■大学入学共通テスト【教育】

□日時/2021年1月16日(土)・17日(日)

□場所/全国一斉各会場

■笹野観音堂「十七堂祭」【米沢市】

□日時/2021年1月17日(日)14:00〜

□場所/米沢市笹野観音堂前

□内容/山伏衆の柴燈護摩祈願を行ったあと、護摩壇の残り火の上を素足で歩く「火渡り」を行い、無病息災や家内安全などを願う。

参加を希望する参拝客は火渡りのお札(500円)が必要です。

問い合わせは、笹野観音堂TEL0238-38-5517

■どんでん平スノーパークOPEN!!【飯豊町】

飯豊町萩生にある「どんでん平スノーパーク」が2021年1月15日、オープンします。昨年冬は少雪のため営業はできませんでしたが、今年は積雪量も十分です。毎年、台湾からの誘客が盛んでしたが、新型コロナウイルス禍で、同パークを運営する町観光協会は近隣からの来場を呼び掛けています。どんでん平ゆり園の大型駐車場の雪原を会場にスノーモービル乗車やバナナボート乗り体験のほか、巨大滑り台のチューブ滑り、ストラックアウトなど楽しめるアトラクションがいっぱいです。新型コロナウイルス感染防止対策として、休憩所のキッズスペースの設置やお茶の提供を取りやめる予定です。営業は3月7日までで、土日祝日の営業です。入場券は中学生以上500円、3歳〜小学生まで300円。全アトラクションをフリーパスで楽しめる入場券込みの6時間券は中学生以上3500円、小学生2500円(2時間券はそれぞれ2000円、1500円です)。問い合わせは、飯豊町観光協会TEL0238-86-2411まで。


■地域通貨『ながいコイン』の実証実験【長井市】

長井市は2021年1月14日、民間の通信事業と連携し、市内のみで利用できる電子地域通貨サービス「ながいコイン」の実証実験を2月10日から3月31日まで実施します。1月15日から市民利用モニター1000人を募集しています。通貨を利用できるのは道の駅「川のみなと長井」、おらんだ市場菜なポート、タスパークホテル、はぎ苑、MANYS CAFE(旧長井小学校第一校舎内)、伊佐沢コミュニティセンターの6カ所です。支払いの際にスマートフォンやカード(紙媒体)のQRコードを提示することになります。モニターは長井在住の800人と市外在住でタスパークホテルやはぎ苑に宿泊した200人になります。募集期間は1月29日まで、市外の人は2月10日から3月10日までで、長井市のホームページから申込用サイトにアクセスできます。地域通貨は1人1000円分提供されるようで、6カ所の施設で使ってもらうことなります。地域通貨は一定の範囲で流通させて経済活性化につなげるのが狙いです。問い合わせは、長井市総合政策課TEL0238-87-0714

■2020年度学生野球表彰

日本学生野球協会は2021年1月12日

2020年度の表彰選手および部員を発表しました。

これによると大学26人、高校46人でした。山形県からは中止になった選抜高校野球大会の代表校に選ばれ、代替え大会に出場した鶴岡東高の鈴木喬外野手=写真=が選ばれました。

■巨人・菅野投手がポスティング不成立で残留〉2021年1月8日

ポスティングシステムを申請し、メジャー移籍を目指した巨人の菅野智之投手(31)=写真=が2021年1月8日、残留を決めた。複数のメジャー球団と交渉し、日本時間8日午前7時の交渉期限直前まで熟考を重ねた中で決断に至った。1年契約で巨人で勝負する意向を固めた。新たな気持ちで東京五輪での金メダル、リーグ3連覇と初の日本一を目標に設定。今季中の海外FA権を取得する見込みで、シーズン後に再び夢への挑戦を行う考えだ。巨人は菅野投手に対して4年総額30億円超、オプトアウト(契約破棄条項)付きの大型契約を用意したとみられる。

