■山形県内新たに2人が感染で計10人【山形県】

県は2020年4月4日(土)、新たに上山市在住の20代男性と最上郡在住の20代女性が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。県内の感染公表は5日連続となり感染者は計10人となった。

新庄市の感染者6人は、既に感染が確認されていた同市に住む60代無職男性と同居家族、娘の嫁ぎ先の家族で0歳児と小学生を含む。5人は3日の検査で判明。いずれも感染症指定医療機関に入院しているが、軽症や無症状だという。新たに感染が確認されたのは2人のうち、最上郡の20代所背右派、60代男性と同居する息子の妻(陽性確認)と同じ職場で働いているらしい。

黒沢かずこ新型コロナ陽性【芸能】

 お笑いトリオ「森三中」の黒沢かずこ(41)が新型コロナウイルスに感染し陽性反応が出ていたことが2020年4月4日(土)、分かり所属する吉本興業が発表した。3月21日昼ごろに発熱症状が見られ、2日間は自宅療養。25日に仕事復帰したが、味覚・臭覚に異常を感じ、仕事をキャンセルして大事を取っていた。1日に受診した医療機関で肺炎の可能性があると判断。PCR検査を受け3日夜に感染が判明した。

■小中学校春休みを延長【南陽市】

南陽市教育委員会は2020年4月4日(土)、臨時校長会を招集し、南陽市内10小中学校の春休みを4月14日まで延長し、15、16日に各校の状況に合わせて始業式と入学式を行い、17日から授業を再開することを決めた。


《新型コロナウイルスの感染拡大予防のため中止や延期になった山形県内のイベントなど》

■飯豊町などは2020年4月3日(金)までに、5月10日に開催予定だった全国白川タム湖畔マラソン大会の中止を決めた。

■鶴岡市の荘内神社は2020年4月3日(金)、新型コロナなウイルスの感染拡大を受けて、5月5日に開催予定だった「泣き相撲」を9月21日の敬老の日に延期することを決めた。赤ちゃん力士の泣き声で邪気を払い、健やかな成長を願う恒例行事。

■上山市の上山青年会議所は2020年4月3日(金)、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、4月19、26、29日に開催予定だった上山青年会議所杯春の選抜中学校野球大会を中止することを発表した。

■上山市の美術館「蟹仙洞」は2020年4月3日(金)、同日から15日まで新型コロナウイルス感染拡大を受けて閉館することを決めた。

■長井市の旧長井小第一校舎で芸術作品展示をしている「ギャラリー停車場」は2020年4月3日(金)、当面の間、展示を休止することを決めた。

■収入減世帯に30万円現金給付へ【国】

安倍晋三首相と自民党の岸田文雄政調会長は2020年4月3日(金)、官邸で会談し、新型コロナウイルス感染拡大で収入が落ち込んだ世帯への現金給付について、支給額を1世帯30万円とする方針で合意した。年収による所得制限は設けない。また、新型コロナういするの感染拡大に伴う事業者支援として政府は、フリーランスを含む個人事業主に最大100万円の現金給付を検討している。収入が半分以下に減少していることを条件に減収分を補填するもの。制度の名称は「持続化給付金」。

■政府は構えできている=小池知事【東京都】

東京都の小池百合子知事は2020年4月3日(金)の会見で、コロナ特措法に基づく政府の「緊急事態宣言」の発令時期に関して、「(感染者の)数字を見ながら、(発令の)構えはもうできておられるのではないか」と《発令間近の》認識を示した。

■緊急事態宣言を今すぐに=三木谷会長ツイート

楽天の三木谷浩史会長兼社長は2020年4月3日(金)、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ツイッターで安倍晋三首相を名指し「今すぐに緊急事態宣言をお願いします」と投稿した。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長とも電話会議で意見交換し「超危機的状況」との認識を共有したとつづった。三木谷氏は「2カ月後には数十万人以上が感染する可能性大」との見方を示し、「これが緊急事態てはないとはどういうことなのか」と政府に疑問を投げかけている。

■県内で新たに5人が感染【山形県】

山形県は2020年4月3日(金)、新たに県内の新型コロナウイルス感染者が確認されたことを発表した。2日に感染が公表された新庄市在住の60代男性の濃厚接触者5人が感染し、県内は4日連続で計8人となった。県では当初、同居家族7人が濃厚接触者としていたが、感染した60代男性は新庄市内の親族宅を訪れていたことが分かり、この家の6人も濃厚接触者としてPCR検査を受け、計13人が全員陰性だったが、このうち数人に発熱などの症状がでて、県が再度PCR検査した結果、乳児を含む5人が陽性となった。


■県内3人目 新庄の男性【山形県】

吉村美栄子山形県知事は2020年4月2日(木)、新庄市在住の60代の無職男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認はこれで3人目。男性は糖尿病などの基礎疾患があり、肺炎が重症化して集中治療室に入っているらしい。東京から帰省した息子が3月18日に発熱しており関連を調査。息子は3月17日に帰省し、20日に東京へ戻った。往復に山形新幹線を利用している。県は感染経路を確認するため都内の保健所に息子のPCR検査を依頼した。

