■ゴールデンウイークコンサート【白鷹町】

□日時 2019年4月27日(土)開場13:00〜、開演13:30〜《第1回目》

2019年5月4日(土)開場13:00〜、開演13:30〜《第2回目》

□場所 白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ)

□内容 ワンコイン(500円)で聴いてみましょう!応援しましょう!地域の音楽家・演奏家たち《第1回目出演者》〉荒砥高校吹奏楽部(吹奏楽・白鷹町)〉佐藤涼香(メゾ・ソプラノ・白鷹町)森谷莉江(ピアノ・東根市)〉コールムンテン(男子合唱団・白鷹町+長井市)〉大沢知代(サックス・クラシック・山形市)布施珠倫(ピアノ・長井市)《第2回目出演者》〉横沢徹(サックス・ジャズ・長井市)〉斎藤友佳(ピアノ・長井市)〉白鷹町少年少女合唱団(合唱)〉池田敏美(ヴァイオリン・最上町)郷津由紀子(ピアノ・山形市)□入場料 各日500円(全席自由・小学生以下)会場定員各日200人□問 白鷹町交流センターTEL0238-85-9071


■伊佐沢念佛踊り【長井市】
□日時 2019年4月21日(日)15:00~
□場所 長井市上伊佐沢2027の伊佐沢小学校校庭
□内容 伊佐沢念佛踊りは、室町時代に長井市伊佐沢にある玉林寺の落成の時に奉納されたと伝えられ、毎年4月第3日曜日の午後3時から行われている。
太鼓・横笛・まとい・行事・相撲・鳥毛・奴振り・枕打ち・花笠・四ツ竹・道心坊・面すりで構成されている踊り。全ての役を地元男性が担当して笛や太鼓の音にあわせて踊るとってもユニークで見ごたえのある踊り。
県の無形民俗文化財に指定。
□問 伊佐沢地区公民館TEL0238-88-2444

■宇山基道ライブin境見山学舎【長井市】

□日時 2019年4月21日(日)開場16:30〜開演17:00〜

□場所 長井市今泉2389の境見山学舎

□内容 「そして…心が歌い続けている vol.2」

□料金 3000円(飲み物持ち込み可能)

□ゲスト 田野崎文

□問 楽市プロジェクト内境見山学舎ライブ実行委員会TEL0238-87-9106(平日9:00〜17:00)

宇山基道(あやま・もとみち)

シンガーソングライター/ケアマネージャー

伊豆大島出身で飯豊町在住

松山千春、鈴木康博などのサポートギタリストを務めながらシンガーソングライターとして活動を行う。10年前に山形県に子育て移住。現在は計マネージャーとして働きながら音楽を紡ぎ続けている。


□日時 2019年4月13日(土)〜28日(日)※終了日は桜の開花状況によって変更される。

□時間 9:00〜17:00□メイン会場 白鷹町の釜の越農村公園(白鷹町大字高玉4149)

□主催 しらたか古典桜の里さくらまつり実行委員会

□問 白鷹町観光協会TEL0238-86-0086

□内容 白鷹町には樹齢500年を超える山形県指定天然記念物の桜をはじめとして、白鷹町内の各所に古典桜の見どころがたくさんある。それぞれの桜の美しさをお楽しみください。

■駕篭(かご)かき乗車体験【白鷹町】

□日時 2019年4月20日(土)〜21日(日)10:00〜15:00

□場所 白鷹町の釜の越農村公園

□内容 駕篭に揺られて桜散策してみませんか!?