《米メディア》ブルージェイズ、パドレス、ジャイアンツ、メッツ、レッドソックス、エンゼルス、レンジャーズなど複数球団が調査した。複数の米メディアが最終交渉に臨んだ球団にパドレスの名を挙げたが、菅野側の求めた条件は菊池内野手(広島)と同等より低かったとみられる。

《ポスティング移籍できなかった選手》

[1999年]ペレス外野手(広島)入札なし→残留[2002年]大塚晶文投手(近鉄)入札なし→中日金銭トレード[2005年]入来祐作投手(日本ハム)入札なし→メッツ自由契約で入団[2008年]三井浩二投手(西武)入札なし→残留申請も[2009年]三井浩二投手(西武)入札なし→残留2度目申請も[2010年]岩隈久志投手(楽天)破談→残留[2011年]真田裕貴投手(横浜)入札なし→復帰自由契約で巨人[2012年]中島裕之内野手(西武)破談→残留《2013年以降譲渡金支払い意思のある全球団と交渉》[2015年]バーネット投手(ヤクルト)不成立→レンジャーズ自由契約で入団[2019年]菊池涼介内野手(広島)不成立→残留交渉期限待たず[2021年]西川遥輝外野手(日本ハム)不成立→残留、菅野智之投手(巨人)不成立→残留

》2021年1月8日 山形県コロナ感染者新たに4人

山形県などは2021年1月8日、新たに山形、天童、三川各市町に住む20〜70代の男女4人が新型コロナウイルスに感染したことを発表しました。県内の累計感染者数は422人。山形市の山大生20代男性、東根市の20代男性は鉄道警察隊所属の県警職員、三川町の60代と70代の男性はクラスター(感染集団)が発生している三川病院(三川町)の入院患者。同病院の感染者は72人に拡大した。天童市の70代無職女性は感染が公表された50代男性の同居家族。

》吉田沙保里さとコロナ陽性

レスリング女子で五輪3連覇の吉田沙保里さん(38)は2021年1月8日、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性が確認された。所属事務所が発表したもので、体調に問題はなく、自宅待機しているという。

▶交通事故撲滅願う〝交通安全祈願祭〟【川西町】2021年1月8日

□日時/2021年1月8日(金)□場所/川西町上小松の皇大神社□内容/米沢警察署、交通安全団体の関係者約20人が出席。神事に続き、原田俊二町長が交通事故撲滅に向けた協力を呼び掛けた。町内の昨年1年間の人身交通事故は39県、物損事故は267件発生した。2017年8月19日の死亡事故発生を最後に、死亡事故ゼロのなっ数は1200日を超えた。

♥ソフトバンクの甲斐野投手結婚

ソフトバンクの甲斐野央投手(24)が2010年1月8日、福岡県筑後市のファーム施設で、静岡県出身の1歳年上女性と2日に結婚したことを明らかにした。甲斐野投手は昨季は右肘の故障で2軍戦1試合の登板にとどまり、昨年12月にこの部分の手術を受けた。


「女性同士の一騎打ちは全国初めて」

「女性同士の一騎打ちは全国初めて」と山形県知事選が話題となっています。戦後に女性の参政権が保障され、首長の公選制が始まりましたが、国内初の女性知事が誕生したのは、ずっと後の2000年でした。大阪府知事選で、元通産省審議官の太田房江氏が、新顔の男性候補者3人を破り初当選しました。同年、熊本県で瀬谷義子氏が当選で2人目に。2009年に山形県で初の女性、吉村美栄子知事が誕生し、6人目でした。

一時はも全国で5人の女性知事が占めていましたが、現在は山形県の吉村美栄子知事と東京都の小池百合子知事の2人だけとなっています。今回の山形県知事は、どちらが勝手も女性知事まちがいなしです。

世界経済フォーラムが2019年12月に公表した男女格差報告書では、政治分野の女性が占める日本の順位は対象153カ国中、144位と国際的に見ても非常に女性進出が遅れていると言えます。