■学校再開は予定通り【山形県教育委員会】

山形県教育委員会は2020年4月2日(木)、高校や特別支援学校など県立学校について、予定通り新年度の始業日から学校を再開することを示した。市町村教育委員会にも同じ対応を良い生死、小中学校ほぼ予定通りの再開になるが、新型コロナウイルスの感染者が確認された地域では、再開の時期を検討中のようだ。ただ、感染者が拡大し「感染拡大警戒地域」となった時は地域一斉の臨時休校も検討される。


■県内2人目 県在住者は初の感染【山形県】

吉村美栄子山形県知事は2020年4月1日(水)、上山市の温泉旅館「花明りの宿 月の池」で調理担当の60代の男性従業員(上山市在住)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は2人目で県内在住者は初めて。現在、入院しており肺炎の症状はあるが病状は安定しているらしい。感染経路は不明。県は家族4人と自宅待機している調理担当の同僚4人の計8人を濃厚接触者とみてPCR検査を行っている。旅館「月の池」は2週間程度、営業を自粛する。

■夜間の外出、若者自粛して《山形県知事要請》

吉村美栄子山形県知事は2020年4月1日(水)、県内の若者に対して不要不急の夜間の外出自粛を要請した。吉村知事は「感染症は本人が軽症でも高齢者や慢性疾患を持つ人に影響を及ぼすことを自覚してもらいたい」などと述べている。

■不要不急の外出や県外への往来を自粛【上山市】

横戸長兵衛上山市長は2020年4月1日(水)、4月15日までの2週間を目安に、不要不急の外出や県外への往来を控えるよう市民に呼び掛けた。

《新型コロナウイルス陽性反応が出た主な著名人》2020年4月1日現在

【王室】チャールズ皇太子(英国)

【政界】ベコニャ・ゴメス(スペイン首相夫人)フランク・リーステール(フランス文化相)ニコラ・ジンカレッティ(イタリア与党党首)ピーター・ダットン(オーストラリア内相)ソフィー・トルドー(カナダ首相夫人)マスメ・エブカール(イラン副大統領)

【野球】藤浪晋太郎(阪神)伊藤隼太(同)長坂拳弥(同)

【サッカー】田嶋幸三(日本サッカー協会会長)酒井高徳(神戸)ダニエレ・ルガー二(ユベントス)パトリック・クトローネ(フィオレンティーナ)カラム・ハドソンオドイ(チェルシー)ミケル・アルテタ(アーセナル監督)

【陸上】塚原直貴(富士通陸上部アドバイザー)

【NBA】ルディ・ゴベール(ジャズ)ドノバン・ミッチェル(同)

【芸能界】オルガ・キュリレンコ(女優)イドリス・エルバ(俳優)リタ・ウィルソン(女優)トム・ハンクス(俳優)志村けん(コメディアン)宮本官九郎(脚本家)

《新型コロナウイルスの感染拡大の影響で中止や延期になったスポーツイベント》

■日本陸連は2020年3月31日(火)、4月12日に石川県輪島市で開催予定だった東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権50㌔競歩大会の中止を発表した。50㌔競歩はすでに男子2人が来年に延期された五輪代表に内定しており、この大会で残りの1枠をかけて争う予定だった。今秋以降の大会を含めて検討される。

■講道館と全日本柔道連盟は2020年3月31日(火)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて4月19日に横浜文化体育館が開催予定だった全日本女子選手権と4月29日に千葉ポートアリーナで開催予定だった全日本選手権の延期を発表した。代替日や会場は未定。

また、今秋に任期満了予定の柔道男子日本代表の井上康生監督について、引き続き監督を務めてもらう予定で、コーチ陣も留任の方針。

■日本体操協会は2020年3月31日(火)、4〜6月に五輪代表選考会を兼ねて開催予定だった3大会などの開催見送りを決めた。体操は男女ともに団体出場権(それぞれ4人)を獲得しており、4月の全日本選手権、5月のNHK杯、6月の全日本種目別選手権で代表を決める予定だった。