□料金 有料

■くろ藤田植え踊り【白鷹町】

□日時 2019年4月20日(土)11:45〜2:15

□場所 白鷹町の釜の越公園

□内容 白鷹町くろ藤地区に伝わる民俗芸能「くろ藤田植え踊り」は全国各地に伝わる田植え踊りのひとつで、農作物の豊作を願う信仰と娯楽を合わせた踊り。

□問 白鷹町観光協会TEL0238-86-0086

■さくらさくらステージPART2【白鷹町】

□日時・内容 2019年4月21日(日)11:00〜、12:00〜、13:00〜「たけさんのバルンアーと」(ちびっ子に大人気。バルーンのプレゼントもあるよ♪)11:30〜12:00「よさいこ白鷹櫻鷹会」(躍動感あるよさこい踊をお楽しみください。一緒に踊ってみよう!)

■高玉芝居上演会【白鷹町】

□日時 2019年4月20日(土)12:30〜舞踊、13:30〜芝居※荒天時中止

□場所 白鷹町の釜の越農村公園

□内容 白鷹町指定無形文化財。地元に200年以上伝わる地芝居高玉芝居は、笑いあり、涙ありの人情劇。桜の下で披露される芝居・舞踊をせびご覧ください。


■道の駅米沢開業1周年感謝祭【米沢市】
□日時 2019年4月20日(土)~21日(日)10:00~17:00
□場所 米沢市川井1039-1道の駅米沢
□内容 /20日/10:00~1周年セレモニー、10:30から紅白もち振る舞い(先着300人)おしようしな観光大使ダニエル・カール氏1日駅長就任、道の市、民謡一家太鼓演奏、愛の武将隊、エフエムNCV、おきたまGO!公開生放送、あべあいこ(アコースティック)大矢真実(同)、その他/21日/道の市、アズマンジャーヒーローショー、民謡一家太鼓演奏、愛の武将隊、エクアドル南米民族音楽、その他/20・21日/13:00~1周年記念はっぷ配布
□問 道の駅米沢株式会社アクセスよねざわTEL0238-40-8400


■特別展「上杉家 葵の姫のものがたり」-徳川家三姉妹の守り刀-【米沢市】

□日時 2019年4月20日(土)〜6月9日(日)開館時間9:00〜17:00(入館は16:30まで)休館日は5月22日(水)

□場所 米沢市丸の内1-2-1の伝国の杜米沢市上杉博物館

□イベント日 ・5月11日(土)14:00〜16:00講演会「尾張徳川家の姫と婚礼調度」(講師/吉川美穂徳川美術館マネージャー学芸員)入場無料・5月19日(日)14:00〜15:00トークイベント「葵の姫ものがたりと上杉家」入場無料《ギャラリートーク》「上杉家の婚姻」(4/20土14;00〜)「葵の姫-江戸時代-」(4/27土14:00〜)「葵の姫-近大-」6/1土14:00〜、講師は担当学芸員※特別展入館料が必要。国宝「上杉本洛中洛外図屏風」原本展示4/20(土)〜5/19(日)□入館料金 一般620円、高大学生400円、小中学生250円

□問 伝国の杜米沢市上杉博物館TEL0238-26-8001

https://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp


■豊作祈願大念仏舞【南陽市鍋田】
□日時 2019年4月15日(月)
□場所 南陽市鍋田の太符(だいふ)神社
□内容 1773年(安永2年)の干ばつ時、米沢藩9代藩主の上杉鷹山が奨励した雨乞いで雨が降ったことから感謝の気持ちを込めて踊ったとされる。現在は南陽市指定無形文化財で、地元住民による念仏講保存会が継承している。毎年、保存会のメンバーと地元沖郷小学校の児童が参加。青い法被を着、手には扇子を持って「道行き」(雨を願うスローな踊り)と「いれは」(雨の喜びを威勢良く表現した踊り)を交互に踊り五穀豊穣を願う。


■高畠混声合唱団第21回定期演奏会【高畠町】

□日時 2019年4月14日(日)開場13:30〜、開演14:00〜

□場所 高畠町文化ホールまほら大ホール

□内容 〈第1部〉交響讃歌「やまがた」より〉出羽の国の春、交易の道、ふるさとの川、未来への旅、アルカディアやまがた〈第2部〉歌いつぎたい…「たきはたのこころの歌」〉浜田広介+團伊玖麿「こどものせかい」より〜2曲、音楽劇「炊いたあかおに」より、しあわせな日々、ドコマデモ キミノトモダチ、高畠中学校イメージソング、たかはた讃歌〈第3部〉その他□出演 高畠混声合唱団、天童混声合唱団(賛助出演)、高畠町少年少女合唱団゜エーデルワイス」