《国内の女性知事は!?》

□大阪府  太田 房江氏 2000年→2008年 当選2回

□熊本県  瀬谷 義子氏 2000年→2008年 当選2回

□千葉県  堂本 暁子氏 2001年→2009年 当選2回

□北海道  高橋はるみ氏 2003年→2019年 当選4回

□滋賀県  嘉田由紀子氏 2006年→2014年 当選2回

□山形県  吉村美栄子氏 2009年→     当選3回

□東京都  小池百合子氏 2016年→     当選2回

■スポーツ大会 また中止・無観客に【新型コロナウイルス】2021年1月7日ニュース

緊急事態宣言の実施が2021年1月7日に発表されたことを受け、スポーツ界にも影響が広がっている。影響は以下の通りです。

【バレーボール】□Vリーグ 1/8〜11日試合中止□全日本高校選手権 予定通り無観客で開催、決勝は1/10日

【バスケットボール】□天皇杯全日本選手権 1/13日の準々決勝4試合の一部を無観客に□Wリーグ 1月中の東地区のリーグ戦12試合を中止

【ラグビー】□全国高校大会 予定通り無観客で開催し、決勝は1/9日□全国大学選手権 1/11日決勝。観客者数の上限を検討中□トップリーグ 1/16日開幕。観客者数の上限を検討中

【サッカー】高校選手権 1/9日準決勝、1/11日決勝を無観客に

【プロ野球】□春季キャンプ 2月1日予定通りスタート〈ヤクルトの村上内野手、阪神の岩田投手らが陽性反応〉

【大相撲】□初場所 1/10日から開催予定。全協会員がPCR検査

【パラ競技】□車いすラグビー 1/22日開幕の日本選手権が中止□ゴールボール 1/30、31日の日本選手権が中止

■暴風雪警戒を!!【天候】2021年1月7日ニュース

急速に発達する低気圧などで北日本から西日本では1月10日頃まで雪を伴う非常に強い風が吹く恐れがあり、気象庁は猛吹雪などによる交通障害や大雪の警戒を呼び掛けています。

8日朝にかけて前線を伴った低気圧が北日本を通過した後、強い冬型の気圧配置になる見通しです。

■飛び降り生徒送検へ【事件事故】

大阪・梅田の商業施設で昨年10月、屋上から男子高校生=当時(17)=が飛び降り自殺し、地上にいた女子大生=当時(19)=が巻き添えで死亡した事件で、曽根崎署は来週にも重過失致死容疑で、死亡した男子生徒を書類送検する方針を固めたことが分かりました。


♥元AKB板野さん♥ヤクルト高橋投手結婚♥

 プロ野球ヤクルトスワローズの左腕、高橋奎二手(23)=写真=と元AKB48の板野友美さん(29)=写真=が2021年1月5日、結婚を発表しました。高橋投手は期待の左腕投手ですが、まだ一本立ちとている投手ではありません。その高橋投手と元トップアイドルの板野さんの電撃婚に「なぜ!?」と驚いた方も多いはず。板野さんはかつてAKB48の「神7(セブン)」と呼ばれる中心メンバーで、「ともちん」の愛称で高い人気を誇りました。2013年には女性が「なりたい顔ランキング」のナンバー1に選ばれ、トップアーティストとの熱愛報道で騒がれたとこもありました。一方、夫となった高橋投手は、龍谷大平安高校(京都)から2015年ドラフト3位でヤクルトに入兌換。将来のエース候補と期待される若手左腕投手ですが、昨季は故障もあり10試合登板し、わずか1勝に終わりました。1軍定着も果たせず、オフの契約更改では250万円減の年俸1450円でサインしました。「姉さん女房」の元アイドルが野球選手の夫を支え、さらなる成功に導いたケースもありますので、板野さんのサポートが6歳年下の夫をヤクルトのエースへと羽ばたかせてくれるのではないでしょうか。