《新型コロナウイルスの感染拡大予防のため中止や延期になった山形県内のイベントなど》

■酒田市は2020年4月2日(木)、6月28日開催予定だった「第35回みなと酒田トライアスロンおしんレース」の大会を中止すると発表した

■日本カヌー連盟は2020年4月2日(木)までに、朝日町の最上川カヌーランドで開催予定だった日本カヌーフリースタイル選手権大会の中止を発表した。

■上山市の斎藤茂吉記念館は2020年4月2日(木)、4月3〜15日を臨時休館にすると発表した。

■東北芸術工科大学(山形市)は2020年4月2日(木)、授業開始日を再度延期し、4月27日から5月11日にすることを決めた。当初は4月13日に開始予定だった。

■朝日町は2020年4月2日(木)、4月29日に開催予定だった成人式を延期し、9月20日11:00〜創遊館で行うと発表した。


■山形テレビ開局50周年記念特別番組「最後の米沢藩主 上杉茂憲」【テレビ放送】

□日時 2020年4月22日(水)19:00〜19:54放送

□内容 戦国時代、越後の龍の異名をとった上杉謙信の流れをくみ、江戸時代屈指の名君 鷹山を中興の祖と仰ぐ名門 米沢藩・上杉家。その最後の藩主は山形の地から遠く離れた沖縄で民のために義を貫いた人物だった。[出演]番組ナビゲーター・俳優の眞島秀和さん、小説家童門冬二さん、直木賞作家の高橋義夫さん。


■レンタサイクルオープン【高畠町】

高畠町の観光レンタサイクルとサイクリングロード「まほろば緑道」利用者の無事を願う安全祈願祭が2020年4月4日(土)、同町のJR高畠駅併設太陽館前で行われた。まほろば緑道は太陽館から旧高畠駅付近まで延長約6㌔コースで高畠町観光協会がレンタサイクル事業を行っている。レンタサイクルの受付は9:00〜17:00まで同館で行い、降雪期まで。利用料金は500円で3時間を超えた場合は300円が加算される。問い合わせは、高畠町観光協会TEL0238-57-3844。

■山形工科短大の入学式【長井市】

長井市の山形工科短期大学校(小幡知之校長)の入学式が2020年4月4日(土)、同市上伊佐沢の同校で行われ、第24期生13人が新たなスタートを切った、。新入生を代表して石倉亜美さん(18)=青森県出身・所属企業/高橋木工所=が誓いの言葉を述べた。同校は県内の建設関連企業で構成する職業訓練法人山形工科アカデミーが運営する学校で、学科は居住システム系住居環境科の単科制。全寮制で2年間学ぶ。住環境の企画、設計、施工などに携わる技術を学ぶ。


■山形新聞・山形放送8大事業「出逢いー相田みつをみつを展」

□日時 2020年4月3日(金)〜5月10日(日)

10:00〜17:00 (入館は16:30まで)

□場所 山形市大手町1-63の山形美術館※休館日/月曜(5月4日は開館)

□入場料金 一般・大学生以上1200円、小中高生600円[新型コロナウイルスの感染拡大の状況を受けて中止になった関連イベント]・オープニングギャラリートーク、講演会、ギャラリートーク、山美のイチ押しトーク、朗読会、かたらい鑑賞Day、ワークショップワークショップ※鑑賞者に入館時の手の除菌とマスクの着用をお願いいたします□事業全般の問い合わせ、山形新聞社事業部TEL023-642-7955


■児童買春容疑で小国町職員を逮捕【新潟県警】

新潟県警は2020年4月2日(木)、小国町職員、松林清範容疑者(53)=小国町=を18歳未満の少女2人に現金を渡し淫らな行為をしたとして児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。同容疑者は2019年11月下旬、会員制交流サイト(SNS)で知り合った当時中学3年生だった女子生徒2人=新潟市=に現金合計2万円を渡し、新潟県内でみだらな行為をした疑い。容疑者は「年齢は分からなかった」と一部否認している。これを受けて小国町の仁科洋一町長は「極めて残念」と陳謝した。松林容疑者は2009年にも同罪で逮捕され、略式起訴され、1年間の停職処分となったことがあった。


 延期を検討されていた東京五輪は2011年7月23日から8月8日に開催することを決定、パラリンピックは8月24日に開幕することが決まった。これを受けて各競技選手はコメントを発信した。

《スポーツクライミング》

スポーツクライミング女子の五輪代表に内定している野口啓代(TEAM au)は、この夏(2020年)限りで現役引退を公言していたが、3月31日に自身のインスタグラムを更新し、「先行きが見えず不安な日もありましたが、あと1年4カ月、しっかりと計画を立て調整していきます」と来年夏の五輪まで現役を続ける意思を示した。国際スポーツクライミング連盟は出場が確定していた女子の野口、男子の楢崎智亜(TEAM au)らの五輪出場権をそのまま維持する方針だ。

《陸上》

結婚、出産、ラグビーへの転向を経て陸上に復帰した女子100㍍障害の寺田明日香(パソナグループ)は「選手としてもう1年余り、五輪に向けて何ができるか考えたい。あとは早く選考会のスケジュールが決まることを願っている」。子育しながら競技挑戦を続ける30歳は、「来年4月に小学1年生になる娘とともに五輪に行けることを楽しみにしている」と前を向く。

《バスケットボール》

男子日本代表候補で昨年8〜9月のワールドカップで主将を務めた篠山竜青(川崎)は「バスケット界は八村塁をはしめ、1カ月もあればいくらでも成長できる若い選手がたくさんいる。今夏と来夏の日本代表を比べれば間違いなく来夏の日本代表の方が強いと僕は思う」。