【紫陽花】山形県川西町大字堀金、横沢様庭撮影/スズキカズヒロ

紫陽花の名前の由来は「藍色が集まったもの」を意味する「あづさい(集真藍)」がなまったものとする説がある。花の色がよく変わることから「七変化」「八仙花」とも呼ばれる。花言葉は「辛抱強い愛情」「一家団欒」「家族の結び月」など。山形県内で市町村の花・木として制定されているのは新庄市と大江町。


■山形県庄内浜の海開き!!

 2020年は新型コロナウイルス感染対策あり



◇◇アマビエ◇◇

 

江戸時代後期の肥後国(現・熊本県)に現れたという日本に伝わる半身半魚の妖怪。弘化3年4月中旬(1846年5月上旬)のこと。毎夜、海中に光る物体が出没じたため、役人が赴いたところ、それが姿を現した。その者は役人に対して「私は海中に住むアマビエともう者なり」と名乗り、「当年より6カ年の間、諸国は豊作が続くも疫病(日本人口の7割死滅)も流行する」と予言、「私の姿を描き写し絵を人々に早々に見せよ!」と告げて海の中に帰っていったという。西洋の一説には、海の生物にはすべて予知能力があるされ、海から半身半魚のものが現れて予言を告げる伝承も珍しくない。アマビエは予言のみならず疫病を防ぐ能力を持ち合わせていたことが、一般の人魚の予言と大きく異なり、妖怪というよりは神に近い存在だったともいわれている。《山形県の関連商品を調べてみました》


◇◇新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、まともな卒業式を迎えられず寂

しい思いをされた卒業生の方々に捧げる歌です〝卒業おめでとうございます〟◇◇

RADWIMPS 正解(18FES ver.)




【問い合わせ】おきたまプラス・あいづネット

〒999-0131 山形県東置賜郡川西町大字黒川300

HP管理   鈴木和広 TEL.090-9534-9227 mail:igune51@yahoo.co.jp