□入場料 一般券500円、高校生以下無料

□主催 高畠混声合唱団


■吉里吉里忌(きりきりき)2019【川西町】

□日時 《第32回遅筆堂文庫生活者大学校》2019年4月13日(土)13:15〜17:00(受付開始12:00〜)《第5回吉里吉里忌》2019年4月14日(日)12:30〜16:20(受付開始11:30〜)

□場所 川西町大字上小松1037-1のフレンドリープラザ

□内容 《第32回遅筆堂文庫生活者大学校》講演「社会における公平とは何か」[講師]山下惣一氏(農業/作家/生活者大学校教頭)前川喜平氏(元文部科学事務次官)》参加料/1500円(18歳以下は無料)[交流会]4/13(土)17:45〜19:15、JA山形おきたま本店2階/参加費5000円

《第5回吉里吉里忌》[講演]わが心之ドンガバチョ、井上ひさし先生こんにちは」若竹千佐子氏(芥川賞作家)聞き手/池上冬樹氏(文芸評論家)[講演]井上芝居とわたし」角野卓造氏(俳優)聞き手/今村麻子(演劇ジャーナリスト)》参加料/1500円(18歳以下は無料)

□問 川西町フレンドリープラザTEL0238-46-3313

■宮西(日ハム)節目の300ホールド

プロ野球日本ハムの宮西尚生投手が2019年4月13日(土)札幌ドーム(北海道札幌市)で行われたロッテ戦で7回から登板。7回をわずか11球でロッテ中軸3人を抑え、プロ野球最多ホールド数となる節目の300を達成した。636試合目。宮西投手は入団1年目の008年から11連続で50試合以上の登板を重ねる鉄人左腕で、昨年オフにはプロに入ってから2度目のひじの手術を行っていた。

《通算ホールド数上位3人/宮西選手を除く》

[2]山口鉄(巨人/引退)642試合273ホールド[3]浅尾(中日/引退)416試合200ホールド

■東北中央道/南陽高畠ー山形上山間が開通《2019年4月13日》

東北中央道(福島県相馬市〜福島市〜米沢市〜南陽高畠〜山形上山〜新庄〜秋田県横手市までの総延長約268㌔)の南陽高畠(高畠町深沼)ー山形上山(上山市金瓶)インターチェンジ(IC)間の24・4㌔が開通し開通式イベントが上山市のかみのやま温泉IC付近で行われた。国道13号の渋滞緩和が見込まれるほか、山形市から米沢市までの所要時間が約20分短縮する50分ほどになる。吉村美栄子知事は「山形市、仙台市、福島市のネットワークができた。大きな人の流れ、物の流れができる」と期待した。


■統一地方選挙の山形県議会議員選挙

2019年4月7日(日)投票、即日開票

山形県8選挙区の14市町で投開票が行われ、26人の当選が確定した。無投票当選の9選挙区を合わせ全43議席が決まった。県平均投票率は過去最低だった前回の56・11%を1・79ポイント下回る54・32%だった。東置賜郡選挙区、長井市・西置賜選挙区の結果は下の通り。


■渡辺おさむスイーツデコアートの世界【白鷹町】

□日時 2019年4月6日(土)〜5月26日(日)開館時間9:00〜19:00/休館日=4/8(月)、4/15(月)、4/22(月)、5/7(月)、5/13(月)、5/20(月)

□場所 白鷹町大字鮎貝331番地の白鷹町文化交流センターAYu:M(あゆーむ)

