つ歴代2位の記録を更新した。2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの荒井広宙(32=富士通)は7位で代表入りを逃した。50㌔競歩の五輪代表は☆鈴木雄介(富士通)☆川野将虎(旭化成)と合わせて、3人全て出そろった。

丸尾は「負けたレース(2019年10月の五輪選考レース[山形県高畠町]で日本新を出した川野に終盤はなされ、丸尾は自身当時日本記録を上回るタイムをだしながらも五輪内定を逃した)のことを考えない日はなかった」と悔しさを糧に練習し、やっと手にした五輪切符。万感の思いがこみ上げ涙した。

丸尾知司(まるお・さとし)

1991年(平成3年)11月28日、生まれ。京都府出身。京都・洛西中学入学後に陸上長距離を始め、洛南高2年時に競歩に転向。びわこ成蹊スポーツ大卒。和歌山県教育庁入り後、2016年に愛知製鋼に入社。2018年ジャカルタ・アジア大会4位。趣味はカメラ。身長176㌢、体重61㌔。

 ★バレーボールの男子日本代表チームメンバー決まる【バレーボール】

日本パレーボール協会は2021年4月5日、2021年度バレーボール男子日本代表チームの登録メンバーを決定しました。中垣内祐一監督が率いて5年目のシーズンには、初選出3人を含む24人が登録されました。

選手は次の通り

選手=▶清水邦広(パナソニック・オポジット)▶小野寺太志(JT・ミドルブロッカー)▶藤井直伸(東レ・セッター)▶大竹壱青(パナソニック・オポジット)▶福澤達哉(同・アウトサイドヒッター)▶山内晶大(同・ミドルブロッカー)▶柳田将洋(サントリー・アウトサイドヒッター)▶深津英臣(パナソニック・セッター)▶古賀太一郎(FC東京・リベロ)▶西田有志(ジェィテクト・オポジット)▶関田誠大(堺・セッター)▶大宅真樹(サントリー・セッター)▶石川祐希(ミラノ・アウトサイドヒッター)▶李博(東レ・ミドルブロッカー)▶高橋健太郎(同・ミドルブロッカー、米沢中央高出)▶高梨健太(名古屋・アウトサイドヒッター、山形城北高出)▶富田将馬(東レ・アウトサイドヒッター)▶大塚達宣(早大・アウトサイドヒッター)▶山本智大(堺・リベロ)▶高橋藍(日体大・アウトサイドヒッター)▶福山汰一(ジェイテクト・ミドルブロッカー)▶佐藤駿一郎(東海大・ミドルブロッカー)▶小川智大(名古屋・リベロ)▶宮浦健人(ジェイテクト・オポジット)

 

◇監督=中垣内祐一

※黒太文字は山形県関係選手