□内容 樹脂を用いて様々なものにお菓子のデコレーションをする現代美術家、渡辺おさむの東北初の大規模個展。《関連イベント》クッキーチャームを作ろう4/6(土)14:00〜16:00、参加費500円(申込不要・時間内随時受付)渡辺おさむ本人によるワークショップを開催。実際に作品をに用いられる材料を使ってクッキーのチャームを制作する。

□観覧料金 一般個人500円、大学生・高校生200円、中学生以下は無料

□問 白鷹町交流文化センターAYu:M TEL0238-85-9071


鶴ヶ城さくらまつり【福島県会津若松市】
□日時 2019年4月5日(金)~5月6日(月)
□場所 福島県会津若松市の鶴ヶ城
□内容 

・鶴ヶ城ライトアップ(4/5~5/6日没~21:30、桜花終了後は20:30/鶴ヶ城公園/問・会津若松市観光課TEL39-1251)

・鶴ヶ城植木市(4/6~27日9:00~16:00/鶴ヶ城帯くるわ「鉄門脇」/問・会津植木商組合新井田TEL83-2900)

・鶴ヶ城おもてなし市(4/6~5/6日9:00~16:00/鶴ヶ城稲荷神社脇/問・会津若松観光ビューローTEL23-8000)

・會津十楽春の陣!(桜開花から平日の6日間、4/20~21日、4/27~5/6日10:00~16:00/鶴ヶ城本丸/問・サムライシティプロジェクト実行委員会TEL39-6539)

・鶴ヶ城撮影会2019(4/13土10:00~13:30/参加無料/鶴ヶ城本丸/問・福島民報社会津若松支社TEL28-6900)

・鶴ヶ城さくらまつり大茶会(4/20~21日10:00~15:00/お一人席料500円和菓子付き、親子抹茶体験先着100人・無料/鶴ヶ城本丸/問・会津まつり協会TEL23-4141)

・会津清酒で花見酒in鶴ヶ城(4/20~21日16:30~20:00/鶴ヶ城二の丸/問・会津若松酒造協同組合TEL26-1515)

□問 鶴ヶ城さくらまつり連絡協議会事務局会津まつり協会TEL0242-23-4141


《会津藩主》

蒲生氏郷(がもう・うじさと)
蒲生氏郷は1590(天正18)年に奥州仕置において、伊勢(三重)より陸奥国会津(福島県会津若松)に移封され42万石(のちの検地・加増により91万石の大領になった)を与えられた。これは奥州の伊達政宗(山形県米沢)を抑えるための配置。蒲生氏郷は重臣たちを領内の支城に城代として配置。そして黒川城(鶴ヶ城)を蒲生群流の縄張りによる城へと改築し、7層楼の天守を有する城になり、氏郷の幼名と蒲生家の舞鶴の家紋にちなんで鶴ヶ城と名付けた。築城と同時に城下町の開発も実施。町名の黒川から「若松」へと改めた。(若松の名は出身地の近江日野城に近い馬見岡綿向神社の参道周辺にあった若松の森に由来)氏郷は農業政策より商業政策を重視し、旧領の日野・松阪(滋賀・三重)の商人を若松に招聘(へい)し、定期市(いち)の開設、楽市楽座の導入、手工業の奨励などにより江戸時代の会津藩の発展の礎(いしずえ)を築いた。
□生誕/1556年(弘治2年)、近江国(滋賀)蒲生郡日野に六角承禎の重臣・蒲生賢秀の三男として生まれる。幼名は鶴千代。氏郷は父・賢秀と共に柴田勝家の与力となった功績をあげ、織田信長亡き後は信長の統一事業を引き継いだ豊臣秀吉に従った戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。キリシタン大名であり、洗礼名はレオン。死没は1595年(文禄4年)亨年40歳。


■会津桜紀行

福島・会津の桜の名所を紹介したパンフレットです。下記をダウンロードしプリントしてお使いください。

ダウンロード
会津桜紀行.pdf
PDFファイル 1.8 MB